「スタンダード」はベストとなるのか?

例えば、あなたが買う土地が、

50坪だとしたら、

どのような家を建てるのでしょうか?

 

また、その土地の間口が9mで、

奥行きが18mだとしたら、

どのような間取りになるのでしょうか?

 

さらに、その土地が南側接道だとしたら、

どのような暮らしをイメージしながら、

間取りや外観を決めていくでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。


このような条件を持つ土地の場合、

一般的には2階建ての家が建ちます。

1階にはリビングダイニングキッチンと

水回りとタタミコーナーがあり、

2階には、寝室と子供部屋と納戸があるお家です。

 

そして、水回りを北に配置しつつ、

居室を可能な限り南に配置し、

2階には大きなベランダを設置し、

1階にはウッドデッキを設置します。

 

もちろん、南につくった居室には、

大きな窓をつくり、

南からの光をたっぷりと採りこみつつ、

ベランダやウッドデッキに

出られるようにするでしょう。

 

いかがでしょう?

果たして、開放的で日当たりがいい

南側接道の土地の良さを

ふんだんに生かした

住まいの出来上がりです!

ということに、なるのでしょうか?

 

果たして、想像通りの

明るくて開放的で、

居心地が住まいの出来上がりです!

ということになるでしょうか?

 

ならないですよね・・・

だって、外から丸見えに

なってしまいますもんね。

 

では、丸見えを隠す作業をしていきましょう。

まずは、外から見える大きな窓には、

全てカーテンをつけていきます。

 

でも、レースだけでは心もとないので、

遮光カーテンもにつけないといけませんね。

厳しい直射日光も

ガンガン入ってくるわけですしね。

 

結果、家の中が薄暗くなってしまい、

想像していた家と180度違う

家が出来上がってしまいます。

さらに余分なコストまで

かけたにもかかわらず、です。

 

ウッドデッキも丸見えでは

使いづらいですよね。

ですから、植栽や目隠しを

せざるを得なくなります。

 

あるいは、丸見えのまま放置し、

ずっと使わないまま飾りとして

放置するかの選択を

余儀なくされるというわけです。

 

ベランダで洗濯物を干すと

とってもよく乾きそうですよね。

でも、洗濯物も丸見えになってしまうため、

家の景観はそれだけで

台無しになってしまうと思いませんか?

 

また、干しに行くためにわざわざ上に上がり、

たたむために再び下に降りてきて、

最後は片付けるために、

また上に上がらなければいけないとしたら、

これって良い家事動線だと思いますか?

 

ですよね・・・

超非効率ですよね。

 

まだ、ありますよ!

このお家はとっても

片付けや掃除がしにくい家になってしまうんです。

 

その一番の理由は、

子供部屋がうまく活用出来ないからです。

親のそばに居たいのが子供だし、

ただでさえ片付けもしないのに、

さらにそれを上に持ってけって言っても、

持っていくわけないのが子供ですからね(笑)

 

で、リビングに何もかもが集まり、

常に散乱してしまうというわけです。

 

言われていると確かにと思う、

簡単な話だと思いませんか?

 

これらを要約すると、

明るくもなければ、開放的でもない、

そして、家事動線もよくなければ、

片付けや掃除もしにくい家を、

より高いコストをかけながら建てているのが、

一般的なお家というわけですね。

 

では、次回は、

この土地に建つ一般的じゃない家を

ご紹介させていただこうと思います。

 

こういったお家を常識だとするならば、

めっちゃ非常識だらけの家なので、

ぜひ楽しみにしていてくださいねっ!

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。