統計に見る家づくりの実態

「フラット35」を提供する

住宅金融支援機構の投資家向けの資料から

抽出したデータによると、

2000年度から2020年度の

フラット35の利用者である

122万人を分析したところ、

1:借入年齢の上昇

2:借入額の増加

3:融資期間の長期化

この3つの要素が重なったことによって、

ローンを完済出来る年齢が

大きく上昇しているとのことです。

 

つまり、以前に比べると、

老後に返済リスクを先送りする傾向がある

ということなのですが、

このデータの結論としては、

2020年にフラット35を利用した方が

ローンを完済する平均年齢は、

73歳だということです。

 

言い換えるならば、

どんな状況であろうと、

73歳まで働き続けることを前提として、

家づくりをしている方が、

数多くいるということですね。

 

おはようございます。

巷で言われいるように

人生100年時代が当たり前になるとしたら、

逆に早期にリタイヤしてしまうと、

お金が尽きることもあるけど、

毎日が暇過ぎて退屈になるやろうから、

内心は、働かざるを得ないバイアスがかかる

この住宅ローンの組み方もなしではないな

と思いつつ今回の記事を書こうとしている

SIMPLE Inc.高根です。

 

とはいえ、働くためには、

健康であることが前提であるがゆえに、

基本的には、

働けなくなってしまうかもしれない

リスクに備えて出来るだけ早く

住宅ローンが完済出来るように

家づくりをすることを

オススメしますけどね。

この先、何が起こるか分からないですしね。

 

さて、今回は、

昨日の日経新聞に出ていたこの記事について、

もう少し掘り下げて

お伝えしていきたいと思います。

 

✔︎借入時の年齢の上昇

 

まずは、借入時の年齢についてです。

住宅ローン利用者の借入時の平均年齢は、

2000年代前半の時点では、

37〜38歳だったのですが、

その後、結婚年齢の上昇などに伴って、

家を取得する年齢が引き上げられ、

2013年度以降は40歳代で推移し、

今年も平均で40.4歳だという

データが発表されています。

 

✔︎借入額の激増

 

年齢の増加に至っては、

まーそんなもんだろうーなー

という感覚でしたが、

ギャップが大きかったのはこの借入額です。

 

総融資額を融資件数で割った

平均融資額を見ると、

この20年間で、

なんと1200万円も増えているからです。

(2003年度→1900万円)

(2020年度→3100万円)

 

かつ、その借入額が、

メチャクチャ大きいのも、

現在の家づくりの大きな特徴なのですが、

この理由としては、

金利負担が驚異的に軽いため、

頭金の比率を減らし、

逆にローンを増やす傾向にあること、

そして、低金利や増税などの影響によって

住宅価格が上昇を続けていること、

が挙げられます。

 

✔︎融資期間の長期化

 

融資時点の平均返済期間についても、

過去を見てみると、

30〜31年の間でずっと推移していたのですが、

この数年は返済の長期化が顕著となり、

2020年度は平均32.7年と

過去最長となっているようです。

 

とはいえ、月収に占める

返済比率は22%程度で、

これに関しては、

近年大きな変化がないらしく、

単純に借入額が増えたことが

返済期間の長期化を招いている

とのことでした。

 

そして、完済時の年齢としては、

2000年度にローンを組んだ方の

平均が68歳なのに対し、

2020年度にローンを組んだ方の

平均は73歳なので、

この20年間で5歳上昇したということですね。

 

✔︎60歳時点のローン残額

 

続いて、60歳時点の

ローンの残額についてですが、

これについても、

2003年度にローンを組んだ方の平均が

700万円なのに対し、

2020年度にローンを組んだ方の平均は

1300万円、と倍近い金額になっています。

 

さすがにこの数字を見ると、

繰上げ返済をしていかないと、

ヤバいような気がしますよね・・・

 

ずっと働ければ、

なんてことないかもしれませんが、

何らかの理由で充分働けないような

状況になってしまったとしたら、

返済が滞ってしまい、

家を手放さざるを得なくなる

かもしれませんからね。

 

なんせこれからは、

退職金だってあてにならない

かもしれませんしね。

 

✔︎リタイア後の暮らしと家づくりのバランス

 

30代中盤までに家づくりをすれば、

最長の35年でローンを組んだとしても、

繰上げ返済をせずとも、

70歳までには完済出来るので、

借入額さえ間違えなければ

大きな問題はないと思います。

 

しかし、その年齢を超えて

家を建てるとなると、

かなり慎重に予算や返済期間の

設定をすべきです。

 

というのも、フラット35を利用している

45〜50歳の方の9割が

80歳近くまで返済することを前提として、

住宅ローンを借りているのですが、

これは住宅購入の選択肢は増えるものの、

かなり老後の返済リスクが

高まってしまうからです。

 

若い時に貧乏になるのと、

歳をとってから貧乏になるのとでは、

状況が大きく違いますからね・・・

 

事実、現在でも、

定年後もローン返済に

追われていることを理由として、

パートやアルバイトを始めて

ギリギリでやりくりしている

高齢者が増加していると言われています。

 

なので、30代中盤を過ぎてから

家を建てるとするなら、

老後の暮らしも並行して考えた上で、

予算設定を行っていただければと思います。

 

そして、その予算の範囲内で、

実現可能な家づくりを

していただければと思います。

 

これからは、

長生きすることと働き続けることが

前提になるかもしれませんが、

とはいえ、未来には

何が起こるか分からないので、

それに備えてリスクヘッジすることも

忘れないことが大切ですから。

 

それでは、、、

 

(追伸)

今回からは土地の広さシリーズです↓

数字を当てはめてみると、

ずいぶん分かりやすくなります!

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。