掘り出し物を手に入れる視点

一般的には、

たとえ前面道路が広いとしても、

また立地条件が良かったとしても、

日当たりや形が悪い土地を、

すすんで買おうとする人はいません。

 

しかし、住む場所に妥協することなく、

より安い価格で土地を手に入れるためには、

基本的には、こういった、

いわゆる悪条件とされる土地を買うしか

手段がありません。

 

そもそも価格設定がかなり割安だし、

その上、価格交渉もしやすいため、

さらに割安価格で

手に入れることが出来るからです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、みんなと同じように

日当たりがいい区画を買えば、

土地代だけで1000万円もする

新規分譲地があるとしましょう。

 

この土地で、あえて

日当たりが悪い区画を狙ったり、

形が悪い区画を狙えば、

それだけで100万円以上安く

土地を手に入れることが出来ます。

 

また、この土地が売れ残りだとしたら、

この設定価格よりさらに50万円ほど

安く買えるかもしれないですし、

不動産屋さんが早く売りたいと

思っているとしたら、さらに

50万円以上安く買えるかもしれません。

 

つまり、環境や立地条件は全く同じなのに、

100万円〜200万円も安い

買い物が出来るということですね。

土地にかかる利息まで入れていくと

さらに20万円〜40万円

費用を押さえられるわけですしね。

 

そして、新規分譲地にこだわらなければ、

より安く土地を

手に入れられるかもしれません。

なんらかの理由で、現金が必要だから

売却しようとしている方や、

税金や資産の管理を面倒だと思っていて、

売却しようとしている方が、

売主さんであることが多いからです。

 

このような土地や中古住宅などは、

もちろん、相場に合わせて

価格を設定するのですが、

価格の柔軟度が高い場合が多々あります。

 

現金が早く欲しい方であれば、

少々安くても早く手放したい

と思うものですし、

逆にお金の余裕がある人の場合は、

お金に余裕がある分、

安く譲ってくれるかもしれないですからね。

 

また、税金の支払いや資産の管理を

面倒だと思っている方なども、

早く手放したいとお考えでしょうから、

価格交渉に快くお応じて

くれやすいでしょうしね。

 

✔︎分譲地以外の土地を買う時の注意点

 

ただ、こういった土地は、

注意しないといけないことが

2つあります。

 

まず1つ目が「境界」です。

新規分譲地では、

隣との境界が明確に明示され、

かつ、そこには頑丈な境界基礎が

つくられているのですが、

こういった土地の場合、

境界基礎の強度が悪い場合が多々あります。

 

この場合、境界基礎を一度全て壊し、

頑丈な基礎を再度つくらないといけません。

そして、そうなると1mあたり、

18,000円〜20,000円という費用が

かかってくることになります。

 

そして注意すべき2つめのことが、

「水道」です。

たとえ、元々家が建っていたとしても、

地下水しかない可能性もあるし、

水道が引き込まれていたとしても、

今の基準に適合せず、

再度引き込み直さないといけない

場合もあるからです。

 

また、水道管が前面道路にない場合、

遠いところから水道を

引っ張ってこないといけないのですが、

この場合、とんでもない費用が

かかってしまいます。

 

いかがですか?

 

こういった土地は、

たとえ土地の価格が

ものすごく割安だったとしても、

境界やら水道やら排水やらといった費用が

別途でたくさんかかってくることがあり、

結局、全然割安じゃなかった

なんてこともあり得ます。

 

それゆえ、こういったことも

現地で調査した上で、

購入するかどうかと、

どれくらい価格交渉すべきなのかを

決めていただくことを

オススメさせていただいています。

 

まっ、そもそも半値ぐらいだったり、

めちゃくちゃ割安な価格の場合は、

圧倒的に安く土地を手に入れることが

出来ているはずなので、

こういった費用が別途でかかったとしても、

仕方ないんですけどね。

 

家は土地に合わせて建てるものなので、

形や日当たりといった条件は、

それほど重要なものではありません。

 

また、車の運転に支障がなく、

子供たちにとっても安全で、

周囲の環境や雰囲気が良いのであれば、

土地の価格は安いに越したことはありません。

 

ですから、無駄に土地に

費用を掛け過ぎないように気を付けながら

土地探しをしていただければと思います。

 

では、次回は、

適度な土地の広さについて

お伝えしていきたいと思います。

これも土地の予算に関わる

重要なところなので。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。