大切な土地の選び方

例えば、あなたが住みたいとお考えの地域で、

このような分譲地があった場合、

あなたは、A・B・Cの中の

どの土地を選ばれるでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

おそらく直感的には、

AかBの土地がいいかなと

思われたのではないでしょうか?

 

Cは南に家が建っているため、

日当たりが悪くなりそうなのに対し、

AとBは南が道路となっているため、

日当たりが良さそうですからね。

 

では、もう少し具体的に

条件をつけてみるので、

改めてお考えいただけますでしょうか?

 

南道路であるAとBは、

土地の価格が坪あたり20万円とし、

東道路であるCは、

土地の価格が坪あたり18万円だとしたら、

いかがでしょうか?

 

AとBは、50坪×20万円=1000万円で、

Cは、44坪×18万円=792万円

ということですね。

 

同じ立地でありながら、

約200万円ほど金額に違いが出ますが、

この条件が加わるとしたら、

あなたはどちらを選ばれるでしょうか?

 

✔︎土地の考え方


家は大きな買い物であり、

やり直しがきかないこと。

そして200万円という価格差は、

30年や35年といった長期で考えると、

そう大きなものではないと思ってしまうこと。

 

この2つの理由から、

出来ることなら、

日当たりが良い土地を買いたいと思うのが、

ごく当たり前の気持ちだと思います。

 

しかし、この分譲地の場合、

土地購入に際して

もう1つ考えなければいけない

重要なポイントがあります。

 

それは、「ワンルームマンション」が、

道路を挟んだ場所にあるということです。

 

しかも、図面には書いていませんが、

このワンルームマンションは、

3階建で全部で24部屋あるのですが、

共用部分となる通路と玄関が、

全て北面にあります。

 

つまり、AとBの土地は、

目の前にあるワンルームマンションから

常に丸見えの環境にある

というわけなんですよね。

 

それゆえ、このAとBに家を建てる場合、

ワンルームマンションからの視線を

完全に遮断しなければいけません。

 

せっかく南からの光をたっぷりと

家の中に採り込める土地を

買ったにもかかわらず、です・・・

 

✔︎環境を無視して家を設計してしまうと・・・

 


例えば、AやBの土地の良さを活かして、

南に出来るだけ多くの部屋を配置し、

かつその南面に大きな窓を

つくってしまったとしたら、

一体どうなるでしょうか?

 

おそらく、その窓に付けたカーテンを、

ずっと開けることが出来ないままで

いるのではないでしょうか?

 

そして、なぜか薄暗い部屋で

過ごさないといけなくなってしまいます。

あるいは、朝からずっと

電気をつけたままで過ごさなくて

いけなくなってしまいます。

 

また、この土地でウッドデッキを

庭に向かってつくった場合も、

決して使いやすい

ウッドデッキにはなりません。

 

マンションの方からだけじゃなく、

周囲の方からも

常に丸見えになってしまうからです。

 

こんな状況になってしまうのでは、

せっかくより高いお金を出してまでして、

この土地を買った意味がなくなってしまう

と言っても過言ではないと思いませんか?

 

多くの方が、南道路が一番良い土地だと

当たり前のように信じ込んでしまっている

ことと思います。

 

しかし、現実は、

南道路は最も設計が難しい土地です。

日当たりが良いがゆえに、

南に部屋や窓をつくらないといけないという

バイアスがかかってしまうからです。

 

ですから、単純に

日当たりが良さそうだとか、

みんなが良いと言うからという理由でだけで、

南道路の土地を選ばないように

気を付けていただければと思います。

 

そして、その土地の環境を見た上で、

どの土地を買うかを決め、

かつ、その土地に合わせて

家の間取りを考えてもらうように

していただければと思います。

 

では、次回は、

この分譲地のCの場合、

どのような家を建てるべきなのか?

について、お伝えしていこうと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。