60坪の土地に建つ家

土地の固定資産税の評価額は、

200㎡(約60坪)までは

6分の1なのに対し、

200㎡を超える部分は、

3分の1となっています。

 

要するに60坪を超えてしまうと、

超えてしまった部分に関しては、

固定資産税が倍に跳ね上がってしまう

というわけですね。

 

仮に、土地の評価額が

坪あたり15万円の土地が、

100坪あるとしたら、

15万円×60坪÷6=1,500,000円

15万円×40坪÷3=2,000,000円

となるって感じです。

 

つまり、60坪以上の土地は、

固定資産税が割高になってしまうので、

この観点からしても、

土地を購入する目安としては、

60坪を最大とすることを

オススメしています。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

ということで、今回は

そんな60坪の土地には、

一体どんな家が建つのかについて

お伝えしていきたいと思います。

 

これまで同様に、

「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」と、

「車1台につき約4.5坪必要だ」という

2つの前提条件をベースとして、

一緒に考えていきたいと思います。

 

✔︎車を4台置きたい場合

 

この場合、駐車スペースには、

4.5坪×4台=18坪が必要となり、

これに加えて家の周囲の余白が

約10坪必要となるので、

合わせて28坪が家以外に必要だ

ということになります。

 

そして60坪から28坪を差し引いた、

残り32坪を家に使うことが出来ます。

帖数に換算すると64帖ですね。

 

では、これまで同様に、

玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、

玄関ホールに1帖、LDKに16帖、

トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、

脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、

必要だと仮定して、

残りの39帖をどうつくるのかを

考えていってみましょう。

(もちろん平屋1本で考えていくので

今回も階段は省いてます!)

 

まず、寝室に6帖、

そして、寝室のクローゼットに3帖とり、

次に、子供部屋を2室で

それぞれに4.5帖ずつと

クローゼットとして1.5帖とるとしたら、

残りは19.5帖となります。

 

続いて、玄関収納として2帖とり、

パントリー収納として4帖とるとします。

となると、残りは13.5帖となるのですが、

ここから仮に、

中庭として7.5帖とったとしても、

まだ6帖ものスペースを

何かに使うことが出来ます。

 

畳コーナーをつくりつつ、

ご主人の書斎をつくったり、

あるいは、畳コーナーや書斎が

いらないのであれば、

その分、納戸をつくったり、

いつも室内干しされるのであれば、

脱衣室を広げたり、

といった感じですね。

 

かなり、フレキシブルに

間取りを考えることが

出来そうですよね。

 

✔︎大切なコトは広く買い過ぎないコト

 

このように、60坪広さがあれば、

ゆったりとした平屋を

建てることが出来るし、

置く車の台数が

もっと少なくていいのであれば、

さらに広々とした平屋を

建てることも出来ます。

 

それゆえ、

そもそも地域的に、

もっと広い土地しか売ってない場合は

仕方がありませんが、

そうじゃない場合は、

たとえ平屋を建てる場合でも、

これ以上の広さの土地を

購入することをオススメしません。

 

理由は、そもそも土地購入費用が

高くなってしまうから。

そして、土地が広くなり、

土地に余白が出来れば、

外構工事費用が高くなってしまうから。

 

さらに、冒頭でもお伝えしたように、

土地にかかる固定資産税が

高くなってしまうから、です。

 

つまり、イニシャルコストが

高くなってしまうと同時に、

ランニングコストまで高くなってしまい、

あなたに掛かる負担が大きくなるからです。

 

また、それと同時に、

庭の維持管理にも

余分な手間と余分なコストが

かかってしまうだけですしね。

 

ということで、

少しでも広く土地を買いたい

という気持ちも分かりますが、

やみくもに広い土地を買わないように

気をつけていただければと思います。

 

家づくりを無理のない

予算で行うためには、

土地や外構工事の費用を

いかに抑えられるかも、

家の費用をいかに抑えられるかと

同じくらい大切なことですからね。

 

そして、そのためには、

まずは資金計画をして、

土地の予算と家の予算を把握すること、

そして、その上で、

今だけじゃなく未来のことも

同時に考えながら、

どんな家にしたいかを

夫婦で話し合ってみてください。

 

土地探しは、

それからでも決して遅くありませんから。

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。