スペックとコストを左右するもの

おはようございます。

古い建物のリフォーム工事は、

やり出した後、

修繕必要箇所がどんどん出てきて、

当初の計画よりも

予算が上がってしまうという、

リフォーム工事あるあるを

自らの身をもって体験している

SIMPLE Inc.高根です。

 

そして、思っていたより

現金がなくなってしまうという

痛みを伴った現実を、

「しゃーない!」と、

必死で自分に言い聞かせている

今日この頃です。

 

さて、話はうって変わりますが、

家づくりでは、

日当たりの良い方向には、

大きな窓をつくることが、

ごく当たり前となっていますよね?

 

しかし、そうしてしまうと、

その窓からは光も入ってきますが、

同時に視線も入ってきてしまいます。

 

結果、目隠しのために、

カーテンをしなければいけなくなるのですが、

目隠しのためのカーテンは、

昼間もずっと開けられないため、

家の中に入ってくる光を

遮断してしまうことになります。

 

そして、朝からずっと

照明が必要となるのですが、

これは電気代を増やす原因となります。

 

また、カーテンも

無料でつけられるわけじゃないので、

その分、家づくりのコストも増えてしまいます。

 

さらに、防犯対策として、

視線を反らしたり見えにくくするために、

外構工事にまで余分なコストを

掛けざるを得なくなってしまいます。

 

つまり、カーテンありきの

家づくりをしてしまうと、

付随する出費が色々と出てきてしまう

というわけなんですよね。

 

それゆえ、家のコストを合理的に

かつ総合的に落とすためには、

「窓のつくり方」が、

カギを握っているというわけですね。

 

✔︎窓を少なくした方がいい理由

 

そして、コスト面以外にも、

窓は少ない方がいい理由があります。

 

まず、窓が少なくなれば、

必然的に耐震性が高くなります。

窓がない分、壁の量が増えるからです。

 

そして、それと同時に、

断熱性能も高くなります。

単純に、断熱材が入った壁の方が、

窓よりも断熱性能が高いからです。

 

また、窓が少なくなれば、

外壁にできる汚れもその分少なくなります。

外壁の汚れの一番の原因は、

窓の両脇から垂れることによって

出来るシミだからです。

 

さらに、窓が少なくなれば、

その分、収納も増えます。

単純に壁の量が増えることで、

壁面を使いやすくなるからです。

 

しかも、壁面が使いやすくなれば、

家具の配置もしやすくなるし、

模様替えなどもしやすくなるので、

部屋の使い方の自由度もアップしますしね。

 

このように、

家の中の明るさが充分確保出来、

かつ、風を通したい時、

心おきなく通せるのであれば、

窓の数をわざわざ増やす必要はない、

ということなんですよね。

そもそも窓のコストも高いですからね・・・

 

✔︎視覚的な開放感は反比例する

 

外から見た時、

たくさん窓があるお家は、

一見家の中がものすごく明るいと

イメージされることでしょう。

 

しかし、その窓の多くには、

視線を遮るためのカーテンがつけられ、

そのために光まで遮ってしまい、

朝から照明なしでは

過ごせないのではないでしょうか?

 

そして、外の景色も見えないため、

開放感も、そう感じられないのでは

ないでしょうか?

 

他方、外から見た時、

窓がほとんどないお家は、

一見家の中がものすごく暗いと

イメージしてしまうと思います。

 

しかし、もしそのお家の窓には、

カーテンが一切必要ないとしたら?

そして、その窓から大量の光が

入ってきているとしたら?

さらに、その窓から、

外や空がいつも感じられるとしたら?

 

光に満ちた明るい空間であり、

かつ、開放感に溢れた

豊かで贅沢な空間が出来上がります。

 

ということで、

コストを合理的にカットするためには、

窓のつくり方もよく考えなければいけない

ということを、

覚えておいていただければと思います。

 

それが、結果的に、

余分なコストを掛けることなく、

自然にスペックも高める要素となりますから!

 

それでは、、、

 

(追伸)

今回は、大事な子供のためのお金の話。

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。