日陰と日向の使い方

南に建っている家のせいで、

敷地の半分近くが日陰になってしまう

約55坪の土地に建つ家の多くが、

総2階建ての家です。

 

その理由は、日陰を避けて

家を建てようとするからなのですが、

この結果、前回お伝えしたような

使いにくい家になってしまいます。

また、薄暗く開放感もない家に

なってしまいます。

 

それゆえ、使いやすい家にするためには、

また明るく開放的な家にするためには、

そもそも根本から改善する必要があります。

 

つまり、わざわざ日陰を避けて

家を建てようとしなくても良い

というわけですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

そして、その呪縛から解き放たれると、

明るさとプライバシーが両立された

素晴らしい間取りが

出来上がることになります。

また、無駄のない使いやすい住まいが

出来上がることになります。

 

では、この土地では、

どのような家にすべきなのでしょうか?

 

✔︎平屋という選択肢

 

この土地の場合、

平屋を建てるには十分な広さがあるので、

まずは平屋に出来ないかを考えるべきです。

 

しかし、平屋にすれば、

日陰となる部分にも

家をつくることになるため、

光の採り込み方に工夫が必要となります。

 

例えば、日光をたっぷりと採り込みたい

リビングダイニングキッチンは、

南からの光がたっぷりと採り込める位置に

レイアウトするようにしなければいけません。

 

また、同時に洗濯物を干すところにも、

日光がたっぷりと当たるようにしたいので、

そこも南からの光が採り込める位置に

レイアウトしなければいけません。

 

しかし、この2つの場所以外は、

明るくすべきではあるものの、

必ずしも南からの日光が必要

というわけではありませんよね?

 

玄関。お風呂。トイレ。収納。

これらはもちろんのこと、

寝室だって、南からの光に

こだわる必要はありませんよね?

 

そして、これらをの場所全てを

安定的に明るくなるように

つくることが出来るならば、

かつ、リビングダイニングキッチンや

洗濯テラスを日光がたっぷりと当たる場所に

つくることが出来るならば、

間違いなく平屋にするのが、

ベストであることは間違いないんですよね。

 

✔︎2階建てにする理由


とはいえ、平屋にすると、

以上のことが実現出来ないとするならば、

2階部分をつくらざるを得ません。

 

しかし、その2階建ての

2階部分は確実に最小限に抑えるべきです。

2階を広くつくっても、

無駄にコストが上がってしまうだけで、

使いやすさが上がるわけじゃないからです。

 

まっ、この土地で、

もし2階部分をつくる理由があるとしたら、

平屋ではリビングダイニングキッチンへの

採光が充分じゃなく、

採光にもう一工夫必要な場合だと思うんで、

ホント必要最低限だけでいい

というわけですね。

 

つまり、あくまでベースは平屋である

ということですね。

 

いかがでしょうか?

 

もちろん、コストを抑えながら、

こういった住まいをつくることが出来るよう、

同時に、無駄を省く工夫も必要になりますが、

こういった考え方を基本として

出来上がった住まいは、

ありきたりの総2階建ての住まいに比べると、

遥かに使いやすく、遥かに住みやすく、

また、遥かに明るくて開放的でしょう。

 

ですから、

本当にイイ家を手に入れたいと

望まれるのであれば、

まずは家づくりの固定概念を

打破していただければと思います。

 

それが家づくりを成功させる

大いなる一歩ですから!

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。