変動型も選べる人

変動型の住宅ローンのメリットは、
固定型に比べて金利が安いことです。
また、借入時にかかる経費が、
固定型よりも少ないのも変動型の大きな魅力です。
 
この他、固定金利に比べて、
貸し出し条件に融通がききやすいのも
この変動型住宅ローンの
隠れメリットなのですが、
とはいえ、誰もが変動金利を
選んでいいわけではありません。
 
おはようございます。
SIMPLE Inc.高根です。
 
その理由は、返済が終わるまでずっと
返済金額が固定されないからです。
つまり、3年後や5年後、10年後に
返済金額が変わってしまうかもしれない
ということですね。
 
それゆえ、変動型の住宅ローンは、

選んでもいい方と選ぶべきじゃない方に
分かれるんですよね。
では、選んでもいい方は、
一体どういう方なのでしょうか?
 
✔︎借入金額が少ない方

若干、抽象的な表現になってしまいましたが、
一体どれくらいが少ないのか?というと、
個人的には1500万円以下だと思っています。
 
となると、土地を持っていることは最低条件で、
かつ、自己資金をそれなりに入れられる人
ということになります。
あるいは、親からの援助が
かなり期待出来る方ですね。
 
この理由は、借入金額が少なくて済むと、
返済期間を短く設定することが
出来るからです。
 
例えば、返済期間を20年で設定出来れば、
10年後に金利が変わる
変動型の住宅ローンを選んだとしても、
大してリスクがありません。
 
ほぼ半分返済が終わっているため、
多少金利が上がってしまっても、
返済金額にそう大きな影響がないからです。
 
また、この場合、
金利見直し時に、
他の銀行で借り換えすれば、
再び最安のキャンペーン金利で
返済していくことが出来るようになるし、
あるいは、それを阻止したい銀行が、
いい条件を提示してくれるかもしれないので、
結局、返済金額も上がりにくい
というメリットも享受出来るんでんすよね。
 
✔︎貯蓄が出来る方
 
変動金利のリスクは返済金額が
最後まで一定じゃないというところです。
それゆえ、もし金利が上がった時には、
返済額が上がってしまわないように、
リスクヘッジが出来ないといけません。
 
そして、そのリスクヘッジが繰上げ返済です。
もし返済金額が一気に
2万円も上がってしまったら、
とっても困りますよね。
 
でも、この時に繰上げ返済をすることで、
返済金額を今までと同じように保てれば、
別段困ることもないですよね。
 
もし、あなたが、
どのような状況であったとしても、
怠ることなくコツコツと
貯蓄していくことが出来るのなら、
変動型を選ぶリスクはほとんどない
と言っても過言ではないと思います。
 
むしろ金利が安い分、
返済期間中ずっと、
それほど金利が上がらなかったとしたら、
終わってみると、
最も金利の支払いが少ないかもしれません。
 
いかがでしたか?
この2つのいずれかに当てはまるなら、
個人的には変動金利を
オススメさせていただきます。
 
間違えても、冒頭でお伝えした
メリットばかりに焦点を当てた状態で、
つまり目先の利益だけに囚われた状態で、
住宅ローン選びをしないように
気をつけていただければと思います。
 
ぜひ参考にしてください。
それでは、、、
 
 
 
 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。