2000万円以下じゃ平屋は建てられない?

例えば、土地の広さが100坪もあれば、

問答無用で平屋を建てるべきなのですが、

多くの方が、そんな広大敷地に、

ポツンと2階建の家を建ててしまいます。

 

その理由は「平屋は高い」と

誰もが思い込んでしまっているから

だと思いますが、本当に平屋は、

前評判通り高くなってしまうのでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

その答えは、

「イエス」でもあり「ノー」でもあります。

つまり、家をどう考えるかによって、

どちらにもなりうるということですね。

 

では、高くなってしまう方は、

どのように家を考えてしまう方なのでしょうか?

 

✔︎坪数にこだわる人


平屋が高くなってしまう方は、

坪数にこわってしまう人です。

「家はこれぐらいなければいけない」とか、

「部屋はこれだけなければいけない」とか、

「部屋の広さもこれぐらいないといけない」

とか、なんせ、

デカさにやたらとこだわる人です。

 

これは平屋に限ったことではなく、

2階建てでも同じですが、

家は大きくなればなるほど、

それに連動して家の価格も高くなります。

 

そして、あれもこれもと

どんどん部屋を付け加えていった結果、

坪単価は安くなっていくものの、

家の価格はどんどん高くなっていく

というわけです。

 

✔︎家が高くなれば、色々と高くなる


そして、家の坪数にこだわってしまうと、

建築費が高くなるだけにとどまらず、

そのほかの様々な費用も

高くなってしまいます。

 

ランニングコストとなる光熱費や固定資産税、

そして、塗り替えなどのメンテコスト、

さらには、将来リフォームする時のコスト、

などがです。

 

それゆえ、平屋を

コストを抑えながら建てるためには、

坪数や大きさに

こだわらないようにすべきである、

そして、それは結果的に

ランニングコストも抑えられるようになる、

というわけなんですよね。

 

✔︎無駄を省きながら平屋を建てる!

 

では、前回お伝えさせていただいた

こちらの土地では、

1800万円という予算の中で、

一体どのような家を提案したのでしょうか?

 

まず、これだけの広さがあるので、

必然的に平屋を

提案させていただいたのですが、

この場合、

家も日陰にかかってしまう部分があるため、

その部分に玄関と収納をつくりました。

 

玄関は明るい方がいいですが、

かといって直射日光を入れる必要はないし、

収納にいたっては、

日光を入れる必要なんてありませんからね。

 

こうすることによって、

玄関面となる西からの

厳しい日差しも同時に遮断出来ます。

 

結果、正面に窓がなくなり、

美しい外観になると同時に、

汚れの原因となる窓がないため、

家の汚れも目立ちにくくなります。

また、間取りが分からない

防犯に優れた住まいにもなります。

 

リビングにはたっぷりと

直射日光を入れたいし、

かつ、明るくて開放的な

スペースにもしたいですよね?

 

そして、そのためには、

視線が気にならないように部屋を配置し、

窓をつくるようにしなければいけません。

 

でも、それが出来れば、

自然光だけで

とっても明るい家が出来上がります。

もちろん、光を拡散させる

工夫も織り交ぜることで、

さらに明るさを際立たせていますがね。

 

コスト面は、どうでしょうか?

コストを抑えるためには、

広さにこだわらないことが大切であると

先程申し上げましたが、

では、どのようにすれば

それが出来るのでしょうか?

 

まずは、廊下をなくすことです。

廊下がなければ、

家の中の温度差も出来にくくなり、

快適な環境も維持しやすいですしね。

 

また、部屋の数や広さについても、

必要・不必要をよく考えるべきです。

子供部屋の数や広さ、寝室の広さ、ですね。

 

収納に関しても、

ただ闇雲にたくさんつくれば

いいわけじゃないんですよね。

床面積が増えれば

それに連動してコストが

高くなってしまうので、

床面積を増やさずに収納を増やす工夫を

しなければいけません。

 

しかし、これらが全て出来れば、

1800万円でゆとりを持って暮らすことが出来る

平屋の住まいをつくることが出来ます。

 

だだっ広い土地にポツンと

使いにくい総2階建ての家を

建てなくても、です。

 

ということで、

家づくりをする時は、

なにげなく受け入れてしまっている

思い込みを一旦捨てていただくと同時に、

本当に自分たちに必要なものが何か?を、

よく考えながら間取りや土地を

考えていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。