お気軽にお電話ください。

Simple Inc.
株式会社シンプル
〒776-0013
徳島県吉野川市鴨島町上下島493-9

Staff Blogスタッフブログ

平屋の魅力 その2


敷地の広さに関係なく、

多くの方が当たり前のように2階建ての家を建て、

当たり前のように2階にプライベートルームをつくりますが、

この考え方は、リビングダイニングを汚す

最も大きな原因となります。

 

というのも、わざわざ2階に

衣類や荷物を持ち運びするのが面倒くさいからです。

自分たちにとっても、子供たちにとっても、です。

 

また、小さな子供たちは、

お母さんの気配が常に感じられない場所で過ごしませんよね?

 

結果、衣類やいつも使うもモノやおもちゃの全てが、

リビングダイニングに集中し、

常に片付かない家になってしまうというわけです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

これが、家を建てた多くのご家庭が

直面している現実だと思いますが、

これを解決する一番の方法が、

『平屋』を建てることです。

 

平屋になれば、

必然的に子供部屋を1階につくることになるからです。

また、子供部屋だけじゃなく、

寝室も収納も全て1階につくることになるからです。

 

✔️子供部屋を子供のためだけの部屋として考えない

 

ぶっちゃけて言うと、

子供が自分の部屋をフル活用する時期は、

中学に入学してから高校を卒業するまでの間です。

(あるいは大学を卒業するまでの間)

 

それ以外の時期、

例えば、子供たちがまだ小さいうちは、

子供たちは親と一緒に寝るため、

夜、自分の部屋を一切使いません。

 

また、いずれ子供たちは家を出て行きます。

そして、そうなれば、

その部屋は空き部屋となるため、

別の用途として使えるようになります。

 

✔️子供部屋はユーティリティールーム!?

 

以上のことを踏まて考えると、

子供部屋は親御さんが泊まりに来た時の

寝室として使うことが出来るため、

そうなれば、来客のためにわざわざつくろうとする

和室をつくる必要がなくなります。

結果、無駄な出費を抑えることが出来るようになります。

 

また、子供たちが出て行った後は、

夫婦の寝室を分けて使えるようにもなるし、

収納代わりに使うことも出来るようになります。

 

なにより、子供部屋を1階につくるということは、

お母さんが居る近くに部屋をつくることでもあるので、

建てたすぐから、

子供たちが自分の部屋を使ってくれやすくなるし、

自分の部屋に自分の荷物を片付けてくれやすくなります。

(子供が片付けてくれない場合でも親が片付けやすくなります笑)

 

結果、リビングに溜まりがちな荷物を

子供部屋に置いておくことが出来るようになり、

リビングをキレイに維持しやすくなるというわけですね。

 

子供は散らかすことが仕事と言われているように、

片付けても片付けてもキリがないため、

いっそ子供部屋をリビング近くにつくって

散らかしっぱなしのセカンドリビングとして

使ってもいいわけですしね。

 

このように、平屋にすることで、

1階に子供部屋をつくることになれば、

そこは、子供部屋としてもフル活用出来るし、

子供たちの収納としてもフル活用出来ます。

また、客間や別の部屋としても活用出来るようになります。

 

これも平屋であるがゆえの魅力でもあり、

平屋が持つ大きなメリットだと思うので、

こういった点も考慮しながら

家づくりをご検討いただければと思います。

 

では、次回もまた、

違った視点から平屋の魅力について

お伝えしていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です