45坪の土地に建つ家

おはようございます。

夜の10時から始まるドラマを

娘と一緒に見るのが

毎日の日課となっている

SIMPLE Inc.高根です。

 

さて。

今回は、前々回より

土地の広さを5坪大きくし、

45坪の土地に建てることが出来る家

についてお伝えしていきたいと思います。

 

今回も、前々回同様に、

「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」

「車1台につき約4.5坪必要だ」

という2つの前提条件をベースに

考えていってみますね。

 

土地が5坪大きくなれば、

一体どれだけ

建物の自由度が広がるのかに

着目していただければと思います。

 

✔︎駐車スペースが3台必要な場合

 

この場合、駐車スペースには、

4.5坪×3台=13.5坪必要となります。

そして、これに10坪の余白を足すと

23.5坪になるので、

45坪から23.5坪を差し引いた21.5坪が、

建てられる家の

1階部分の最大面積となります。

そして、これを帖数に換算すると、

21.5坪×2=43帖となります。

 

では、前回同様、

玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、

玄関ホールに1帖、LDKに16帖、

トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、

脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、

階段に2帖必要だと仮定して、

残りの16帖をどうつくるのかを

考えていってみましょう。

 

仮に、1階に寝室を配置するとして、

この部屋の広さを6帖にすると、

残りは10帖ですね。

 

そして、寝室付近に

3帖のウォークインクローゼットを

つくるとしたら、

残りは7帖となります。

(1階に衣類収納があれば、

超絶便利になります!)

 

また、この収納とは別に、

2帖の玄関収納と

2帖のパントリーをつくるとしたら、

残りが3帖となるのですが、

こうなれば、この3帖を

「中庭」に充てても良さそうですよね。

 

土地の形にもよるものの、

車を3台とめるとなると、

ざっとこんな感じになります。

(この場合、子供部屋は

必然的に2階になります)

 

✔︎駐車スペースが2台でいい場合

 

駐車スペースが2台でよければ、

1階の面積を9帖(4.5坪)

広げることが出来ます。

 

となると、

寝室に加えて子供部屋も

1階につくることが出来るのですが、

そうなれば必然的に平屋となり、

結果、階段がいらなくなるため、

9帖に2帖をプラスした11帖を

子供部屋に使うことが出来ます。

 

子供部屋を2部屋つくるとしたら、

それぞれ収納も含めて

5,5帖ずつの部屋というわけですね。

 

まっ、要するに、

駐車スペースが2台でよければ、

45坪の土地でも、

「平屋」を建てることが出来る

ということですね。

 

もちろん、土地の形や、

周囲の環境にもよるので、

絶対というわけではないですけどね。

あくまで、可能性として、

捉えていただければと思います。

 

✔︎駐車スペースが4台必要な場合

 

逆に、駐車スペースを

もう1台増やしたいとなると、

駐車スペースが3台の場合よりも、

9帖分家を小さくせざるを得ません。

つまり、1階部分を34帖(=17坪)で

つくらないといけないというわけです。

 

となると、

玄関、LDK、水回りなどを除いた

残りの面積は7帖になるのですが、

こうなれば、

間取りの選択肢がグンと縮まります。

 

中庭をつくれば、各個室を全て

2階につくらざるを得なくなるし、

1階に部屋をつくるとしたら、

1階に充分な収納をつくれなくなり、

使い勝手が悪く散らかりやすい家に

なってしまうかもしれないし、

かつ、中庭もつくれなくなるため、

採光やプライバシーの担保を、

別の方法で補わないといけなくなります。

 

つまり、この土地の広さに

車を4台置こうとすると、

住みやすい家になる

可能性が低くなってしまう

ということなんですよね。

 

いかがでしたか?

 

結論としては、

理論上は45坪広さがあれば、

置く車の台数や土地の形状によっては、

平屋を建てることも出来ますが、

たいていの場合、

寝室ないし子供部屋を

2階に配置するようになるんじゃないかな

と思います。

 

ということで、もしあなたが

確実に平屋を建てたいとお考えれあれば、

50坪以上を目安として、

土地選びをしていただければと思います。

 

では、次回は、

その50坪の土地について

一緒に考えていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。