住宅ローン選びでミスをする一番の理由

35年後まで仕事が決まっているわけじゃないのに、

35年後まで支払いが確定してしまうのが家づくりである、

ということをしっかりとご理解いただいた上で、

家づくりの予算設定や住宅ローン選びは行うべきです。

 

35年もの長い間においては、

何が起こるか完全には予測出来ないわけですからね。

 

しかし、多くの方が、

自分自身の予算について甘く見積もってしまったり、

住宅ローンについてよく知らないまま、

家づくりを進めてしまいます。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

確かに、お金の話は、

家や土地の話のように

誰かに容易に聞きけるものではないかもしれないですし、

聞きにくいことかもしれません。

 

また、お金の話は、

家や土地に比べて興味を持ちにくいことかもしれないですし、

難しそうなイメージがあり、

出来れば避けて通りたいことなのかもしれません。

 

しかし、予算計画を甘く見積もってしまったり、

また、住宅ローンを安易に選んでしまうと、

これからの生活に悪影響を及ぼしかねないので、

最低限の知識を付けていただくことをオススメしています。

 

✔️住宅ローン選びで一番大切なコト

 

当たり前のことですが、住宅ローンを選ぶ時、

一番ポイントとなることが『金利の安さ』です。

 

住宅ローンは、

“複利”という期間が長くなればなるほど

利息が雪だるま式に膨らんでいってしまう

という特徴をもっているため、

出来るだけ低い金利を選択することが基本中の基本ですからね。

 

しかし、多くの方が、

その基本をまるで度外視したかのように

住宅ローン選びをしてしまっています。

 

例えば、Aという銀行では、

最初の10年間の金利が0.5%で、

11年目以降の金利が0.85%だと仮定します。

そして、Bという銀行では、

最初から最後までずっと金利が1.0%だと仮定します。

 

この場合、金利以外の条件が同じだとしたら、

あなたなら一体どちらの銀行を選ばれるでしょうか?

 

もちろん、間違いなく全員がAを選ばれると思いますが、

現実は、多くの方がBを選ばれているんですよね・・・

では、その理由が一体なんでしょうか?

 

その理由はごく簡単で、

そのような住宅ローンがあることを知らないだけ、です。

知っていれば、

わざわざ損することが決まっている商品を買う人なんて

絶対に居ないでしょうからね(笑)

 

もちろん、たとえ知っていても、

別の理由があって、

その銀行で住宅ローンを借りることが難しいこともあります。

 

しかし、多くの方が、

知識不足であるがゆえに、

わざわざ無駄に多くの利息を

支払わざるを得なくなってしまっている・・

というのが、残酷ではあるものの現実です。

 

ということで、

これから家づくりをするあなたは、

知らないことで大切なお金を、

何百万円も無駄にしないためにも、

住宅ローン選びにも細心の注意を払っていただければと思います。

 

とはいえ、ただ単に金利だけを見て、

住宅ローン選びをしてしまうと、

それはそれで後々大変なことになってしまいかねないので、

次回は、住宅ローンについて

もう少し詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。