みんなと同じが必ずしも正しいとは限らない

土地探しは、

自分自身が土地にかけられる予算を把握した上で

行うようにすべきです。

 

というのも、

正確な予算を知らないまま土地探しをしてしまうと、

土地に予算を使い過ぎてしまうからです。

しかも、かなり高い確率で。

 

そして、肝心の家の予算を減らさざるを得なくなったり、

あるいは、借入額を増やす結果となり、

後々の生活を圧迫してしまうことになります。

また、将来のための貯蓄の原資を削ってしまうことになります。

 

それゆえ、まずは資金計画を行い、

現実的な自らの土地の予算を知ることから

始めるようにしなければいけません。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

資金計画では、

まずは全体予算をいくらにするのか?から決定し、

次に、土地や家や庭などに、

それぞれ一体どれくらいの予算を割り当てるべきなのか?

を決定していくのですが、

たいていの場合、住もうと思っているエリアの土地相場と、

実際あなたが土地にかけられる予算は一致しません。

 

あなたが住みたいと思っているエリアの

土地の相場価格は1000万円なのに対し、

資金計画の結果、

あなたが実際に土地に使える予算は700万円だった、

という感じですね。

 

このように、予算面を重視して家づくりをしていくと、

たいていの場合、土地や家にかけられる予算は、

あなたが思っているよりも少ないという現実が見えてくるのですが、

弊社では、この数字をベースに、

家づくりをすることをオススメしているため、

まずは、その土地予算の範囲内で土地選びをしていただきます。

(こうしないと資金計画をした意味がないですからね)

 

✔️みんなと同じである必要はない

 

土地の予算が少なくなれば、

必然的に選べる土地の範囲が絞られてくるわけですが、

この時、理解しておいていただきたいことが、

みんなが良いと思っている土地を

同じように探す必要はないということです。

 

みんなが良いと思っている土地が、

必ずしも良い土地であるとは限らないからです。

 

代表的な例で言えば、

日当たりが良さそうな南道路の土地ですが、

この土地は、最も価格設定が高い上、

家代や庭代までも、最も高くなってしまいがちです。

 

外からの丸見えや強風や強い日差しを遮るために、

カーテン、シャッター、目隠し、植栽といった

余分な工事費用が満載となるからです。

 

その上、みんながこぞってこの土地を買おうとするため、

価格設定が高くなってしまうだけじゃなく、

価格交渉をする余地すらありません。

 

それゆえ、予算を重視したいとお考えであれば、

みんなが良いと思っている土地を、

あなたも同じように選ぼうとする必要はないんですよね。

 

この他、土地の形にもそれほどこだわる必要もありませんし、

無駄に広い土地を買う必要もありません。

自由設計とは、土地に合わせて設計するものだし、

そうすれば、家の住みやすさや使いやすさは、

土地の条件に一切左右されなくなるからです。

 

あなたが建てようとしているお家は、

ハウスメーカーや建売住宅のような

間取りが一定で決まっている企画型の住宅ではなく、

その土地土地に合わせて建てる注文住宅です。

 

まずは、それをご理解いただき、

土地探しをしていただくことが大切なんですよね。

 

✔️予算の中で土地がなかった場合

 

とはいえ、エリアによっては、

予算を絞ると選べる土地が

皆無に近い状態になることがあるのですが、

この場合、エリアを変更することが出来ないとしたら、

土地の予算をアップさせざるを得ません。

 

そして、そのアップした分を

どこかで補うようにするしかありません。

家の予算をアップした分圧縮したり、

親御さんに援助をお願いするようにしたり、

住宅ローン借入を増やしたり、

あるいは、それらの全てに

バランス良く振り分けたりすることによってです。

 

しかし、この場合でも、

引き続き現実をしっかり見据えて、

可能な限りローンにその負担が来ないように考えるべきです。

 

家づくりをする時は、

どうしても舞い上がって気持ちが大きくなってしまうし、

ローン返済も毎月に換算すると、

大した負担じゃないように感じてしまうため、

あっさりと予算をアップさせてしまいがちになります。

 

しかし、無理をしてしまえば、

それは後々あなたに後悔をもたらす可能性を

高くしてしまう要因となります。

また、金銭的な理由で、

夫婦の仲が悪くなってしまうことだって充分考えられます。

 

ですから、最初に必ず資金計画をすること、

そして、その資金計画からはみ出ないように家づくりをすること、

この2つを心がけながら家づくりをしていただければと思います。

 

それが建てた後も、金銭的な不安を感じることなく、

気持ち的にもゆとりのある暮らしをし続けていく秘訣ですから。

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。