1人じゃなく1家に1台という選択肢

車社会である現在は、

1人1台車を所有するのが当たり前ですが、

車を持ち続けていくために、

一体どれくらい維持費がかかるのか、

あなたは計算したことがあるでしょうか?

 

おはようございます。

ジョギング焼けで顔が黒くなり過ぎて、

なぜか「もしかして転職したんですか?」

と、よく言われるSIMPLE Inc.高根です。

(普通、ゴルフでも行ったんですか?

とか、海でも行ったんですか?

とか、じゃありません?

どちらも行きませんけど、、、)

 

まっ、それはさておき、

今回は車を所有するための維持費について、

一緒に考えていきたいと思います。

 

仮に、車1台あたりの平均金額が300万円で、

7年ごとに車を買い替えると仮定して、

計算していってみますね。

 

この場合、毎月の車両分割代金は、

約35,700円となります。

(無金利で計算しているので

ローンで買う人はさらに金利が加わります)

 

そして、車を維持していくためには、

この他、ガソリン代、保険代、車検代、

タイヤやバッテリー交換といったメンテ代、

自動車税、などがかかるのですが、

 

ガソリン代:毎月10,000円

保険代:年間50,000円

車検代:2年ごとに100,000円

自動車税:年間34,500円

メンテ積立代:毎月3,000円(仮)

 

として試算してみると、

車両代とは別に

毎月約24,200円がかかることになります。

 

つまり、車を1台所有するには、

ざっと毎月約6万円かかるというわけです。

 

✔︎車は、1家に1台という選択肢

 

もし、あなたが

暮らそうと思っている場所が、

交通の便が悪い場所だとしたら、

車を1人1台所有せざるを得ませんが、

勤務先まで公共機関で通えたり、

自転車で通えそうな場所に

暮らそうとお考えであれば、

車は1家に1台という選択肢も

あってもいいのではないでしょうか?

 

というのも、利便性が高い場所で

暮らそうと思えば、

土地の価格も割高になるし、

そうなれば家づくりへの負担も、

必然的に高くなってしまうからです。

 

もし仮に、土地の価格が

坪あたり25万円する地域だとしたら、

車の台数を1台減らすことが出来れば、

土地の面積を約5坪減らすことが出来、

それだけで125万円土地の負担が減ります。

 

かつ、その資金を

ローンでまかなう予定だとしたら、

さらに、それにかかる利息を、

25万円ほど圧縮することが出来ます。

 

また、土地の面積が小さくなれば、

それほど大きな額ではないかもしれませんが、

その分、土地の維持費として掛かり続ける

固定資産税も安くなります。

 

そして、なにより、

車を1台にしたことによって、

その浮いたお金を、

老後や教育のための

貯蓄や投資に回すことが出来ます。

 

土地を小さくすることや、

家も必要最小限にすることによって、

市場の家賃並みの返済で

家づくりをすることが出来れば、

維持費としてかかる固定資産税や、

火災保険、メンテ積立費などを差し引いても、

毎月4万円は貯蓄に回せるわけですからね。

 

✔︎家とゆとりある暮らしの共存

 

これから先は、確実に

1つの会社でずっと勤められる

可能性も低くなるし、

1つの仕事をずっと続けられる

可能性も低くなります。

 

つまり、毎年昇給するのが

当たり前じゃなくなるし、

手厚い退職金をもらえるのが、

当たり前じゃなくなるというわけです。

 

また、会社や職種が変われば、

給料もリセットされるし、

むしろ下がる可能性すらあります。

 

他方、超高齢化社会を突き進む日本は、

社会保障費や税金は上がり続けていくため、

給料は増えずとも、天引きされる費用は、

知らず知らずの間に、

どんどん増えていくことになります。

 

ましてや、

今回のコロナウイルス対策として

財政政策で捻出した資金を

回収していくために、

確実に増税もされるでしょうしね。

 

それゆえ、そんな未来に備えるために、

大きな買い物ほど

慎重にしなければいけません。

出来るだけ固定費を減らすことが、

最大のリスクヘッジだからです。

 

もし、仮に車の所有を1家に1台にし、

固定費を毎月6万円削ることが出来たら?

かつ、土地や家の予算を圧縮することで、

600万円削ることが出来、

ローン返済を毎月2万円削ることが出来たら?

 

あなたの家計の負担は大きく減り、

心にゆとりを持ちながら仕事をし、

日々暮らしていくことが出来るのでは

ないでしょうか?

 

そして、老後に向けての貯蓄や、

子供たちの進学資金を

十分に蓄えていくことが出来る

のではないでしょうか?

 

まっ、これはあくまで1つの考え方だし、

この考え方を強要するつもりもないんですが、

これから家を建てるあなたは、

夢を追いかけすぎることなく、

現実を見て、地に足をつけながら、

心にゆとりが持てるようなライフプランと

家づくりをしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

(追伸)

家づくりの予算を間違えた方が、

組んでしまいやすい変動金利の住宅ローン。

そのリスクを回避する方法について、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。