家づくりのよくある失敗について

家は一生に一回しか建てないものだし、

年齢や状況に応じて住み方も変化するので、

どんだけ熟考して建てたとしても、

何かしら、後から

「こーしとけば良かった」とか

「あーしとけば良かった」といった

後悔が出てくるものです。

 

しかし、そんな中でも、

僕が絶対にあってはいけないと思うことが、

金銭的なミスによる後悔です。

 

家の返済は、家計の中で、

最も長期で大きな固定費となるため、

ミスってしまうと、

長期に渡って、ずっとダメージを

喰らい続けてしまうからです。

 

具体的には、

貯蓄や投資が出来なくなってしまうことで、

子供の進学の選択肢が狭まってしまったり、

家のメンテが出来なくなってしまったり、

老後貧乏に陥ってしまったり、

ずっと不安を抱えながら

暮らしていくハメになったり、

って感じでしょうか。。

 

おはようございます。

昨日の夕方、ジョギングし終わって

帰ろうとしていたら、

ウォーキングしていたおじいちゃんに、

「あら、もう終わりで。早いな。」

と言われて、妙に負けた気分になった

SIMPLE Inc.高根です。

 

さて、今回は取り返しがつかない

家づくりの失策をしないために、

知っておいていただきたいことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

では、そういった状況を引き起こす

一番の原因は一番何なのでしょうか?

それは、、、

 

✔︎「真っ先に土地を探してしまうこと」

 

です。つまり資金計画によって

使っていい土地の予算を

まだ出してないにもかかわらず、

先に土地を探しちゃうってことですね。

 

これをやっちゃうと、

まーーー、ほぼ確実に、

土地にこんもりと予算をつぎ込んじゃいます。

 

例えば、

無理なく毎月払っていけそうな金額が

7万円だとしたら、

35年でローンを組んだ場合、

借りられる金額は2500万円になります。

 

そして、これに自己資金を足した金額が、

家づくりの総予算になるので、

仮に自己資金が500万円あったとしたら、

総予算は3000万円ってことになりますよね?

 

でも、じゃあ3000万円を丸々

土地と家につぎ込めるかっていうと

そんなことはなく、

家を持つためには、

いろんな経費がかかってくるので、

ここからこれらを差し引くと、

大体2750万円ぐらいが

土地、家、庭にかけられる

予算ってことになるんですよね。

 

で、ここで家と庭に

2000万円ぐらいはかかりそうだなーと

仮定すると、

土地にかけられる予算は

750万円ってことになるんでんすが、

実は、土地を買う場合、

さらにいろんな経費がかかってくるので、

この場合、土地にかけられる実質予算は、

650万円〜700万円ってことになります。

 

つまり、ホントは、

650万円〜700万円ぐらいで

土地を探さないといけないってことですね。

 

なのに、そんなことも分からないまま

土地を探してしまうと、

とんでもない金額の土地を

買ってきてしまいます。

 

もし仮に、土地代だけで1200万円もする

土地を買ってきてしまったら、

一体どうなるでしょうか?

 

この場合、600万円ぐらい

家づくりの予算が上がってしまいますよね?

ってなると、ざっと毎月2万円ほど、

返済金額が上がってしまいます。

 

あるいは、それがキツイ場合、

毎月の負担を落とすためだけに、

金利が安い変動金利を選んでしまいます。

そして、後々金利が上がり、

一気に返済金額が増え、

にっちもさっちもいかなくなってしまいます。

 

いずれの場合も、

たちどころにやっていけなくなるような

レベルではないものの、

確実に、ずっと先行きに不安を抱えながら

暮らすことになってしまいます。

 

なので、家を建てようと思った時、

いきなりから土地探しを始めないように

気をつけてくださいね。

 

まずは資金計画から始める。

これを肝に銘じておいてください!

それでは、、、

 

(追伸)

でも、資金計画のやり方を

間違えちゃうと結局一緒なので、

この点にも注意してくださいねー!

予算を増やそうとする

資金計画には要注意です!!

 

(追伸2)

今回の動画は、

暮らしやすさを破壊する恐れがある

悪しき固定概念について⬇︎

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。