お気軽にお電話ください。

Simple Inc.
株式会社シンプル
〒776-0013
徳島県吉野川市鴨島町上下島493-9

Staff Blogスタッフブログ

西側接道のメリットとデメリット


前回、東側接道の土地について、

メリットとデメリットを踏まえながら

お伝えさせていただきましたが、

引き続き今回は、西側接道の道路について、

メリットとデメリットを踏まえながら、

お伝えしていきたいと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

まず、西側接道のメリットと考えられていることが、

続きを読む >

東側接道のメリットとデメリット


一般的に、南側接道の土地が一番良い

と言われていますが、

この南側接道にもデメリットは存在します。

 

また、逆に南接道以外の土地は、

デメリットの方ばかり強調されがちですが、

北、東、西、それぞれに、

その土地ならではのメリットも存在します。

 

つまり、どんな土地にも、

それぞれメリットもデメリットも存在するわけなので、

私たち住宅会社は、

その土地のメリットを活かすことはもちろん、

デメリットを打ち消す工夫をしなければいけません。

 

そうしなければ、

本当に住みやすい家にはならないからです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、東・西・南・北

それぞれの土地のメリットとデメリットについて

考えていきたいと思います。

 

✔️東側接道の土地について

 

東側接道の土地の場合、

まず『朝日が入りやすい』というメリットがある

と考えられていますが、

このメリットをそのまま取り入れるために、

東側に大きな窓をつくってしまった場合、

家の中が周りから丸見えになってしまいます・・・

 

そして、それを防ぐために、

カーテンをつけざるを得ないどころか、

そのカーテンを常時閉めておかないといけなくなってしまいます

 

結果、カーテンのせいで、

家の中が薄暗くなってしまうし、

結局、日中ずっと

照明をつけておかないといけなくなってしまいます・・・

 

また、台風の時には、

この大きな窓に強い風が直接的に当たるし、

なにかが飛んできた時のために、

シャッターを設置せざるを得なくなってしまい、

その分コストがかさむだけじゃなく、

家の景観を乱してしまうことになります。

 

次に、東側接道の土地は、

『居住スペースを全て南向きに出来る』

というメリットがあると考えられていますが、

これは、玄関を南に配置する必要がないからです。

 

しかし、ここで考えていただきたいことは、

“そもそも居住スペースを

全て南に配置する必要があるかどうか?”

ということです。

 

全ての部屋を南に配置した場合、

2階はまだしも、1階の南の窓から見える景色は、

南に建っている家の裏側となります。

 

つまり、給湯器やエアコンの室外機置き場、

また、ゴミ置き場となっているであろう

ゴチャゴチャした汚い景色を眺めて過ごすことになる

というわけです。

 

あるいは、それを避けるために、

南も常時カーテンを閉めておくようにするか、

余分なコストをかけ、

目隠しや植栽などを施すことによって汚い景色を防ぐ、

といった工夫をせざるを得なくというわけです。

 

いかがですか?

本来メリットと考えられているようなことでさえ、

周囲の環境のことを考慮した上で、

間取りを考えないと、

逆にデメリットになってしまうということが、

よくご理解いただけたのではないでしょうか?

 

また、東側接道の土地の場合、

『南側に建つ隣家が近いと日中室内に日差しが入りにくい

というデメリットがあると言われていますが、

隣家が近くに建っているにもかかわらず、

一番南にリビングを配置しようとすれば、

予想通りそのデメリットの餌食になってしまいます。

 

そして、そうなれば、

『冬に寒くなりやすく光熱費がかかる可能性がある』

というデメリットの影響も受けやすくなってしまいます。

 

それゆえ、この土地にに対する固定概念が

知らず知らずの間に生んでしまうデメリットを

解消しながら間取りを考えるようにしなければいけません。

 

✔️そもそも、全室南向きである必要はあるのか?

 

多くの方が、

居住スペースを出来るだけ多く南に配置しようとしますが、

果たしてその必要はあるのでしょうか?

 

例えば、寝室はどうでしょうか?

あなたは一体何時から何時まで

この部屋を使っているのでしょうか?

そして、寝ている時間以外、

この部屋で過ごすことはあるのでしょうか?

 

また、子供部屋に関しても、

南向きの部屋である必要があるのでしょうか?

子供部屋を子供部屋として使用する期間は

果たして一体どれくらいあるのでしょうか?

そして、子供たちが家を出て行った後は、

その部屋をどのように使うようになるのでしょうか?

 

これらの部屋は、

明るくあるべきではありますが、

そのために必ずしも南向きにする必要はない

とは思いませんか?

