家づくりの常識があなたを追い詰める!?

2017年の世帯所得の分布を見てみると、

年収100万円台〜300万円台の世帯が

突出して多くなっており、

これらを合計すると約41%に該当します。

 

事実、実質賃金も、

この20年間で約13%下がっており、

1995年は550万円もあった

世帯収入の中央値も、

2017年には423万円まで下がっているし、

貯蓄ゼロの世帯も30%を超えている

というデータが発表されています。

 

おはようございます。

熱中症対策のために、

ジョギング後には、

必ず梅干しを食べるようにしている

SIMPLE Inc.高根です。

(そんな大して走ってもないのに、

やっぱ形だけは一丁前w)

 

さて、今回も、

なんだか暗い話題から

始めてしまったのですが、

いつの時代もお金の話は大切なので、

引き続き書き綴っていきたいと思います。

 

先程の背景としては、

前回もお伝えさせていただいたように、

非正規雇用の割合が、

この20年の間に倍増し、

40%近くになってしまったことと、

その平均年収が正規雇用の

65%にしか達していないことがあります。

 

また、地方公務員に至っては、

非正規雇用割合が、

この11年間で約40%増加しているし、

その年収は正規雇用の3分の1しかないし、

昇給もボーナスもない、

という状況のようなのですが、

私たちは、この厳しい現実を理解した上で、

ライフプランを立てていかないといけません。

 

たとえ正規雇用であったとしても、

40歳からリストラの対象になりはじめており、

新卒から20年以上同じ会社にいられる

保証すらない時代ですからね。

 

何が起こっても、

対処していけるように、

ライフプランを立てることが

大切だということですね。

 

✔︎問題を先送りした結果

 

例えば、この世帯年収をベースとして、

家づくりをするとしたら、

これまでの常識や当たり前に倣って

家を建てている人たちと同じように、

土地を買い、家を建てることは、

かなり危険なことです。

 

返済能力以上にお金を借りてしまうと、

ローンを払うだけで

いっぱいいっぱいになり、

確実に貯蓄することが出来なくなるし、

その状態で、

不測の事態が起こったりしたら、

家を手放さざるを

得なくなってしまうからです。

 

また、なんとか

マイホームを維持出来たとしても、

貯蓄が出来ていなければ、

お金を理由に

進学を諦めざるを得なくなるか、

あるいは、奨学金という

高額な借金を子供たちに

背負わせてしまうことになります。

 

さらに、最悪なことは、

老後貧乏に陥ってしまうことです。

 

現在、可処分所得122万円以下の、

貧困高齢者の割合は、

全体の約20%あると言われています。

高齢者の5人に1人の割合です。

 

もちろん、これだけの所得で、

暮らしていくことは出来ないのですが、

人生100年時代と言われている

老後に備えていくためには、

老後貧乏にならないように、

いけるところまで

働き続けると同時に、

計画的に貯蓄していくことが

必要不可欠となります。

 

それゆえ、

最も大きな固定費である

住宅ローンの負担を、

収入に見合った金額にすることが、

これからの家づくりでは、

なにより大切なことになる

というわけです。

 

そして、そのためには、

これまで常識や当たり前だと

思っていたことの多くを、

全て見直さなくてはいけません。

 

それらは、あなたの負担を

上げるものばかりだからです。

土地にせよ、家にせよ、外構にせよ、

です。

 

これからは、

家をどのように持つかで、

間違いなく後々大きな差が

生まれてくることになります。

 

ですから、

このような厳しい現実に目を向けつつ、

収入に見合った負担にならないコストで、

品質と暮らしの質が高い家を、

手に入れていただけれればと思います。

 

それでは、、、

 

(追伸)

ローンの負担を抑えるためには、

ローン選びもよく考えて!

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。