窓に対する固定概念

多くの方が、

窓が多い家ほど明るい、

窓が大きい家ほど明るい、

という風に考えがちですが、

実際は、大して相関関係はありません。

 

その理由は、

窓をたくさんつくったとしても、

また、窓を大きくつくったとしても、

そこにカーテンをつけることで、

そこから入ってくる光を

閉ざしてしまうからです。

 

他方、窓の数を減らしたとしても、

また、それらの窓が

それほど大きくなくても、

カーテンがいらない窓を

つくることが出来れば、

日中ずっと自然光だけで、

過ごすことが出来る家になります。

 

また、それだけじゃなく、

窓が少なくなれば、

その分コストカット出来つつ、

断熱性と耐震性が高くなり、

かつ、外壁が汚れる原因が減り、

なにより、窓掃除の手間を

減らすことが出来ます。

 

おはようございます。

やたらたくさんある

自分の家の窓を見る度に、

必要な窓は半分だけやったなー

と思ってしまう

SIMPLE Inc.高根です。

 

さて、今回も、

前回に続いて窓のことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

今回は、窓の本数を減らすための

現実的な考え方について、です。

 

✔︎部屋に2つ窓は必要なのか?

 

一般的に、寝室や子供部屋には、

2か所窓を設置します。

 

理屈としては、

2か所窓があれば風が通るからと、

2か所窓がないと

部屋が暗いような気がするから

だと思います。

 

しかし、4面ある部屋の壁のうち、

2面に窓をつくってしまった場合、

部屋に十分な壁がなくなってしまいます。

残りの2面も、

クローゼットのドアと

部屋への入り口のドアによって

壁がなくなっているからです。

 

その結果、

家具をどこに置くか、

エアコンをどこにつけるか、

換気扇をどこにつけるか、

コンセントをどこにつけるか、

などに頭を悩ますことになります。

 

つまり、壁が少なくなればなるほど、

その後の詳細打ち合わせが

難しくなってしまうというわけですね。

 

✔︎2つの解決策

 

では、この解決策を考えてみましょう。

 

1つは、部屋を大きくすることです。

部屋の面積を広げれば、

その分、壁面積も広がるからです。

 

しかし、この方法は、

コストが上がってしまうという

デメリットがあります。

仮に、1.5帖広げたとしたら、

ざっと45万円ぐらいは

高くなってしまうという感じですね。

 

そして、もう1つの解決策が、

窓の本数を1本にすることです。

そうすれば4つの面のうち1つは、

全て壁になるからです。

 

これだけで、ずいぶんと

打ち合わせがしやすくなると思うし、

窓が減った分、

家のコストを下げることが出来ます。

 

ただし、この場合、

家の中が暗くなるんじゃないか?

という不安と、

風が通らなくなるんじゃないか?

という不安が頭をよぎると思うので、

この2つを解決しないといけません。

 

家の中を暗くしてしまわないためには、

カーテンがいらない窓にする

ということですね。

 

では、風通しに関しては、

どのように考えればいいのでしょう?

 

これに関しては、

窓を開けて換気をする時の状況を

頭に思い浮かべてみてください。

 

換気をする時、

あなたは部屋のドアを

締め切ったままでするでしょうか?

おそらく、室内のドアも

全部オープンにして、

家全体で風が通るように

換気するのではないでしょうか?

 

また、四季がある日本では、

季節によっては窓だけでは

十分な換気が出来ないことから、

24時間換気システムが義務化されており、

その結果、窓を開けて換気しなくても、

必然的に家の空気が入れ替わるように

なっています。

 

そんなこんなで、風通しに関して、

そこまで神経質になる

必要はないと思います。

っていうか、

カーテンありきの窓は、

基本的に窓が開けられないので、

そもそも風通しもクソもないですしね。

 

✔︎1つ1つよく考えてみること

 

このほか、収納にも

本当に窓が必要なのかどうかを

よく考えるべきです。

 

北以外の方角に窓をつくれば、

日光で日焼けしてしまうかもしれないし、

窓をつくれば、

その分壁が減ってしまうので、

それに連動して

収納力も減ってしまうからです。

 

トイレに関しても、

実は、窓がなくても全く問題ありません。

トイレには24時間換気システムの

排気がついていて、

そこから家の中の汚い空気や湿気を

外に排出しているからです。

 

つまり、換気システムさえ

オンにしておけば、

トイレが臭くなることはない

ということですね。

 

トイレの窓は

開けっ放しにしてしまいやすいし、

開けっ放しにしてしまうと、

そこから排気した汚い空気を

再び家の中に入れてしまうかもしれないし、

風によって室内のドアが

「バタン・バタン」と閉まるため、

静かな夜その音が怖く感じる

なんてこともあり得ますしね(笑)

 

お風呂に関しても、

窓がないとカビが生えやすい

イメージがありますが、

ここも24時間ずっと換気しているため、

実は窓がなくてもそう問題ありません。

 

とはいえ、お風呂に関しては

個人的には窓があった方がいい

と思っているので、

わざわざなくす必要はないですけどね。

 

まっ、これらは

あくまで僕個人の意見なので、

ほどほどに参考にしてもらえたらと思います。

 

あくまで大事なことは、

カーテンありきの窓を

つくらないということ、

そして、いらない窓はつくらないこと、

なので、その点は、

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。