悪しき土地の固定概念

この分譲地にあるA・B・Cの中で、

最も売れにくい土地はCです。

 

南に隣接して家が建っているため、

日当たりが悪くなりそうだし、

土地の面積もやや小さめだし、

土地の形もやや微妙だからです。

 

それゆえ、不動産屋さんは、

同じ立地であるにもかかわらず、

少しでも売れやすいようにと、

この土地だけは価格を低めに設定します。

 

こんにちは!

SIMPLE  Inc.高根です。

ちょっと投稿が遅くなってしまいました。

 

では、このCは、

AやBに比べて約200万円安いとしたら、

あなたは、この土地を買いたいでしょうか?

 

ですよね。。。

わざわざ率先して買いたい

とは思わないですよね。

 

でも、実は、

この3つの中で最もオススメなのは、

このCなんですよね。

 

では、その理由について、

お伝えさせていただきますね。

 

✔︎より安く買うことが出来る!!

 

その最大の理由が、

価格交渉がしやすいため、

より安い価格で手に入れることが出来る

可能性が高くなるということです。

 

AやBは人気があるため、

価格交渉なんてしようものなら、

一瞬で一蹴されそうですからね。

 

ただ、いくら安く買えそうだとはいえ、

この土地に家を建てるとなると、

日当たりが悪くなるんじゃないか?

という大きな不安が

どうしても頭から離れないですよね?

 

✔︎日当たりが悪い土地は、

家も日当たりが悪くなってしまうのか?

 

この土地に家を建てる場合、

最もやってはいけないことが、

敷地の一番南にリビングを配置することです。

間違いなく日陰になってしまうからです。

 

それゆえ、このような土地の場合、

リビングに南からの光を入れるならば、

南に隣接して建つ家から、

リビングまでの距離を充分にとるか、

あるいは、より高い位置から

リビングに光を落としてくるか、

のいずれかの方法を使うようにすべきです。

 

そして、そのようなプランさえ出来れば、

たとえ日当たりが悪い土地であったとしても、

リビングに直射光を入れることが出来るし、

家の中をとっても明るい状態で

保つことも出来ます。

 

また、日陰となる部分には、

直射日光が必要のないものを

配置するようにします。

玄関や水回りや収納といったスペースですね。

 

収納に至っては、

直射日光を絶対に入れるべきではないし、

玄関や水回りに至っては、

ただ明るくするだけなら、

必ずしも南からの光に頼らなければいけない

わけじゃないですからね。

 

つまり、、、

 

✔︎土地に合わせて設計すれば、

土地の日当たりは関係ないに等しい

 


ということです。

あるいは、言い換えるならば、

自由設計=土地に合わせて

間取りや外観を考えることであるため、

結果、土地のデメリットを

解消することでもある、というわけですね。

 

この基本原則さえ理解しておけば、

土地に無駄に多額の費用をかける

必要がなくなります。

 

結果、家づくりの予算を

抑えることが出来るようになるし、

利息の支払いも、

その分圧縮することが出来るようになります。

 

ということで、

「南には居室をつくらなければいけない」

という土地に対する固定概念に

縛られすぎないように

ぜひぜひ気を付けていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。