サステナビリティ

近年よく耳にするようになった

「サステナビリティ」とは、

環境・社会・経済の3つの観点から

世の中を持続可能にしていく

という考え方のことですが、

もちろん、この考え方は、

家づくりにも当てはまります。

 

例えば、

環境への負荷を軽減するためには、

少しでも、二酸化炭素の排出を

減らすことが出来る家にすべきです。

 

また、耐久性が高く、

かつメンテナンスしやすいことも、

環境への負荷を

軽減することにつながるため、

こういった点にも配慮しながら

家をつくるようにもしないといけません。

 

しかし、僕たち住宅会社には、

もう1つ持続可能にしなければ

いけないことがあり、

これこそが最大の使命と言っても

過言ではないかもしれません。

 

おはようございます。

実家で稲刈りをしている時に会った

親父の知り合いのおばあちゃんに

「あらっ!お父さんと違って男前やなー!」

と言われた、結構な確率で

おばあちゃんから高評価をいただく

SIMPLE Inc.高根です。

 

さて。今回は、

これからの社会でスタンダードとなる

「サステナビリティ」について

僕なりの考え方を

お伝えしていこうと思うのですが、

僕が考える最大の使命とは、

「施主さんの幸せを持続可能なものにする」

ということです。

 

しかし、本気でこれを実現しようと思えば、

僕たち住宅会社は、

ただ家のコトだけを知っていればいい

というわけでは決してありません。

 

✔︎幸せを持続可能にするために必要なこと

 

経済的にゆとりがあれば、

それだけで幸せだ

というわけではありませんが、

幸せであるためには、

まず経済的にゆとりがあること、

そして幸せであり続けるためには、

経済的なゆとりが持続することが、

大切なのではないでしょうか?

 

つまり、お金に対する不安がない状態で

暮らし続けることが出来るかどうかが、

大切だということです。

 

そして、そのためには、

最も高額な費用であり、

かつ長期間固定される住宅ローンを、

無理なく適正な金額にすること、

そして、その金額は、

これから先必要だと考えられるコストを

全て理解した上で計算されていること、

が非常に大切になってきます。

 

例えば、家を持てば、

維持費としてかかる費用がありますが、

この費用がどれくらい必要なのか

あなたはご存知でしょうか?

固定資産税、光熱費、火災保険、

メンテナンス、リフォーム(将来)

といった費用です。

 

また、子供たちを

大学に行かせたいとしたら、

その費用がどれくらい必要なのか

あなたはご存知でしょうか?

国公立ならいくらぐらいか?

私立ならいくらぐらいなのか?

文系・理系ではどのくらい違うのか?

県外に行くとなれば、

どれくらい別途でかかるのか?

 

そして、老後費用がどれくらい必要で、

どれくらい年金がもらえて、

それが何歳からもらえて、

どれくらい不足しそうなのか、

あなたはご存知でしょうか?

 

家の予算を決める時は、

こういったことをそっちのけで

やるわけにはいきません。

 

それゆえ、家づくりでは、

資金計画がものすごく大切になるし、

その資金計画のやり方も大切だし、

正しい資金計画をするために僕たちは、

フィナンシャルリテラシー(金融知識)

が必要となります。

 

また、この流れで決まった予算の中で、

家づくりを行っていこうとしたら、

予算を膨らませるどころか、

予算を縮める提案が必要となります。

 

そして、そのためには、

どのように土地を買うべきなのか?

どのように家を建てるべきなのか?

といった提案も、

同時に出来るようにならないといけません。

 

今後、人の寿命はどんどん延びていくものの、

これに逆行して、企業の寿命は、

どんどん短くなっていくと言われています。

 

これは、つまり、

1つの職業だけを

生涯していればいいのではなく、

複数の仕事をしていかないと

いけないということ、

そして、そうなれば

報酬もリセットされるため、

給料を高めていくことは、

これまで以上に難しくなるかもしれない

ということを示唆しています。

 

また、これに加えて、

社会保障費や税の負担が上がっていくため、

間違いなく、手取り金額は、

どんどん厳しいものになっていくでしょう。

 

ということで、

あなたの暮らしと幸せを

持続可能なものにするためにも、

こういった観点メチャクチャ大切である

ということも忘れずに、

家づくりを行っていただければと思います。

 

これが家づくりで

最も大切なことであり、

僕たち住宅会社が、

最も優先させなければいけない

課題というわけです。

 

それでは、、、

 

(追伸)

今回も引き続き、

家づくりの諸経費について

ご説明しています!

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。