目に見えるお金と目に見えないお金

おはようございます。

昨日、宮脇書店に行って、

「鬼滅の刃」の単行本を全巻予約してきた

SIMPLE Inc.高根こと、

スッカリ次女に洗脳されてしまった父親です。

 

さて、今回も前回に引き続き

土地選びのことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

土地を買う時、

ネットや雑誌、広告などに記載された

金額を参考にしながら、

土地探しをされると思いますが、

土地によって、潜んでいる

目に見えない費用が違ってくるので、

この点に注意しなければいけません。

 

例えば、土地の価格が相場より

割安だったとしても、

そこには古い家が建っていて、

それを解体する費用を

買主が負担しなければいけない

かもしれませんし、

かつ、家が建っていたからといって、

水道をそのまま使えるとは限らず、

水道を引き込み直さないといけないことも

当たり前のようにあります。

 

また、隣地との境界がない場合などは、

購入を機に新設した方がいいでしょうし、

あるいは、あっても構造が弱い場合などは、

それを一旦壊して、

再度つくらざるを得なかったりします。

 

結果、想定していなかった

費用がたくさん発生し、

「結局、全然この土地安くないやん!」

ってことになりかねないのですが、

農地に家を建てる場合は、

宅地とは比較にならないぐらい

土地代以外の費用がたくさん掛かるので、

より細心の注意をしていただく必要があります。

 

✔️農地の場合の注意点

 

農地に家を建てる場合、

土地を造成しないといけないのですが、

この場合、以下の費用が必要となります。

 

1.境界擁壁工事

2.土の入れ替え工事

3.土の入れ替えに伴う残土処分

4.水道引込工事

5.水道加入金

6.排水負担金

7.農地転用申請

(必要な場合は、農振除外申請)

 

まず、境界の擁壁工事ですが、

この費用は、

擁壁をどれくらいの長さするのかと、

どれくらいの高さにするのかによって、

違ってきます。

 

つまり、土地が広くなればなるほど、

擁壁が長くなり価格は高くなるし、

地面が道路より高くなればなるほど、

擁壁が高くなり価格は高くなる

ということですね。

 

続いて、土の入れ替え工事ですが、

この費用も、擁壁同様、

土地が広くなればなるほど高くなるし、

地面が高くなればなるほど高くなります。

 

土地の面積が増えれば、スキ取って

処分しなければいけない土の量が増えるし、

そうなれば残土処分量も増えるからです。

そして、この残土処分費用が、

けっこうバカにならなかったりします。

 

また、地面が高くなれば、

その分、スキ取った土の上に足す

土の量も増えてしまいますよね。

 

水道の引き込みに関しては、

土地が接する道路に水道本管がある場合は、

引き込み工事と加入金を合わせても、

50万円もあれば出来るのですが、

農地の場合、近くに家がなかったりすると、

そもそも前面道路に

水道本管がないことがあり、

そうなれば、遠くから

水道を引っ張ってこないといけなくなり、

途方もない費用が必要となるかもしれません。

 

なので、そもそも水道本管が

前面道路に通っているかどうかを

事前に調べておく必要があるし、

同時に、排水先があるかも

調べておく必要があります。

 

✔️さらなる目に見えない費用

 

とまあ、農地は、

親から無料で譲ってもらえたり、

あるいは、新たに購入する場合でも、

土地の価格は超割安ではあるものの、

宅地にするための費用が、

メチャクチャ掛かるので、この点を

あらかじめ理解しておくことが大切です。

 

また、農地の場合は、

造成費用に多額の費用が掛かるだけじゃなく、

庭の工事費用も高くなりやすいということも、

理解しておくことが大切です。

 

というのも、農地の場合、

土地の面積がどうしても

大きくなってしまいやすいため、

工事面積も大きくなると同時に、

境界も長くなってしまうからです。

 

また、建物に囲まれてないがゆえに、

家の中が丸見えになりやすい場合が多く、

そうなれば、目隠しなどの工事が必要となり、

さらに工事費用がかさみやすいからです。

 

このように、土地は目に見える

土地代という金額だけじゃなく、

目に見えないこういった工事費用が

たくさんあります。

 

そして、それらに、

思っている以上に費用がかかってしまい、

家の予算を圧迫してしまったり、

家づくりの予算が膨らんでしまい、

ローンにしわ寄せがきてしまうことも、

決して少なくありません。

 

ですから、土地を選ぶ時には、

目に見えない費用のことまで、

不動産屋さんや建築屋さんに

確認することを忘れないように

していただければと思います。

 

かつ、土地を広くし過ぎないように

気を付けていただければと思います。

 

それでは、、、

 

(追伸)

今回も、引き続き

家づくりのコストを抑える

具体的な方法について⬇︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。