表と裏を使い分ける

「平屋って高いんじゃないですか?」とか、

「シンプルさんの家って

カッコイイけどやっぱ高いんでしょ?」と

同じくらいよく受ける質問が、

「白い壁って汚れないんですか?」

ってことです。

 

もちろん、外にさらされている以上、

100%汚れるので「普通に汚れますよ」

ってお答えするんですが、

その心をもう少し掘り下げてみると、

一番気になることは、

「汚れた時、不細工にならないのか?」

ってことだと思うので、

今回は、その点について、

お伝えしていきたいと思います!

 

やっぱ白い家が、

一番カッコイイわけですからね。

出来ることなら白にしたいけど、

どーしようかなー迷ってる方は、

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

おはようございます。

白いTシャツを着た時に限って、

なぜかカレーやミートソースパスタを

昼ごはんに選んでしまう

SIMPLE Inc.高根です。

(#もちろん、Tシャツにこぼしますよ!)

 

では、早速お伝えしていきたい

と思いますが、

まず、弊社の家をご覧いただくと、

共通したことがあるのですが、

お分かりになるでしょうか??

 

そうです。

基本的に「正面に窓がない」ってことです!

では、これってなぜだと思いますか?

 

デザイン重視?

って最初はお感じになるかもしれません。

ですが、実はそれだけじゃないんですよね。

(#もちろんデザインも重視していますよ!)

 

実は、この理由は、

外壁を汚さないようにするためです。

単純に、外壁汚れの一番の原因が、

「窓」だからです。

 

でも、ここで勘違いして欲しくないことは、

ホントは必要なのに、なくしたいから

窓をなくしているんじゃなくて、

なくなってもいいように

間取りをちゃんと考えてるってとこです。

 

また、同時に窓以外のものも、

正面からなくなるようにも工夫しています。

 

例えば、換気扇の外部カバーです。

カバーの上に溜まった土埃が、

窓同様に雨によって垂れて流れてくるし、

カバー下からは、カビを伴った

ドス黒い汚れが発生しますからね。

 

エアコンも、

正面側につけてしまったら、

室外機と室外機までの外部配管が

モロに見えてしまうんで、

めっちゃ不細工ですよね。

配管は軒天同様に、

蜘蛛の巣天国になっちゃいますしね。

 

このように、片っ端から

外壁を汚してしまいそうな

モノをなくすことで、

そもそも汚れが付着しにくい

家にしているというわけです。

 

突起物さえなければ、

雨が降った時、

一気に外壁の汚れを

洗い流してくれるわけですしね。

 

✔︎この理論の弱点

 

でも、この方法にも1つ弱点があります。

っていうか、外壁を汚れにくくするための

もう1つの選択肢である

「タイル」には出来て、

この方法には出来ないことです。

 

それは、家全面を汚れないようにすることは、

不可能だということです。

エアコンにしても、換気扇にしても、

どこかには必ず必要なわけですからね。

 

(ちなみに、タイルだと

全面汚れにくくは出来ますが、

重厚感が半端なく出るんで、

そもそも家の雰囲気が

メチャクチャ変わってくるし、

ビビるぐらいお値段も高くなります・・・)

 

そんなわけで、

設計する時には、

家の表と裏の使い分けを

しなければいけません。

 

つまり、汚したくない表面ではなく、

汚れてもそう気にならない裏面に、

細かい部材をまとめて設置するように、

間取りを考えていくというわけですね。

 

玄関の横に、

エアコンの室外機があるって、

残念というか、なんか不細工でしょ?

また、玄関ドアと同じ方向に、

勝手口ドアがあるって

そもそもおかしいでしょ?

本来裏口である勝手口が

表口である玄関と同じ方向にあるって。。。

家の正面にゴミが並んじゃうし。。。

 

でも、こういったことにも配慮しながら

間取りをつくるようにしないと、

あっさりこんな家が出来上がって

しまうのもまた1つの現実です。

 

そして、これらの部材が、

問答無用で外壁を汚し、

家を薄汚くしていってしまう

というわけです。

 

結論としては、

弊社では外壁を汚れにくくしつつ、

同時に、不細工な汚れ方を

しないようにしているので、

汚れそうっていう理由で、

白にするかどうかを悩んでいるのであれば、

思い切って白を使って

いただければと思います。

 

白と木の組み合わせは、

最強にカッコイイですから!

 

それでは、、、

 

(追伸)

今回の動画は、

土地を下見に行った時に

見ておくべき2つのコトについて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。