家の基本的な考え方

もちろん、土地の広さだったり、

土地の形だったり、土地の環境によっては、

たとえ平屋が建てられる土地でも、

2階建てにせざるを得ない場合もありますが、

それらの条件をかんがみて

問題なく平屋が建てられるとしたら、

ぞの選択肢を取るべきです。

 

耐震性、耐久性、将来性、住みやすさ、

コスト、これら全てにおいて、

2階建てよりも優れているからです。

 

それゆえ、前回ご紹介させていただいた

南側接道の間口9m×奥行き18mの

50坪の土地でも、

まずは、平屋に出来ないかを

考えるべきなんですよね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

この土地の一番の特徴は、

南側接道であるがゆえに、

光を阻害されるものがないということです。

 

しかし、そうだからと言って

南にリビングを配置し、

そこに大きな窓をつくったとしても、

そこは外から丸見えになってしまうため、

カーテンでその光を遮断することになります。

 

結果、安定した光が入ってこなくなり、

どうしても家の奥の方が

薄暗くなってしまいます。

キッチンや洗面所といった

北に配置されやすい場所です。

 

ましてや、平屋を建てるとなると、

さらに建物が南北に細長くなるため、

奥どころか中間付近にも光が届きにくくなり、

余計にどんよりした家に

なってしまうかもしれません。

 

それゆえ、

そういったネガティブな要因を加味して、

家の中を明るくするために2階建てにし、

かつ個室を2階に全て配置することで、

出来るだけ南の光を採り込もうとします。

 

また、50坪の土地で平屋を建てるには、

家の面積を小さく抑える

工夫をしなければいけません。

もちろん、住みやすさも開放感も

一切失うことなくです。

 

ですが、これも明るさの確保と同じぐらい

難しいことなので、多くの住宅会社が、

住みやすさ、使いやすさ、明るさなどを

無視したにもに等しいような

ありきたりの2階建てを

提案せざるを得ないというわけです。

 

✔︎鍵は、1つ1つをよく考えること


「全ての居室を南向きにすべきである」

という思い込みを多くの方がお持ちですが、

果たして、本当にそうすべきなのでしょうか?

 

もちろん、玄関、お風呂、トイレ、

収納といった場所には、

直射日光は必要ないかもしれませんが、

では、寝室には直射日光が必要なのでしょうか?

 

あなたは、一体何時に寝に行くのでしょうか?

そして、一体何時に起きるのでしょうか?

また、寝る時間以外で

寝室で過ごすことはあるのでしょうか?

 

子供部屋に関しても、

南向きの部屋にする必要はあるのでしょうか?

子供たちは日中ずっと

部屋で過ごすのでしょうか?

ガンガン直射日光が射し込んでくる部屋で、

勉強に集中出来るのでしょうか?

子供たちが家を出て行った後、

もし収納として使うとしたらどうでしょうか?

 

もちろん、これらの部屋は明るくあるべきなので、

光はたっぷりと射し込むようにすべき場所ですが、

玄関や水回り同様に、

南向きにこだわる必要はないと思いませんか?

 

そして、そう考えると、

南からの日光を採り込みたい場所は、

リビングダイニングキッチンと

洗濯干場ぐらいではないでしょうか?

 

また、これらの場所は、

日光を採り込みながらも、

プライバシーが担保されていることが

必須条件となります。

 

外から丸見えになってしまえば、

居心地が悪くなってしまい、

結局カーテンが開けられなくなるからです。

洗濯物が丸見えになり、

景観と防犯性の両方が

ものすごく悪くなってしまうからです。

 

それゆえ、こういったことを加味しながら、

プライバシーを担保しつつ、

家全体が明るくなるように、

かつ、景観も防犯性もよくなるように、

かつ、家事動線もよくなるように、

間取りを考えていく必要があるんですよね。

 

しかし、この考えに基づいて完成した平屋は、

コストを抑えることが出来ます。

また、敷地に無駄な余白をつくらなくなるため、

外構工事費用もカットすることが出来ます。

 

ですから、どんな土地でも、

まずは平屋に出来ないかを基本に、

家づくりをしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。