庭の手入れをしたくない派の方たちへ

この時期、鬱陶しいのは、

とめどなく生えてきて、

どこまでも成長し、

その勢力範囲を伸ばしていく

「草」たちです。

 

我が家も、家の裏側の余白には、

ぎっしり砂利を敷き詰めているのですが、

気が付くとこんな状態になってました・・・

 

 

おはようございます。

先日、涼しい日を見計らって、

一気に草抜きをやったので、

太ももの裏側が、

超絶筋肉痛になっている

SIMPLE Inc.高根です。

 

 

とまあ、約2時間ほど

草たちと死闘を果たし、

こんな感じで庭全体が、

キレイになったわけなんですが、

ホント梅雨前後のこの時期って、

厄介以外の何でもありません・・・

どうせ、またすぐ生えてきますしね・・・

 

✔︎庭をメンテフリー状態にする方法

 

というわけで、

今回は僕と同じように、

庭の手入れが面倒くさい派の方たちのために、

家を建てる前に、

庭の手入れを楽にする方法について

お伝えしようと思っているのですが、

まず1つ目の方法が、

「土地を広く買わない!」ということです。

 

単純に、土地を広く買ってしまうと、

その分、庭がめちゃくちゃ

広くなってしまうし、

庭が広くなってしまった結果、

砂利や土の部分が増えてしまうからです。

 

草が生えてこないように、

コンクリートを打つとなると、

砂利の3〜4倍ぐらい高くなってしまうんで、

コストのことを考えると、

砂利にせざるを得なくなる

というのが現実ですからね。

 

そして、2つ目の方法は、

「余白が少なくなるように家を建てる!」

ということです。

 

例えば、一般的に50坪の土地には、

2階建ての家を建てるのですが、

仮に30坪の2階建ての家を建てるとしたら、

1階部分の大きさは、

その半分の15坪ということになります。

そして土地には35坪分の余白が出来ます。

 

他方、ここに30坪の平屋を建てるとしたら、

土地の余白は20坪となるわけですが、

もし、この余白だけで十分、

車や自転車が置ける余裕があるとしたら、

15坪分、庭の工事面積を省くことが出来ます。

 

また、工事面積が小さくなったことによって、

残りの敷地の余白全体に

コンクリートを打ったとしても、

そう高くならないという

メリットも生まれます。

 

結果、煩わしい草抜きの手間を

丸ごと省くことが出来るというわけですね。

 

✔︎土地の買い方を間違えないようにする秘訣

 

とまあ、言われてみると

当たり前の話だとは思うんですが、

これって出来そうで案外出来ないんですよね。

 

なんでかって言うと、

家が建ってない土地って、

やたら狭く感じてしまうし、

狭いことで後悔するぐらいなら、

ちょっとでも広く買っておこうって

思っちゃうからですね。

あと、狭いと、なんかカッコ悪い

っていう見栄と。。。

 

なので、土地を探す時は、

自分たちだけで探すんじゃなくて、

住宅会社の方にも見てもらいながら、

探すことをオススメします。

もちろん、どんな家を建てたいかを伝えて、

その情報をシェアした上で、ですよ!

 

また、土地を探す前に、

資金計画をしてもらうことも

忘れてはいけません。

土地の予算が明確に分かった方が、

予算的にも広さ的にも、

より現実的に土地を選べるからです。

 

ということで、

面倒くさい庭の手入れをなくしたい方は、

土地探しのやり方から

間違えないように

していただければと思います。

 

土地が広くなればなるほど、

固定資産税も高くなっちゃいますしね。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。