固定型を選ぶべき人

住宅ローンには、
変動金利と固定金利の
2つの種類がありますが、
どっちの方が良いかは一概には言えません。
 
しかし、それぞれに、
メリットとデメリットの両方が存在し、
それらは、あなた自身の状況によって
良い方向にも働けば、
逆に悪い方向にも働くものなので、
まずは、あなた自身の状況に
どちらが適しているのかを
知ることが大切です。
 
おはようございます。
SIMPLE Inc.高根です。
 
まっ、そんなに難しい話じゃないので、
ぜひ参考にしていただければと思います。
では、まずは、
固定金利を選んだ方が良い方からいきますね。

 
✔︎土地から買う方で、
土地をキャッシュで買うことが出来ない方
 
土地から買うとなると、
土地をお持ちの方に比べて、
土地の取得費用が丸々余分にかかります。
 
となると、当然のごとく
借入金額も大きくなり、
毎月の返済金額とのバランスを考えると、
どうしても返済年数を
長くせざるを得なくなってしまいます。
 
そして、返済年数が長くなればなるほど、
リスクは高くなっていきます。
安定した収入があるのか?や、
勤めている会社が存続しているのか?や、
そもそも元気に働けているのか?
といったことが、
予想しづらくなるからです。
 
✔︎貯蓄が出来ない方
 
また、貯蓄が出来ない(苦手な)方も、
固定金利を選んでおいた方が賢明です。
家づくりをする時に、
自己資金を全く入れられなかったり、
それほどいれられなかった方は、
貯蓄が苦手な方だと思うので
固定がオススメです。
 
変動金利と固定金利の一番の違いは、
途中で金利が変わるか、変わらないかです。
そして、もちろん変動金利は、
途中で金利が変わるのですが、
この金利変動時にどういうことになるのかは、
現時点で分かりません。
 
もしかしたら、
それほど上がることはないかもしれないし、
もしかしたら、
一気にものすごく上がるかもしれません。
 
しかし、下がる可能性はゼロに近いこと、
そして、金利が上がった時、
手取り収入もそれに連動して
上がっていれば良いですが、
少子高齢化の影響を受けて、
今後は可処分所得が確実に下がっていくため、
よほど昇給しない限りは
これも期待することが出来ません。
 
それゆえ、金利上昇による
返済負担上昇のリスクを軽減するためには、
どのような状況でも
貯蓄していくことが大切だというわけですね。
 
✔︎最低限のことを勉強して知ることが大事
 
しかし、なにより大切なことは、
不動産屋や住宅会社に言われるがままに、
住宅ローンを決めてしまわないことです。
 
彼らの言いなりになってしまうと、
当たり前のように、
お付き合いしている
銀行の住宅ローンをすすめられ、
良いか悪いかも分からないまま、
少ない選択肢の中で
選んでしまうことになります。
 
結果、自分が選んでいる住宅ローンが、
どんな商品なのかもよく理解していないまま、
ローンを払っているという
最悪の状況になってしまいます。
 
また、固定金利を選べば、
どれを選んでも良い
というわけでもありません。
銀行によって金利や手数料といった
条件が全く違うからです。
 
それゆえ、大切なお金のことは、
全て人任せにするのではなく、
自分自身も勉強して、
最低限の知識はつけるように
していただければと思います。
 
ということで、
次回は、変動金利を選んでも良い方
についてお伝えしていきたいと思います。
まっ、簡単に言うと、
今日と反対の方なんですけどねっ!
 
それでは、、、
 
 
 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。