これから建てるべき家とその理由

100年後と言われると、

遠い未来なので

ピンとこないかもしれませんが、

最悪のシナリオをたどった場合、

✔︎世界の平均気温が現在より3.7℃上昇

✔︎海面が上昇

✔︎地域的な食糧危機が発生

✔︎多くの種が絶滅

などが予想されています。

 

そして、日本個別だと、

✔︎4℃程度気温が上昇

✔︎熱帯性の伝染病が蔓延

✔︎果樹の生産地域が変わる

✔︎現在の自然や文化を維持するのが不可能

だと言われています。

 

このような結果を受けて、

現在、世界の各国が協調し、

地球温暖化対策を行っているのですが、

もちろん、家づくりもそれに倣い、

出来るだけ温室効果ガスを排出しない

対策をすべきなんですよね。

 

おはようございます。

今まで晴れ間が差していたのに、

僕がジョギングしだした途端

急に雨が降ってくるという、

この頃、再び雨男ぶりを全開

発揮しているSIMPLE Inc.高根です。

 

さて、今回は、

温室効果ガス(二酸化炭素)を

出来るだけ出さないようにするためには、

どのような家づくりをすべきなのか?

について考えていきたいと思います。

 

✔︎断熱性能を高める

 

二酸化炭素の排出を抑えるために、

全ての住宅会社が行っている対策は、

断熱性能を高めることです。

 

断熱性能を高くすれば、

その分外気の影響を受けにくくなり、

冷暖房の使用を減らすことが出来るからです。

 

そして、これを大前提とした上で、

弊社が推奨している考え方が、

 

✔︎出来るだけ家を小さくする

 

ということです。

家の面積を小さくすることが出来れば、

それに連動して体積も減り、

冷暖房のロスを

より少なくすることが出来るからです。

 

とはいえ、家を小さくしたことで、

使いやすさや住みやすさを

損ねてしまったらダメなので、

いらないところだけを

削るようにしないといけません。

 

例えば、廊下です。

ただ通るだけのスペースだし、

廊下があることで、

空気を遮断してしまうからです。

 

また、土地にゆとりがあるのに、

2階建てを建てることも、

廊下が多く出来る原因になるので、

敷地にゆとりがあるなら、

平屋にすることを基本とすべきです。

 

そして、これに加えて、

部屋の広さや部屋の数なども、

よく考えてつくるべきです。

寝室や子供部屋の広さや、

客間として使う部屋などですね。

 

✔︎窓と壁のバランス

 

さらに、窓の数も

出来るだけ減らすべきです。

単純に、窓は断熱材が入った壁よりも、

断熱性能が低いからです。

 

窓が減り、逆に壁が増えれば、

その分、耐震性も高くなる

というメリットもあるし、

収納に至っては、

窓が減って壁が増えた方が、

より多くの棚をつくることが

出来ますからね。

 

もちろん、

窓の数を減らしたことによって、

家の中が暗くなってしまったのでは、

全く意味がないので、

そうならない工夫も必要なんですけどね。

 

✔︎太陽光発電を設置する

 

太陽光発電を設置し、

自家発電によって電気をまかなうことも

これからは必要不可欠です。

 

電気の大半は、

最も二酸化炭素を排出する

火力発電によってつくられているからです。

 

そして、太陽光パネルも、

出来るだけ多く載せることを

推奨しています。

 

最近は、太陽光発電を

初期費用ゼロで設置することも出来るし、

10年後は電気代が

上がっている可能性が高いため、

電気を買わないようにすることが、

経済的なメリットにつながるからです。

 

それゆえ、こういった理由からも、

よりたくさんのパネルを

設置することが出来る

平屋をオススメしている

というわけなんですよね。

 

いかがですか?

 

地球温暖化と聞くと、

他人事のように感じてしまうのですが、

前回お伝えさせていただいたように、

これが台風の発生頻度や風速、

異常気象などの原因となっているため、

安全に暮らしていくことが出来る

未来をつくるためには、

1人1人がこの対策を

していかなくてはいけません。

 

ということで、

天災から身を守っていくためにも、

環境問題も意識しながら

家づくりをしていただければと思います。

それでは、、、

 

(追伸)

今回の動画は現場から!

土地と外構について、です↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。