南向き信者が陥る罠

南向きの土地に家を建てる場合、

非常に多くの方が、

すべての部屋を南向きでつくろうとし、

かつ、その南に大きな窓をつくろうとします。

 

しかし、この考え方を基本として、

家づくりを進めてしまうと、

2階建ての家を建てることになり、

結果、これが今後の暮らしに

様々な支障をきたしてしまう

かもしれないので、

今回は、そのことについて

シェアしていきたいと思います。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、こちらの鳴門市のS様宅は、

南向きの土地に建てたお家なのですが、

南面には一切窓をつくっていません。

また、土地の広さは50坪なのですが、

2階建てではなく平屋です。

 

 

その理由は、明白で、

南に大きな窓をつくった場合、

道路から丸見えになってしまうからです。

 

単純に、丸見えの中で過ごすのは、

メチャクチャ居心地が悪いし、

視線を遮るために

カーテンをつけたらつけたで、

丸見えは回避出来るものの、

今度は、家の中が暗くなったり、

風通しが悪くなってしまうだけですからね。

 

また、すべての部屋を

南向きでつくろうすれば、

2階建てにせざるを得ないのですが、

そうなれば、さらに丸見えになる部屋が

増えてしまうだけだし、

海が近く風の影響を受けやすいこの地域では、

ただただ耐震性と耐久性を

劣化させる原因となってしまいます。

 

南からの強風を伴う

台風も一番直撃する土地ですしね。

 

さらに、南向きの土地に建つ

2階建ての家の多くが、

2階にベランダをつくっていますが、

ここで洗濯物を干すのって、

決して防犯上良いとは言えませんよね?

家族構成や仕事を道行く人たちに

バラしているようなものだからです。

 

窓から漏れる光で

どこの部屋で居るかまで分かってしまうし、

そもそも窓を見ただけで、

その部屋が何の部屋かまで

分かってしまうのが、

この南向きの土地ですしね。

 

そんなこんなで、

実は、一番間取りづくりが難しいのが、

この南向きの土地なんですが、

この南向きの土地の設計を

さらに難しくさせているのは、

せっかく南向きの土地を

買ったにもかかわらず、

南に窓をつくらないことに対する抵抗感です。

 

なので、設計をするにあたって、

まずはこのバイアスを外すようにしないと、

どうあがいても、

住み心地に優れたお家を

建てることは出来ないというわけです。

 

✔︎住みやすさの鍵を握るのは、

南向きの部屋と窓をどこにつくるか。

 

S様宅は、道路面に窓が全くありませんが、

かといって、

南向きの窓が全くないわけではありません。

 

光をたくさん入れたい

リビングダイニングは南向きでつくり、

かつ、その南面には

大きな窓をつくっています。

 

そして、洗濯物も日が当たり風が通る場所で

干せるようになっているし、

かつ、道行く人たちから、

洗濯物が全く見えないようになっています。

 

また、南向きにこだわらずとも、

すべての部屋を明るく出来るし、

寝室や子供部屋といった、

主な目的が寝ることである部屋は、

そもそも直射日光が必要じゃないため、

南向きにこだわる必要もありません。

 

そして、そう考えると、

わざわざ2階建てにする必要もなくなり、

結果、耐震性も耐久性もアップするし、

家全体がより使いやすくなり、

より暮らしやすい家になるというわけです。

 

立地条件を踏まえつつ、

土地の良し悪しを理解した上で、

間取りを考えるようにしたら、

随分と居住性が

高くなったような気がしません?

 

ということで、次回は、

そんなS様宅がどうなっているのかについて、

さらに詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。