今すぐ会社員がやるべき2つのコト

フリーランスや経営者と違って、

会社に勤めている方には、

税金を取り戻す方法が

それほど用意されていません。

 

それゆえ、会社員には節税の概念が

なかなか浸透しにくいのが現実なんですが、

ぜひやっていただきたいことが

2つほどあるので、家づくりとは

直接的には関係ないことかもしれませんが、

今回はこの2つのコトについて

お伝えしていきたいと思います。

 

もちろん、2つとも、

僕自身もやっていることです。

 

おはようございます。

今年最後のブログを、

家のことではなくお金のことで

締めくくろうとしている

初めて僕のブログをよく読む人からしたら

間違いなく職業不明であろう

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、まず1つ目から。

誰でもすぐ出来る超簡単なコトです。

 

✔︎ふるさと納税

 

これは減税や節税ではないんですが、

本来、納税する額を

好きな地方自治体に

「寄付」という形で納めることで、

寄付額の約30%の価値の返礼品がもらえ、

かつ税金の控除が受けられるシステムです。

 

返礼品に関しては、

お肉や魚やカニなどの

食材をもらうのが一般的ですかね。

最近は返礼品が多様化してきていて、

家具や家電なんかもあるようですしね。

 

税金の控除に関しては、

1月1日から12月31日までに行った

ふるさと納税のうち、

2,000円を超える金額が、

(寄付額と納付額の兼ね合いによります)

翌年、住民税と所得税から控除される

といった制度です。

 

例えば、3万円を寄付した場合、

自己負担額の2,000円を除いた、

残りの28,000円が、

翌年の住民税と所得税から控除される

といった感じですね。

 

なので、返礼品として

2,000円以上のものをもらえば

実質的にはプラスってことになりますよね。

 

また、この納税自体を

クレジットカード決済にて行えば、

同時にクレジットカードのポイントまで

たまることになるので一石二鳥ですしね。

 

なので、まずはこのふるさと納税を

クレジットカード決済にて

行ってみてはいかがでしょうか?

返礼品を選ぶ楽しさもあるわけですしね!

 

✔︎iDeCo(個人型確定拠出年金)

 

そして、2つ目がiDeCoです。

このiDeCoに関しては、

過去のブログでもうるさいほど

お伝えしていますが、

これに関しては、掛け金全額が

所得税と住民税の控除対象になるので、

絶対にみんなやるべきです。

 

例えば、会社員であれば

毎月23,000円を上限で掛けられるんですが、

僕は、家づくりの費用を削ってでも、

このiDeCoに満額かけるべきだと思ってます。

かつ、夫婦揃ってです。

 

夫婦揃って年間で276,000円ずつ

掛けることが出来、

お互い所得税率が10%だとしたら、

27,600円ずつ年末調整で

お金が返ってくることになります。

 

また、住民税率も約10%なので、

住民税も27,600円ずつ安くなります。

 

つまり夫婦揃って満額掛けると、

年間で552,000円貯蓄出来ながら、

さらに110,400円節税によって

お金が増えるということですね。

 

この他、iDeCoは運用益も非課税だし、

一時金として将来受け取る時も、

ほぼ確実に無税で受け取ることが出来ます。

 

そんなこんなで、

まー問答無用でやっておくべきなのが

このiDeCoなんですが、

このiDeCoの口座は、

たった1つの金融機関でしか持てないので、

まずはどこの金融機関でやるかを

決めないといけません。

(ちなみに僕はSBI証券でやってます)

 

また、手続きのために、

書類を取り寄せ、記入し、返送していると

数週間〜数ヶ月程度の期間が必要となるため、

まずは、いつでもパッと取りかかれるように、

早めに手続きしておくことをオススメします。

 

ということで、今回は

家づくりとは関係ない話となりましたが、

お金のことは、

知っておいて絶対に損はないので、

ぜひ、この記事を参考にしつつ、

年末年始の時間がある時に調べ、

夫婦で話し合い、前向きに

考えてみていただければと思います。

 

そして、家にかける予算は、

老後に向けた資産形成の資金を確保した上で、

決めるようにしてもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。