人生をプランすることの大切さ

住宅資金、教育資金、老後資金。

この3つは人生の中の三大支出である

と言われていますが、

住宅を購入する時というのは、

教育資金や老後資金についても

同時に考え、備えていくいいタイミングです。

 

つまり、今のことだけじゃなく、

少し先のことはもちろん、

もっと先のコトまで同時に考え、

その上で家づくりの計画を立てるべきだ

ということなのですが、

とはいえ、そのためには、

教育資金や老後資金に関する

最低限の知識を持つことが大切です。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

それでは、今回は、

その中の教育資金について

お伝えさせていただきますね。

 

今後は、社会保障費や税の負担が上がること、

そして、前回お伝えさせていただいたように

老後に対する蓄えを、現段階から

コツコツとしなければいけないことから、

私たちの可処分所得は増えるどころか、

逆にどんどん減っていくことになります。

 

また、それに加え、

2018年の文部科学省の調査によると、

大学への進学率は約58%となっており、

つまり、現在は、

大学進学がスタンダードとなっているため、

夫婦で協力して収入を増やし、

この費用にも備えていくように

しなければいけません。

 

奨学金ありきで、大学を考えてしまうと、

子供たちに大きな借金を

背負わせてしまうだけですからね。

 

では、その大学費用に、

一体どれくらい必要なのか、

あなたはご存知でしょうか?

 

✔︎「教育資金➕老後資金=貯蓄」

「手取金額ー貯蓄=リアルな生活資金」

 

大学の費用も、

国立なのか私立なのかによっても違えば、

私立の場合、文系か理系かによっても

違ってきます。

 

また、県外の大学に行くとなれば、

学費だけじゃなく、

家賃や生活費などの仕送りも

してやらないといけませんよね。

 

ということで、

この中でも比較的負担が大きい、

県外の私立理系の大学に4年間通う

と仮定して、一体どれくらいの費用が

必要になるのかを考えていってみますね。

 

まず、私立理系の学費には、

4年間で約540万円かかると言われています。

(4年分の学費と入学準備金の合計額)

 

そして、仮に家賃と仕送りに

毎月7万円かかるしたら、

学費とは別に、

336万円もの費用がかかることになります。

 

つまり、合わせると876万円もの費用が

1人あたり必要なわけなのですが、

もしあなたに、お子さんが2人いる場合は、

子供の大学資金として1752万円は必要だと

いうことになりますよね。

 

一人あたり200万円程度の

学資保険に入っている程度では、

全く話にならない金額ですよね・・・

 

では、どうするべきなのかを、

収入面と照らし合わせながら

考えていってみましょう。

 

もしあなたのお子さんが、

4歳と2歳であるとしたら、

上の子が大学を卒業するまでの期間は18年間、

下の子が大学を卒業するまでの期間は20年間、

ということになりますが、

奨学金を全く利用させないようにするために、

1752万円を20年に渡って

一律で貯め続けていくとすれば、

毎年87.6万円を貯蓄しないといけない

ってことになりますよね?

 

ということで、

あなたの年間の手取り金額から、

87.6万円を教育貯金として

差し引いてみてください。

 

そして、老後資金の積立として、

前回お伝えした私的年金のiDeCoに、

2人揃って毎月20,000円ずつ預けるとして

20,000円×12ヶ月×2人=48万円を

あなたの年間の手取り金額から

さらに、差し引いてみてください。

 

いかがでしょうか?

 

もし2人合わせた合計手取り収入が、

年間で500万円だとしたら、

あなたが使える金額は、

364.4万円ということになり、

毎月に換算すると

約30万円強ということになります。

 

もし、2人合わせた合計手取り収入が、

年間で450万円だとしたら、

あなたが使える金額は、

314.4万円ということになり、

毎月に換算すると

約26万円強ということになります。

 

そして、この金額の中で、

ローンを払い、車を維持し、

生活をし、学校や習い事に通わせ、

税金や保険を支払い、

旅行に行ったりしないといけない、

というわけなんですよね。

 

いかがでしょうか?

いけそうでしょうか?

おそらく、この残った費用で

暮らしていくのは無理そうですよね・・・

 

ということで、

教育資金や老後資金のことまで考えて、

生活していこうとしたら、

一体どれくらい不足しそうなのか?

一体どれくらい大学資金を

奨学金に頼らないといけないのか?

そして、家を建てるとすれば、

どれくらいお金をかけるのが適切なのか?

 

次回は、これらについて

一緒に考えていければと思います。

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。