55坪の土地に建つ家

家を建てるなら平屋にしたいなー

とお考えの方に、

オススメさせていただくことが多いのが、

55坪という広さです。

 

この広さがあれば、

土地の形や日照条件が

よほど悪くない限りは、

平屋を建てることが出来るからです。

駐車スペースが4台必要だとしてもです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、今回もこれまで同様に、

「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」と

「車1台につき約4.5坪必要だ」という

2つの前提条件をベースに

考えていきたいと思います。

 

平屋にしたいとお考えの方は、

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

✔︎車を4台置きたい場合

 

この場合、駐車スペースには

4.5坪×4台=18坪が必要となり、

これに加えて家の周囲の余白が

約10坪必要となるので、

合わせて28坪が家以外に必要だ

ということになります。

 

そして55坪から28坪を差し引いた

残り27坪を家に使うことが出来ます。

帖数に換算すると54帖ですね。

 

では、これまで同様に、

玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、

玄関ホールに1帖、LDKに16帖、

トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、

脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、

必要だと仮定して、

残りの29帖をどうつくるのかを

考えていってみましょう。

(平屋1本で考えていくので

今回は階段は省きます!)

 

まず、寝室に6帖とり、

寝室用のクローゼットに3帖とるとしたら、

残りは20帖になりますね。

 

続いて、子供部屋を2室つくり、

それぞれ4.5帖とり、

かつ、クローゼットを

合わせて1.5帖つくるとしたら、

残りは9.5帖ということになります。

 

そして、中庭を4.5帖とったとしたら、

残りの5帖は収納スペースとして

使うことが出来ます。

土間収納2帖とパントリー3帖、

あるいは土間収納1帖と

パントリー4帖といった感じですね。

 

車を4台とめるとしたら、

理屈上は、こんな感じの平屋を

つくることが出来るというわけですね。

 

✔︎車は3台で構わない場合

 

車の台数が1台減れば、

家に使える面積が9帖分増えます。

 

となると、

畳コーナーをつくったり、

リビングダイニングキッチンを

もっと広げたり、

中庭を広げたり、収納を広げたり、

といった選択肢が生まれます。

 

もっとも、家が大きくなれば、

その分コストも高くなるので、

予算との兼ね合いも考えた上で、

どうするかを考えるべきですけどね。

 

建てられるかどうかと

建てるべきかどうかは、

全く別の問題ですからね。

 

とはいえ、これも

あくまで理論上の話なので、

土地によって出来る場合もあれば、

出来ない場合もあるので、

あくまで一つの目安

としていただければと思います。

 

まっ、逆に言うと、

土地を探し始める前に、

自分がどんな家にしたいのかが

ある程度明確になっていれば、

ずいぶん探しやすくなるし、

決める時も決断しやすくなると思うので、

ぜひご夫婦で話し合ってみて

いただければと思います。

 

もちろん、

自分自身の予算を知った上で、ですけどね。

予算を把握していかないと、

とんでもなく予算オーバーしてしまう

可能性が高くなってしまいますから。

 

では、次回は、

60坪の土地について

お伝えしていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。