庭の工事費用を増やしてしまう3つの要因

家づくりの資金計画を最も狂わせやすいのは、

外構工事(庭づくり)と言っても過言ではありません。

 

というのも、最初の資金計画の段階では、

家の予算を圧迫しないようにするために、

少なめに予算を設定するものの、

いざ打ち合わせ段階になると、

完成しつつある家と敷地の状況を見ながら打ち合わせするため、

あれやこれやとたくさんの要望が生まれてくるからです。

 

それゆえ、せっかく立てた資金計画を

狂わさないようにするためにも、

外構工事費用が膨らまないように、

家づくりを計画していかなければいけません。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

まず、外構工事の予算を

膨らまさないようにするためには、

敷地に無駄に多くの余白をつくらないようにすべきです。

 

そして、そのためには、

2階建てありきで家づくりをするのではなく、

平屋を基本として家づくりをするようにしたり、

敷地をいっぱいに有効利用して家づくりをすべきです。

 

例えば、あなたが家を建てる土地が50坪として、

そこには1階だけで30坪まで建てていいとしたら、

そして、あなたが建てようと思っている家が、

その面積より小さくて済むのであれば、

2階建てという選択肢だけじゃなく、

平屋という選択肢も考えてみてもいいということですね。

(もちろん駐車場の兼ね合いもありますが)

 

28坪の総2階建ての家を建てるのと、

28坪の平屋の家を建てるのでは、

敷地の残り面積は14坪も違ってくるわけですからね。

 

つまり、敷地を有効利用し1階に比重を置けば、

単純に、その分外構工事費用が安くなるというわけですね。

 

また、敷地に無駄な余白をつくらないようにするためには、

無駄に広い土地を買わないことも非常に大切なことです。

 

土地が広くなれば、

必然的に境界の距離も長くなってしまい、

結果、その工事費用もかさむことになるし、

敷地に出来る余白もよりいっそう増えてしまい、

工事面積がその分増えてしまうからです。

 

また、土地の面積を広げることは、

土地取得費と外構工事費用を高くしてしまうだけじゃなく、

後々ずっと払い続けることになる

固定資産税をも高くしてしまうことになります。

 

つまり、イニシャルコストを高めるとともも、

ランニングコストをも高めてしまうというわけですね。

庭が広い分、草抜きや庭の手入れにも、

余分な手間がかかってしまいますしね。

 

しかし、外構工事費用を膨らまさないために、

なにより大切なことは、

庭に余分な工事をしなくていいような家を建てることです。

 

例えば、明るさを確保するために、

周囲に向かって大きな窓をつくることが

今の家づくりでは当たり前となっていますが、

このお家は実際はそれほど明るくない場合がほとんどです。

 

外から丸見えになってしまうため、

カーテンを閉め切ってしまうからです。

また、厳しい日差しを避けるため、

常時シャッターを閉め切ってしまうからです。

 

では、カーテンやシャッターを閉め切らずに暮らそうと思えば、

明るくて開放的な家で暮らそうと思えば、

一体どうすればいいのでしょうか?

 

この場合、大きな窓の向こうには、

それなりの目隠しをする必要がありますよね?

植栽や塀などに費用を掛けて、です。

そして、これらの工事費用に、

思っている以上に多額に工事費用が必要となり、

結果、予算が大きく狂ってしまう、というわけです。

 

庭に余分な工事をしなくていいようにするためには、

明るさと同時にプライバシーも確保出来る

お家を建てる必要があります。

 

プライバシーが確保されたお家は、

カーテンにかかるコストも大幅にカット出来ます。

大きな窓を周囲から丸見えにならないようにつくるからです。

 

プライバシーが確保されたお家は、

周囲に向かって作る窓は、

主に風を採り込むことを目的としているため、

小さめの窓が中心となっており、

結果的に周囲からの視線を気にする必要がなくなるし、

かつ、周囲から間取りが全く分かりません。

 

プライバシーが確保されたお家は、

家の外観が美しくなります。

周囲に向かって作る窓が少なくなるからです。

 

結果、家の外観を惹き立てるための装飾をする必要が一切なくなり、

必要最小限の外構工事だけすれば済みます。

また、家の外壁が、

境界につくる壁と同じ役割を果たしてくれることになるため、

境界工事にかかる費用をも抑えることが出来ます。

 

いかがですか?

以上の3つのルールを守れば、

外構工事の予算を最小限に抑えることが出来るようになるし、

資金計画で設定した予算を

大幅に狂わせるようなこともなくなります。

 

ということで、

大切なお金を無駄に多く使わないようにするためにも、

以上のことを覚えておいてくださいね。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。