大多数が正しいとは限らない

前回までの記事をご覧いただければ、

お分かりいただけると思いますが、

家は持つべきものの、

そこに掛けられる予算は、

あなたが想像しているよりも、

遥かにに少ないのが現実です。

 

ですから、予算設定という

家づくりのスタートを間違えないことが、

なにより大切なのですが、

その厳しい予算に基づいて、

土地を探し、家を建てるためには、

土地、家のいずれに関しても、

大多数の方とほぼ真逆の視点を

持たなくてはいけません。

 

家づくりの予算を大幅に抑えるためには、

土地、家、庭の3つ全ての予算を

抑えないといけないからです。

 

こんにちは。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、大多数の方は、

土地を買う時、

そのエリアの中で最も高い値段が

つけられた土地を選ぼうとします。

新しく造成された分譲地の

地形が良い南向きの土地ですね。

 

また、大多数の方が、

少しでも土地を広く買おうとしますが、

これも不用意に土地の予算を

上げてしまう原因ですよね。

 

それゆえ、土地予算を抑えるためには、

この2つとは真逆の考え方を持って

土地探しに臨みます。

 

南向き → 南向き以外

形が良い土地 → 形が悪い土地

必要以上の土地 → 必要最低限の土地 

といった感じですね。

 

✔︎日当たりは悪くて大丈夫なのか?

 

土地探しで一番心配なのが、

日当たりじゃないでしょうか?

わざわざ好き好んで

日当たりが悪い土地を選ぼうなんて、

正気の沙汰じゃない気がしますしね・・・

 

しかし、少し立ち止まって、

冷静に考えてみてください。

家を建てようとする前に、

日当たりが良い土地に建てて

住んでいる家を見て回ってみてください。

 

現実をお伝えさせていただくと、

日当たりが良い土地に建つ家は、

決して家の中が明るくありません。

 

理由は明確で、

カーテンが開けられないからです。

南からの光をカーテンが遮断してしまって、

奥にあるキッチンや水回りにまで、

光が届かなくなってしまうからです。

 

また、南からの日差しはかなり厳しいため、

シャッターまで締めてしまっているお家が

数多くありますが、

では、このお家は一体何のために、

南向きの日当たりが良い土地を

買ったのでしょうか?

 

一体何のために、

南向きに部屋を配置し、

南向きの窓をつくったのでしょうか?

 

光をたくさん家の中に入れ、

明るくて開放的な家になるはずだったのに、

光は閉ざされ、薄暗くて閉鎖的な家に

なってしまったとしたら、

あなたはどう感じるのでしょうか?

 

この問題を解決するためには、

その土地のメリットだけに焦点を当てて、

土地を選び、間取りを考えるのではなく、

その土地のデメリットにも焦点を当てながら、

土地を選び、間取りを考えなければいけません、

 

南向きの土地であれば、

窓を道路に向ければ、

外から家の中が丸見えになってしまう

ということですね。

 

そして、これがどのような状況を

引き起こすのかを想像しなければいけません。

 

他方、南向き以外の土地は、

外から家の中が丸見えになりにくいという

メリットはありますが、

家の中に光が十分入ってこないんじゃないか?

という懸念事項があります。

 

ですが、南向きの土地も、

それ以外の土地も全て、

そのデメリットが何かを

考えながら土地を選び、

そのデメリットに対処するように

間取りを考えるようにすれば、

丸見えになったり、家の中が薄暗くなったり、

というような最悪の状況を避けながら、

快適に暮らしていただくことが出来る

ようになります。

 

とはいえ、そのためには、

絶対にしてはいけないことが一つあります。

それは、、、

 

✔︎自分で間取りや広さをを決めない

 

ということです。

家は予算と土地の環境に合わせて

つくるものであり、

その提案をすることがプロの仕事だからです。

 

なぜ、資金計画をするのかと言うと、

それは土地や家の予算を

正確に出すためであり、

その予算に合わせて

出来ることと出来ないことを

間取りを考える前に話し合うためです。

 

なぜ、土地の環境に合わせて

間取りを考えないといけないのかと言うと、

そうしないと、丸見えになってしまったり、

家の中が薄暗くなってしまったり、

閉鎖的な家になってしまうからです。

 

いい家であることの条件は、

とっても居心地よく

住みやすいことだと思いますが、

たくさんお金をかけたお家が、

必ずしもそんな家になるわけでもなければ、

逆に、それほどお金をかけられないことが、

住みにくい家になるわけでもありません。

 

しかし、予算の大小に関わらず、

予算と土地の環境に合わせて

設計士が提案出来なかったお家は、

そうすることが出来たお家に比べると、

確実に居心地も悪く、

住みにくい家になってしまうでしょう。

 

ですから、土地を探す前には、

住宅会社に資金計画を

きっちりとしてもらうこと、

そして、土地を探す時には、

予算に合わせた土地を提案してもらうこと、

そして土地を決める時には、

住宅会社に土地を見てもらうこと、

この3つを守りつつ、

間取りを考える時には、

たくさんの注文をつけてしまうことで、

設計士の動きを固めてしまわないように

気をつけていただければと思います。

 

土地の日当たりは、

明るく住みやすい家に全く関係ないので、

これをご理解いただき、より安く

土地を手に入れていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。