平屋の良いところと悪いところ その2

前回お伝えさせていただいた平屋の懸念点を、

ほぼ完全に払拭出来るとしたら、

そして、家を建てようとお考えの土地が、

平屋を建てることが出来る土地だとしたら、

誰もが『平屋』を選択すべきではないでしょうか?

 

というのも、

『平屋』には数多くのメリットが存在するからです。

そして、それらのメリットは、

あなたの暮らしをより豊かなものにしてくれるからです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

まず、平屋にすることのメリットは、

家が強くなるということではないでしょうか?

 

地震の時はもちろんのこと、

日常的に受ける風や台風時の強風による揺れ、

そして重量車両の通行よる振動などの影響を

2階建てに比べて遥かに受けにくいからです。

 

また、平屋には2階がないため、

上からかかる荷重も少なく、

これもより構造が安定する大きな要因となります。

 

2階建て住宅は、

2階に仕切りが多くなり重くなりやすい上に、

ベランダが南にせり出すことで、

余計バランスが悪くなりがちですからね。

 

家事が楽であることも、

平屋であるがゆえの大きなメリットではないでしょうか?

 

例えば、洗濯の一連の作業に着目してみると、

2階建ての場合は、

階段をアップダウンすることが当たり前となりますが、

平屋の場合は、アパート同様に

ワンフロアで全ての作業を行うことが出来ます。

 

また、取り込んだ洗濯物を

置いておくスペースも確保しやすいし、

片付ける作業もずいぶんと楽になるのではないでしょうか?

いつも過ごす場所と同じフロアに

全ての収納があるわけですからね。

 

片付けに関しても、

子ども部屋が、2階にあるのと1階にあるのとでは、

圧倒的な違いを生じさせるのも、

家を建てる全ての方が知っておくべき事実です。

 

わざわざ階段を上がって

片付けに行かなければいけないか?と、

同じフロアでかつすぐ近くに片付けられるか?とでは、

子供だけに限らず私たちでさえも、

面倒臭さに圧倒的な違いがありますからね。

 

結果、リビングダイニングのスッキリ具合に、

大きな差が生じることになります。

 

掃除だって、平屋にした方が楽そうだと思いませんか?

まず、平屋には階段がないわけですし、

バリアフリーが当たり前の現在の家では、

ルンバが勝手に全体を掃除してくれるし、

さらに、先程お伝えしたように、

平屋は片付けもしやすい家になりやすいため、

そうなれば、なおのこと掃除の手間を減らすことが出来ますからね。

 

家族の成長に合わせて住み替えやすいというのも、

平屋ならではのメリットではないでしょうか?

 

例えば、子どもたちが小さいうちは、

子ども部屋は客間も兼ねて使うことも出来るし、

子どもが思春期に入ると、

自分の部屋として使えるようになります。

 

そして、子どもたちが巣立った後は、

大容量の収納として使ってもいいし、

あなたの部屋として使うことも出来ますよね。

 

要は、建てたすぐはもちろんのこと、

いつまでも全ての部屋を無駄なく使うことが出来る

いわば無駄がない家にしやすい

ということでもあるんですよね。

 

さらに、

家づくりの無駄な出費を抑えられる

というのも平屋ならではの大きなメリットです。

 

1階に部屋が足りないことを理由として、

老後に増築する必要がなくなるからです。

洗濯干場だって、最初からずっと1階だから、

新たな設置費用だっていらないわけですしね。

 

いかがですか?

暮らしという面で考えてみると、

安心や安全面でも平屋は非常に優れているし、

使いやすさに関しても非常に優れています。

 

また、経済的な側面で考えてみても、

やがて迎える老後の無駄な出費を減らすことが出来るのも、

平屋が持つ隠れた大きなメリットです。

 

ですから、もちろん敷地にもよりますが、

2階建てありきで家を考えるのではなく、

平屋を基本として、家づくりを考えていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。