 

この2つの部屋について、

南向きにこだわらないようにすれば、

ずいぶんと間取りに自由度が出るし、

敷地をより有効に使うことが出来るようになります。

 

また、その結果、

先程のデメリットも全て解消しやすくなります。

 

ということで、

もしあなたが東側接道の土地の購入を

検討されていらっしゃるならば、

以上のことを参考にしながら、

間取りを考えてもらうようにしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 


続きを読む >

将来のために合理的に減らすべき2つの固定経費


家を建てても、

お金の不安なくずっと暮らし続けていただくためには、

家づくりをキッカケに

コツコツとお金を増やしていくようにすべきです。

 

そして、そうするにあたって、

最もオススメしていることが、

個人型確定拠出年金iDeCoなのですが、

出来るだけ夫婦そろって上限の23,000円ずつ、

計46,000円を毎月掛けていただくようにするためにも、

家づくりをするタイミングで

見直していただきたい固定費があります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

まず、見直していただきたい固定費が、

続きを読む >

銀行と貯金と老後資金と


少子高齢化がもたらす

私たちの年金問題の一番の解決策は、

『出来るだけ長く働き続けること』ですが、

たとえそうしたいと思っていても、

みんながみんな、そう出来るわけではないかもしれません。

ずっと健康であるかどうかは分からないから、です。

 

それゆえ、そのリスクを軽減するためにも、

若いうちからコツコツと

お金を貯めていくことをオススメしています。

 

そして、家づくりをする時は、

将来に向けたライフプランを考えるいいキッカケとなるので、

今回はこのことについて、

個人的な考え方をお伝えしていこうと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

貯金という言葉を聞いて、

一番最初に連想する場所は、

続きを読む >

収納づくりもコストを左右する大きな要因


前回お伝えさせていただいたように、

家は出来るだけミニマムにつくるようにすべきです。

 

その最も大きな理由は、

もちろん『コスト』なのですが、

今回お伝えさせていただく『収納』もまた

いたずらにコストを押し上げてしまう大きな要因となります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

“家を建てるなら、収納はたくさんつくりたい・・”

家を建てる誰もが、間違いなく

このようにお考えになるでしょう。

 

今暮らしているアパートの収納では、

全てがおさまりきらず、

部屋に溢れてしまっているでしょうしね・・・

 

続きを読む >

予算オーバーに陥る根本的な要因


多くの方が、自分が建てるお家の基準を

坪数で判断してしまいますが、

その基準に沿って家づくりをしようとすると、

家の予算オーバーを招きやすくなります。

 

その理由は、単純に、

家は面積が大きくなればなるほど、

それに連動してコストも高くなってしまうからです。

 

また、無駄に家の面積を大きくしてしまうと、

家そのもののコストが高くなってしまうだけじゃなく、

その他の全てのコストも高くなってしまいやすくなります。

 

光熱費・・家の固定資産税・・

メンテナンス費(塗り替え)・・改装費(将来)・・

土地の広さ=土地価格・・土地の固定資産税・・

外構工事費・・といった諸々のコストがです。

 

それゆえ、出来るだけミニマムなお家を建てることが、

建てた後もずっと、

安心して暮らしていくためには最良の方法と言えます。

 

もちろん、合理的に無駄を削ることで、

使いやすさや住みやすさを

失わないようにすることが大前提です。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、平屋を建てると仮定して

これについて考えていってみましょう。

 

平屋のお家を建てる場合、

タタミ1枚分あたりにつき、

続きを読む >

家の予算の基本的な考え方


家づくりの予算は、

自己資金が多いか少ないかによって、

大きな差が生まれます。

 

例えば、家づくりの総予算が3500万円として、

自己資金が1000万円あれば、

借入は2500万円で済むため、

これを35年返済で試算してみると、

毎月の返済は約70,000円となるのですが、

自己資金が100万円としたら、

3400万円を借入せざるを得なくなり、

毎月の返済は約100,000円となってしまいます。

 

それゆえ、自己資金100万円のあなたが、

無理なく支払っていくことが出来る金額が、

毎月70,000円だとしたら、

あなたは900万円予算を圧縮する必要があります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

しかし、900万円もの予算を、

家だけで圧縮しようとしても100%不可能です。

続きを読む >

予算オーバーの原因 第2位


前回お伝えさせていただいたように、

事前に資金計画をしていないまま土地を探してしまうと、

ほぼ確実に予算オーバーしてしまうことになり、

結果、最良の住宅ローン選びが出来なくなってしまいますが、

これは土地に限らず家にも同じことが言えます。

 

