将来のために合理的に減らすべき2つの固定経費

家を建てても、

お金の不安なくずっと暮らし続けていただくためには、

家づくりをキッカケに

コツコツとお金を増やしていくようにすべきです。

 

そして、そうするにあたって、

最もオススメしていることが、

個人型確定拠出年金iDeCoなのですが、

出来るだけ夫婦そろって上限の23,000円ずつ、

計46,000円を毎月掛けていただくようにするためにも、

家づくりをするタイミングで

見直していただきたい固定費があります。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

まず、見直していただきたい固定費が、

『生命保険料』です。

というのも、家を建てる時には、

必ず“団体信用生命保険”という

掛け捨ての生命保険に加入することになるからです。

 

つまり、もしものことがあった場合は、

住宅ローンはこの保険によって

全額返済されることになるというわけですね。

 

となると、もしものため時に、

必要以上に備える必要がなくなります。

 

もしもの場合、ご主人の収入は丸ごとなくなりますが、

最も負担となる住宅ローンの返済はなくなるし、

ご主人に掛かっていた費用が全ていらなくなるからです。

車の維持費や生活費や小遣いなど全てが、です。

 

また、条件さえ満たしていれば、

遺族年金が国から支給されることになるし、

これに加えて、あなたがずっと働き続けていれば、

継続して安定した収入があるため、

今後の暮らしで困ることはまずなくなる

と言っても過言ではありません。

 

子供たちが大学に行くにあたって、

大きなお金が必要になるとしたら、

その家を売却して実家で暮らせば、

その資金だって充分捻出出来るわけですしね。

 

そして、もう1つ見直していただきたい固定費が、

『家づくりにかける費用』です。

 

例えば、もしiDeCoに掛けるお金が、

毎月23,000円足りなかったとして、

保険を10,000円減らすことが出来たとしたら、

家づくりの毎月の返済額を13,000円圧縮出来ないか?

ということを考えていただきたいということです。

 

もし、毎月の返済額を13,000円圧縮するならば、

35年返済で考えるとしたら、

450万円ほど家づくりに掛ける予算を

圧縮していただく必要があります。

 

✔️家づくりの予算の圧縮方法

 

この場合、家だけで予算を縮めようとするのではなく、

土地や外構工事といった費用にも目を向けることで、

バランス良く予算を縮めていくようにします。

 

土地で200万円予算圧縮、

家で200万円予算圧縮、

外構工事で50万円予算圧縮、という風にです。

 

そして、この予算圧縮を実現するためには、

土地に関しても、また家に関しても、

合理的な考え方を持っていただく必要があります。

 

土地に関して言えば、

なぜ、日当たりが良さそうな土地が

必ずしも良い土地ではないのか?

ということを理解していただいたり、

予算圧縮のためには、

家に合ったちょうど良い土地を買うべきなのですが、

その広さがどれくらいなのか理解した上で土地探しをする

といった感じですね。

 

家に関して言えば、

部屋、広さ、場所、部材、全てにおいて

必要なモノと不必要なモノが何かを知ること、

そして今だけじゃなく先のことまでよく考えた上で、

合理的に間取りをつくることの大切さだったり、

といった感じですね。

 

このようなことをご理解いただいた上で、

土地探しを行い、家の設計を行えば、

なにかに妥協することなく、

450万円もの予算を圧縮することが出来ます。

あるいは、それ以上の予算圧縮も可能となります。

 

ということで、

以上の2つの固定費について、

当たり前や固定概念から一度脱出していただき、

その分固定費を削減することで、

コツコツと合理的にお金を増やしていっていただき、

家を建てつつも、お金に不安のない状態で、

一生暮らし続けていっていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。