平屋が2階建てより安くなる理由

土地の広さや日照条件に問題さえなければ、

建てる家は平屋をオススメしているのですが、

その理由の一つがコスト面です。

 

ワンフロアで暮らすことが出来ることから、

無駄かもしれないものを

なくしたり、省いたりしやすく、

結果、その分のコストを

落とすことが出来るからです。

 

おはようございます。

初めて動画を撮影したら、

思いっきり頭が切れてしまっていた

初撮影ならではの失敗を犯した

SIMLPE Inc.高根です。

 

さて、一般的に平屋は高いと思われており、

実際、2階建てよりも割高になるので、

多くの方が、最初から

平屋という選択肢を外してしまうのですが、

2階建てにはなくてはならないものを

省くことが出来るのもまた平屋なので、

結局はそう高いわけではありません。

 

例えば、2階建てでは、

絶対に階段が必要になりますが、

平屋には階段は必要ありません。

そして、これだけで、

面積が2坪違ってくることになります。

(1・2階それぞれ2帖(1坪)ずつ)

 

また、2階建ての場合、

寝室や子供部屋を2階につくるし、

そうなれば,

2階にもトイレが必要になります。

 

そして、それらの部屋に行くために

階段を上がりきったところから、

廊下が必要になるのですが、

この廊下は3〜4帖ほど必要になります。

 

その点、平屋にすれば、

この廊下をなくすことが出来ます。

もちろん、廊下をなくすように間取りを

考えないといけないわけですが、

もし、この廊下をなくすことが出来れば、

さらに3〜4帖減らすことが出来るし、

さらに、部屋が全て1階にまとまるので、

2階のトイレも省くことが出来ます。

 

そして、これら全てを合わせただけでも、

8帖(4帖)前後、

家を小さくすることが出来、

その分、コストを省くことが出来ます。

 

✔︎平屋が2階建てより安くなる理由

 

しかし、まだこれだけでは、

平屋が2階建てより

安くなることはありません。

仮に、坪単価が10万円違うとしたら、

2階建=35坪×60万円=2100万円

平屋=31坪×70万円=2170万円

という感じですね。

 

それゆえ、ここからもう1段階

掘り下げて考えていただく必要があります。

 

例えば、少し前のブログでもお伝えした、

客間やプレイルームとしてつくる部屋を

なくすという考え方です。

 

もし、この部屋が6帖(3坪)で、

なくなるとしたら、

31坪ー3坪=28坪×70万円

=1960万円となり、

2階建てより

安く建てられることになります。

 

また、この部屋を無くさずとも、

10帖ぐらい欲しいかなと

思っていた寝室を6帖にすれば、

それはそれで、2階建てよりも

安く建てることが出来ます。

10帖ー6帖=4帖(2坪)

31坪ー2坪=29坪×70万円=2030万円

という感じですね。

 

さらに、客間もいるし、

寝室も広い方がいいとなった場合でも、

6帖でつくろうと思っていた子供部屋を

4.5帖でつくるようにすれば、

2階建てよりも安く建てることが出来ます。

6帖ー4.5帖=1.5帖×2室=3帖(1.5坪)

31坪ー1.5坪=29.5坪×70万円=2065万円

という感じですね。

 

いかがでしょうか?

 

いくつか家を小さくする選択股を

お伝えさせていただきましたが、

これらを選択したことで、

果たして、あなたの暮らしの質は

落ちてしまうのでしょうか?

 

ならないですよね?

また、これらを全て選択したら、

暮らしの質は落ちてしまいそうでしょうか?

 

これらを全て選択した場合、

31坪ー3坪ー2坪ー1.5坪=24.5坪となり、

これに70万円をかけると

1715万円になるのですが、

2階建てよりも安く建てられるどころか、

むしろ大幅に安くすることが出来ます。

 

家が小さくなることで、

坪単価が上がってしまい、

仮に75万円になってしまったとしても、

75万円×24.5坪=1837.5万円なので、

それでもだいぶ安く建てられるわけですしね。

 

ということで、

考え方次第でコストは大きく違ってくる

ということを頭に入れていただきつつ、

無理のない予算で

家づくりをしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

(P.S)

動画も週2ペースでアップしていくので、

こちらも一緒にチェックしてくださいね!

↓↓↓

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。