固定資産税について

土地・建物を所有すると、

管轄の市町村に「固定資産税」を

納付しなければいけません。

(毎年4〜5月に納付書が届き、

一括で支払うか分割で支払うかを

選択出来ます)

 

それゆえ、

たとえ家賃と同じ金額で

住宅ローンの返済を組めたとしても、

それは決して家賃並みの支払いで

家を持てたわけじゃないので、

まずはその点に注意しなければいけません。

 

これに加えて、火災保険の金額も

賃貸の時よりも高くなるし、

家を所有すれば、

維持管理費用も必要になるわけですしね。

 

おはようございます。

汗をかかないことをいいことに、

この時期、普通に同じ服を

2日続けて着ている

SIMPLE Inc.高根です。

 

毎日着るものを考えるのって

けっこうめんどくさいですしね。。

 

さて。

今回は、固定資産税について、

お伝えしていきたいと思います。

 

結論から申し上げると、

土地も家も必要以上に大きくすると、

固定資産税が高くなるだけなので、

なるだけ小さくすることを心がけながら

家を建てるようにしてください。

 

面積が広くなれば

その分高くなるのはもちろんのこと、

軽減措置の幅も小さくなり、

その分、税額が割高になってしまうからです。

 

トイレや洗面といった

設備品が増えただけでも、

固定資産税は高くなってしまいますしね。

 

✔︎基本的な内容

 

では、まずは

固定資産税の基本的な内容から

お伝えしていきたいと思います。

 

固定資産税の税率は、

各市町村によって

若干異なる場合はあるものの、

基本的には1.4%となっており、

国が定める評価基準に基づいて

算出した評価額から課税標準額を算出し、

これに1.4%を乗じた金額が、

固定資産税となります。

 

(*徳島市は、固定資産税とは別に、

都市計画税(評価額の0.275%)がかかるため、

徳島市に住む方は、税金が割高になる

ということも覚えておいてください!)

 

そして、この評価額は、

土地・建物それぞれ

3年に一度見直されるのですが、

土地に関しては、経年変化によって、

価値が減少するものではないため、

地価の上下によって

価格が修正されるのに対し、

建物に関しては、経年変化によって

価値が減少していくため、

固定資産税も下がっていくものだと

把握しておいていただくといいと思います。

 

✔︎新築住宅の特例制度

 

土地の評価額は、

国税庁が発表している「路線価」に

土地の面積を乗じた金額なんですが、

土地に関しては、建物が建っていれば、

200㎡(=約60坪)以下の部分に関しては、

課税基準額が評価額の6分の1になり、

200㎡(=約60坪)を超える部分に関しては、

課税標準額が評価額の3分の1になる

という特例措置があります。

(*注:建物が建っている限りずっとです)

 

また、新築住宅の建物に関しては、

当初の3年間に限り、

課税標準額が評価額の2分の1になると

いう特例措置があります。

(*注:4年目からはありません)

 

とはいえ、建物の軽減措置に関しては、

120㎡以内の部分に限るため、

これを超える部分に関しては、

通常通りの評価額で計算されるので、

この点にも注意しながら

家を建てることも

1つのポイントとなります。

 

では、具体的に計算していってみますね。

例えば、300㎡の土地を

購入したとしましょう。

となると、200㎡までは

課税標準額が評価額の6分の1となり、

残りの100㎡が3分の1になります。

 

そして、課税標準額が

1㎡あたり3万円だと仮定すると、

200㎡までに関しては、

3万円×200㎡×6分の1=100万円となり、

残りの100㎡に関しては、

3万円×100㎡×3分の1=100万円となり、

これらに1.4%を乗じた、

28,000円が固定資産税ということになります。

 

一方、同じ場所で、

購入する土地の面積を200㎡にすると、

固定資産税の金額が半分となります。

 

それゆえ、購入する土地の面積は

200㎡以下にすることが、

ランニンングコスととなる

固定資産税の負担を減らすためには、

欠かせない要素となります。

 

建物に関しても、

120㎡以下に抑えておくことを

意識していただくといいでしょう。

 

当初3年間の税額を

少しでも抑えることが出来ると同時に、

家が小さくなれば

その分固定資産税も確実に安くなるからです。

 

では、建物の固定資産税を

ざっと計算してみますが、

建物の課税標準額に関しては、

計算方法がけっこう複雑なので、

ざっと購入価格の70%ぐらいで

計算するといいと言われています。

 

購入価格が2000万円だとしたら、

2000万円×70%×2分の1×1.4%=98,000円

が当初3年間の建物の固定資産税

という感じで、

数年後、建物の課税標準額が

20%減になったとしたら、

2000万円×70%×80%×1.4%=123,300円

が、その時の建物の固定資産税になる

という感じですね。

(建てると分かりますが、

実際はもっと安いと思います)

 

いかがでしたか?

 

固定資産税は、土地・建物を

所有している限りずっとかかり続ける

ランニングコストです。

 

なので、この費用も考慮した上で、

毎月の返済額を算出すること、

そして、この支払いの負担を少しでも

小さくするために、

購入する土地と建物を

出来るだけ小さくすることを

心がけていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。