心の会計をコントロールすることが大切

家を買う時、多くの方が陥ってしまうのが、

“金銭感覚が麻痺してしまう”という現象です。

 

例えば、5万円という価格の買い物は、

日常生活においては、

安易に決断することが出来ない大きな買い物ですが、

なぜか家づくりをしている時には、

食後に頼むドリンクよりもあっさり決断してしまいます。

 

まっ、2000万円という買い物においては、

5万円はわずか0.25%という割合なのに対し、

800円のランチに200円のコーヒーをつけるとなると、

その割合が25%にもなってしまうんで、

割合的に考えると、

決して不思議なことじゃないんですけどね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

とはいえ、この相対思考は、

家にかかる費用だけじゃなく、

家に付随して掛かる費用についても

気持ちが寛大になってしまいやすくなるので、

家づくりをする時には、

しっかりと財布のヒモをしめるように

常時心掛けるようにすべきです。

[expander_maker id=”2″ more=”Read more” less=”Read less”]

✔️大切な資金計画

 

そして、その財布のヒモをしっかりとしめるためにも、

家づくりはまずは資金計画から始めるべきなのですが、

間違えてはいけないのが資金計画のやり方です。

 

資金計画では、

最初にあなたの予算から設定するようにします。

家づくり全体に費やすことが出来る

総予算を把握しないことには、

土地や家や外構に一体どれだけの予算を

掛けるべきなのかが具体的に分からないからです。

 

もし、この順番を間違えてしまい、

具体的な資金計画が出来ていないまま

先に土地を買ってしまったり、

先に家の図面を描いてしまったりしたら、

予算オーバーを招く大きな原因となります。

また、そのしわ寄せが、

今後ずっとあなたの負担になり続けます。

 

そして、資金計画でもう1つ大切なことが、

“毎月の返済金額”です。

これも絶対に無理をしないようにすべきなのですが、

多くの方が現実的じゃない返済額で、

家づくりの予算を設定しがちです。

 

もちろん、その理由の大部分が、

住宅会社から、無理をしない返済額では、

家づくりをすることが出来ないと言われてしまうから、

だと思いますが、それを鵜呑みにしてしまい

安易に予算を上げないことが大切です。

 

家を持つと、固定資産税という税金が一生掛かるし、

火災保険にもずっと加入していかないといけないし、

自分自身で家のメンテナンスをしていかないといけないし、

光熱費も高くなってしまう可能性だってあるため、

アパート暮らしの現在よりも、

確実に負担が増えることになるからです。

 

それゆえ、無理のない予算で家づくりをするための、

土地や家や外構に対する現実的で合理的な考え方が、

家づくりに失敗しないためには、

絶対に欠かせない要素である、というわけですね。

 

✔️家づくりの打ち合わせをしている時の注意点

 

これが冒頭で申し上げた点です。

日常では高いと感じる金額でも、

間違いなく家づくりでは高いと感じにくくなってしまいます。

 

結果、これぐらいなら・・

と、どんどん追加をしてしまいやすくなるのですが、

これも積み重なれば、

ずいぶんと大きな金額になってしまいます。

そして、それらが今後のあなたの負担になりかねません。

 

また、家づくりをする時には、

色んな会社の家を見に行ったり、

インターネットやSNSで色々と検索をすると思いますが、

これも予算を上げてしまう原因となります。

 

世の中に溢れている情報は、

基本プラスの要素ばかりですからね・・

夢が膨らみ、どんどん要望ばかりが増え、

家の理想が高くなってしまうということですね。

 

ですから、家づくりを進めていく上では、

マイナスとなる要素についても、

同時に考えられるようにしておくべきです。

 

どうしても叶えたいことが、

50万円高くなることだったとしたら、

優先順位が低いもので50万円削るようにする、

という風にです。

 

このように合理的に

予算のバランスが取れるようになれば、

家の予算が大きく狂ってしまうという

悲惨な事態を避けることが出来るようになるし、

最初に立てた資金計画どおりに

家づくりを完結しやすくなります。

 

ということで、金銭感覚が狂ってしまいやすい

家づくりで無理な負担をつくってしまわないためにも、

以上の点に注意しながら、

家づくりを進めていっていただければと思います。

 

それでは、、、

[/expander_maker]

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。