また、事前に資金計画をしていないまま

家づくりを進めてしまうと、

純粋な土地代金や建物代金以外にかかる費用を

具体的に把握出来ていないため、

これが予算オーバーの原因となり

土地や建物の予算オーバー同様に、

仕方なく住宅ローンで帳尻を合わさざるを

得なくなってしまいます。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、土地を購入する時には、

土地代金だけが必要なのではなく、

続きを読む >

一番多い家づくりの失敗談


最良の住宅ローンを選ぶことが出来ない一番の理由は、

“住宅ローンの情報に乏しい”ことなのですが、

家づくりの進め方を間違えてしまうこともまた、

選ぶべきではない住宅ローンを選んでしまう

大きな要因となります。

 

それゆえ、家づくりをすると決めたら、

まずは正しい進め方を知ることから

始めるようにしなければいけません。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

家づくりは、まず資金計画からはじめ、

予算決めをしっかりと行った上で進めるべきです。

家だって他のモノと同じように、

続きを読む >

金利の低さだけで選んではいけない?


住宅ローンを選ぶ時は、

出来るだけ金利が低い銀行や商品にすることを

心がけるべきなのですが、

とはいえ、金利の低さだけに着目してしまうと、

本来選ぶべきじゃない商品を選んでしまうかもしれません。

 

それゆえ、まずは、

住宅ローンに対する基本知識を身につけていただき、

商品の特徴を、ある程度ご理解いただくことが大切となります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

住宅ローンには、

景気の良し悪しに連動して金利が変化する『変動型』と、

景気の良し悪しに関係なくずっと金利が変わらない『固定型』の、

2つの商品があります。

そして、ほぼ全ての銀行がこの両方を取り扱いしています。

 

『変動型』の特徴としては、

メリット面では、

『固定型』に比べて金利が低めに設定されていることと、

『固定型』に比べて最初にかかる手数料が少ないこと。

 

デメリット面では、金利が変動するため、

返済金額がずっと一定ではないことと、

その際、急激に負担が増加するリスクがあるということ、です。

 

一方で、『固定型』の特徴としては、

メリット面では、

返済期間中ずっと金利が変わらないため

返済金額がずっと一定となり、

ライフプランが立てやすく安心感があること。

 

デメリット面では、

『変動型』に比べて金利が高めに設定されていることと、

『変動型』に比べて最初にかかる手数料が多く、

結果、その分家に掛けられる予算が減ってしまうこと、です。

 

そして、それぞれのメリットとデメリットを

ご理解いただいた上で、

自分に合った商品を選ぶようにしなければいけないのですが、

多くの方が、あまり商品について理解していない状態で、

住宅ローンを決めてしまっているのではないでしょうか?

 

✔️金利の低さのみにフォーカスしてしまうと・・・

 

また、単純に金利の低さにこだわって

住宅ローンを決めてしまうと、

本来は『固定型』を選ぶべきであるのに、

間違って『変動型』を選んでしまうことになります。

 

固定型と変動型では、

金利差が0.3%〜0.6%ぐらいあるため、

これを毎月の返済額に試算してみると、

けっこう返済金額が変わりますからね。

(3000万円を35年返済で借りると仮定して、

金利が0.9%と1.4%では毎月7,098円違ってきます)

 

しかし、このような選び方をしてしまうと、

後々、家計を苦しめることになるかもしれません。

 

仮に、10年後金利が大幅に上がってしまったとしたら・・

そして、返済負担が20,000円も上がってしまったとしたら・・

でも、給料は上がるどころか天引きが増え、

逆に減ってしまっていたとしたら・・

さらに、子供たちの成長に伴い、

さまざまな出費が増えてしまっていたとしたら・・

そう考えると、ゾッとしませんか?

 

とはいえ、そんな場合でも、

銀行としっかりと交渉をすることで、

金利上昇を最小限に抑えたり、

別の銀行で借り換えをすることで、

返済負担を上げないようにするなど、

リスクを軽減する工夫はあるわけなんですけどね。

 

『変動型』だからリスクがあるわけではないのですが、

しかし、変動型は金利変動に伴う

返済負担アップのリスクがあるため、

選ぶ際には、そのこともご理解いただいた上で

選ぶようにすべきです。

 

ということで、

住宅ローン選びをする時に大切なのは、

金利の低さなのですが、

そこだけに着目して選んでしまい、

結果的に後々大変なことにならないように

気を付けていただければと思います。

 

それでは、、、