収入と低金利と家づくりと

おはようございます。

2ヶ月に1回ぐらいのペースで、

コンビニでレジを済ませた後、

手ぶらで立ち去ろうとして、

「お客さまー、お客さまー」

と店員さんに叫ばれている

SIMPLE Inc.高根です。

(#買っただけで満足タイプ?)

 

さて、今回も、

前回に引き続き、

家づくりとは切っても切り離せない

大切なお話をしたいと思います。

 

冒頭の図をご覧いただくと

お分りいただけますが、

1997年を境として、

専業主婦と共働きの世帯数が逆転し、

現在では、その差が

なんと倍以上に広がっています。

 

(依然、若い女性の間では、

根強く専業主婦願望があるようですが、、、)

 

このように、今は夫婦が協力して、

仕事・家事・育児をこなしていくのが

当たり前となっているわけですが、

とはいえ、働き方や雇用形態によって、

手元に入ってくるお金は

大きく違ってきます。

例えば、このデータからも

お分かりいただけるように、

正社員で働くのと、非正社員や

パート・アルバイトで働くのとでは、

賃金が大きく異なります。

 

また、この差は賃金だけじゃなく、

年金にも大きく響いてきます。

会社が半分負担してくれる

厚生年金に加入出来るかどうかも

違ってくるからです。

 

それゆえ、手元に入ってくるお金を

出来るだけ増やしていただくためにも、

夫婦ともに正社員として働くことを

オススメしているのですが、

実情としては、女性の約半分は、

非正規の形でしか働くことしか出来ず、

また、男性でも4人に1人は、

正社員になれていないと言われています。

 

どうやら、90年代に

20%程度だった非正規の方の割合は、

ここ最近は、40%程度まで

倍増しているようですからね。

 

✔︎お金を増やすという選択肢

 

このような状況なので、

ガッツリ働きたくても思うようにいかず

不憫を感じている方が多いと思いますが、

そんな方に知っていただきたいことが、

収入を増やす方法ではなく、

”お金を増やす方法を知る”

ということです。

 

もちろん、非正規で働く方だけじゃなく、

正社員として働いている方もですけどね。

 

今の日本は、驚異的な低金利が、

長期化した状態になっており、

定期預金金利は、

たったの年0.01%しかありません。

 

これは、すなわち

定期預金に預けたお金が

2倍になるまでには、

なんと7200年もかかるということであり、

生きている限りで考えると、

全くお金が増えないということです。

 

でも、昔は銀行にお金を預けているだけで、

お金が増えてたため、

その伝統というか、流れをそのまま

引き継いでしまっているが故に、

当たり前のように

銀行にお金を預けてしまいます。

 

なんせ、1973年当時は、

政策金利が9%もあったため、

単純に銀行にお金を預けているだけで、

8年で2倍になっていたぐらいですからね。

 

また、銀行に預けていても

増えないとは分かっていても、

減るリスクを取るぐらいなら、

増えない方がまだマシか、

と考えてしまうことも、

大きな原因の1つだと思います。

 

しかし、冷静に考えてみてください・・

キャッシュレス化が進み、

ATMでお金をおろす機会は、

以前よりも減ったかもしれませんが、

もし時間外にお金をおろさないと

いけない場面に遭遇した場合、

一体どれだけの手数料を取られるのか

ご存知でしょうか?

 

そして、その手数料は、

一体何年分の利息に該当するのか

ご存知でしょうか?

 

つまり、銀行にお金を預けていると、

増えるどころか、

実は減ってしまうかもしれない

ってことなんですよね。

 

では、どのようにすれば、

お金は増えていくのでしょうか?

 

それは、小さな金額でもいいから、

若いうちからコツコツと

毎月積立投資をしていくということです。

 

例えば、NISAやつみたてNISAという

制度を聞いたことはあるでしょうか?

また、個人型確定拠出年金のiDeCoを

聞いたことはあるでしょうか?

 

これらは、預けたお金が、

増える可能性もあれば、

減る可能性もあるものです。

 

それゆえ、損をするとか、

危険だと考えてしまい、

ついつい避けて通ってしまいがちですが、

これら資産分散型の長期に渡る投資は、

市場変動の影響を緩和してくれるため、

案外、安全性が高く、

お金も効率的に増やしやすい

と言われています。

 

また、iDeCoに関しては、

預けたお金が所得控除の対象になるため、

所得税や住民税の節税にもつながるし、

住民税が安くなれば、

それに連動して保育料も安くなるので、

より効率的にお金を増やすことが出来ます。

 

ということで、

もちろん収入も増やす努力は

しなければいけないのですが、

それと同時に、お金を増やす方法も

前向きに考えていただければと思います。

 

そして、たとえ家を建てるとしても、

そのお金を家づくりに回すという

馬鹿げたことだけは、

決してしないようにしてください。

 

家を持ってお金がなくなったのでは、

家を持った意味がないと言っても

過言ではありませんから!

 

それでは、、、

 

(追伸)

今回の動画は、

僕のiDeCoの状況と考え方について⬇︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。