南向きという固定概念

家づくりをするにあたって、

リビングを含めた居室は、

「出来るだけ日当たりを良くしたい」

とお考えになると思います。

 

そして、そうするために、

誰もがこぞって

日当たりが良い土地を買おうとします。

 

しかし、現実は、

土地の日当たりの良さと

家の明るさや快適性には、

大して相関関係がありません。

 

いや、むしろ、

土地の日当たりの良さが

かえって家の快適性を損なう傾向が

あるのではないでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、あなたが、

日当たりが良い南向きの土地を

買ったとしたら、

あなたは家を建てるにあたって、

一体どのような希望を

住宅会社に伝えるでしょうか?

 

この場合、おそらく大体の方が、

出来るだけ全ての部屋を

南向きにして欲しいと

お伝えになると思います。

 

せっかく高いお金を出して、

日当たりが良い土地を

買ったわけですからね。

その恩恵をマックスで受けたいというのが、

当たり前の感情だと思います。

 

しかし、日当たりが良い土地は、

そこに大きな落とし穴があります。

 

✔︎暮らしている姿を想像していますか?

 

南向きの土地に

南向きの部屋をたくさんつくり、

かつ大きな南向きの窓をつくった場合、

そこからはたくさんの光が入ると同時に、

たくさんの視線も

入ってくることになります。

 

となると、その窓には

視線を遮るためのカーテンが

必需品となります。

そして、カーテンによって

光を遮断してしまうことになります。

 

また、視線が気になるお家は、

防犯的にも不安を抱えることになります。

外から見たら間取りも分かってしまうし、

夜になると、照明によって

どこに居るのかまで

分かってしまうからです。

 

となると、防犯強化のために、

シャッターもつけざるを得なくなります。

シャッターをつけておけば、

台風の時に何か飛んできた時も、

窓が割れるのを防止出来るので

一石二鳥ですしね。

 

そして、南から容赦なく差し込む、

直射日光の眩しさや暑さを緩和するために、

カーテンどころかシャッターまで

閉めっぱなしにしてしまうことになります。

 

さて、このお家は、

本当に明るくて快適な

住まいなのでしょうか?

 

ですよね。

100%違いますよね。

 

だって、カーテンが開けられない

ということは、

そこに壁があるのと同じ

と言っても過言じゃないし、

さらにシャッターまで閉めてしまうと、

もはや何のためにそこに窓をつくったのか、

その意味すら無くなっちゃいますからね。

 

実に多くの方が、

このジレンマの中で暮らしているのですが、

この原因は、確実に、

「南向きに部屋をつくらなければいけない」

という思い込みです。

 

確かに、寝ている時間以外の

全ての時間を過ごすことになるリビングは

日当たりがいい南向きで窓をつくるのが

理想的です。

 

しかし、明るさと快適性を

担保するためには、

それにプラスして

プライバシーも担保しなければいけません。

 

逆に言うと、

プライバシーが担保されてない状態で、

どれだけたくさん南向きの窓をつくっても、

それは意味がないということです。

 

なので、家づくりをする時には、

部屋の位置をどこにするのかを

指定しないように

気をつけていただければと思います。

 

リビングを南向きに

つくることは大切ですが、

リビングの配置は、

その土地の環境に合わせながら、

決めるようにしないと、

プライバシーと明るさ・

快適性が両立したリビングを

つくることが出来ないので。

 

そして、土地選びにおいても、

決して南向きだけにこだわらないように

していただければと思います。

南向きの土地は、

価格も相対的に高く設定されてますしね。

 

では、次回は、

南向きの土地について、

コスト面にもう少し突っ込んで

お伝えしていきたいと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。