家づくりに不安を感じている方へ

ようやく流行の波が

終息しようとしているコロナウィルスですが、

(まだ2波、3波があると言われていますが)

都心部ほどのことはないにせよ、

景気への悪影響は、

今後もまだまだ続きそうな感じですよね。

 

それゆえ、家が欲しいと思っていても、

怖くて一歩が踏み出せないという方も、

数多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

会社が倒産することはないにしても、

給料が減ってしまったり、

ボーナスがカットされてしまったり、

リストラになるかもしれない

リスクがあるわけですからね。

 

おはようございます。

個人的には、家の持ち方について、

古いスタンダードが見直され、

新しいスタンダードが生まれる

いいキッカケになるのでは?

と期待しているSIMPLE Inc.高根です。

 

ってことで、このタイミングで、

どのように家を持つべきなのか?を

より現実的に考えてみても

いいのではないでしょうか?

 

例えば、今の家賃と同じくらいの支払いなら、

減給やボーナスカットやリストラにあっても、

なんとかなりそうなのだとしたら、

そこから負担を増やすことなく家を持つ方法を

考えてみるとか、です。

 

まずは、ご夫婦どちらかの実家に

空いている土地があるとしたら、

そこに建てるという方法が考えられますよね。

 

こうすれば、土地を買わなくてよくなる分、

ローンへの負担が減るし、

貯蓄を崩す必要もなくなるかもしれません。

(その分、家に予算を掛け過ぎたら

元も子もないので、そこに要注意ですが)

 

また、もし親御さんが

リタイアされているとしたら、

子供の面倒を見てもらえるため、

保育料も省くことも出来、

その分、家計にゆとりが

生まれるかもしれません。

 

食費や雑費なども割安になるかもしれないし、

固定資産税も、土地の分は

親御さんが払ってくれる

かもしれないですしね。

親御さんも、あなたやお孫さんが

近くでいてくれたら嬉しいでしょうからね。

(逆の場合もありえますが・・・)

 

おそらく、

これが最も負担を軽減出来る

方法ではないでしょうか?

 

✔︎土地を買わないといけない場合

 

もし、あなたが実家に土地がなく、

土地から買わなければいけないとしたら、

ローンの負担はそこまで軽くならないため、

違う視点で考えてみるのも1つです。

 

もちろん、これは立地条件によりますが、

車を1台手放してみるという選択肢も

考えてみてもいいかもしれません。

 

前々回にもお伝えしましたが、

車を1台所有するには、

毎月5〜7万円負担が掛かるわけですからね。

 

土地購入による毎月の負担が

3万円上がったとしても、

車の負担が6万円下がれば、

結果的にマイナスになるわけですからね。

 

✔︎車も2台所有したい場合

 

とはいえ、まーー確かに

おっしゃる通りなんだけど、

実家に住むにしても、車を1台にするにしても、

やっぱ抵抗あるわー

っていう方もありますよね?

 

っていうか、

ほとんどの方がそうだったりして・・

ってところかもしれないのですが、

そんなあなたにオススメなのは、

みんなと正反対の家づくりをする

ということです。

 

みんなが買うような土地は買わず、

みんなが建てるような家は建てず、

みんながつくっているような庭にしない、

ということですね。

 

これらに関しての具体的な内容は、

過去のブログを見てもらえたらと思いますが、

つまりは、土地、建物、庭の3つの

全てのコストを合理的に省くことによって、

土地を買う分ぐらいの

コストをカットしながら

家づくりをするというわけです。

 

いかがですか?

 

3つ目の選択肢は、

実家の土地に建てるとか、

車を1台手放すのに比べると、

そこまで経済的にゆとりが

生まれるわけではありませんが、

それでも、みんなと同じように

家を建てるのに比べてずいぶん

経済的なゆとりが違ってくるのは確かです。

 

ということで、

過去の考え方や価値観にとらわれることなく、

未来を見据えて、柔軟な考え方で

家づくりをしていただければと思います。

 

いかにリスクを抑えながら、

家を持つことが出来るか?

そして、たとえ減給やボーナスカット、

リストラといった不測の事態が

起こったとしても、

家をずっと守り続けられるようにする、

これは、これからの家づくりに

欠かせない考え方ではないでしょうか?

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。