家づくりの予算が高くなる土地

前回お伝えさせていただいたように、

家を建てる誰もが、

日当たりがいい家にしたいが故に、

南向きに窓がつくれるよう

南向きの部屋をつくりたいと思います。

 

そして、その前提で土地を選ぶため、

日当たりがいい南向きの土地を

誰もが選ぼうとしてしまいます。

 

しかし、その結果、

家づくりの予算が跳ね上がり、

あなたのローン返済の負担が

上がってしまいます。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、その理由を

一つ一つ紐解いていってみますね。

 

まず、日当たりがいい南向きの土地は、

日当たりが良くない

それ以外の土地に比べて、

土地の価格が割高に設定されています。

 

それを欲しいと思う人の数が、

供給できる土地の数よりも多いからです。

 

また、人気がある土地は、

値引き交渉も出来ません。

他にも欲しい人がいるということは、

わざわざ値引きして売らなくても、

値引きせずそのまま買ってくれる人に

売った方が得ですもんね。

 

そんなこんなで、

まず土地取得コストが割高になります。

 

続いて、家のコストについてです。

南向きの土地を買った場合、

確実に、より多く部屋を南に配置し、

その南面に大きな窓をつくるでしょう。

 

そうするために

より高いお金を出して、

わざわざ南向きの土地を

買ったわけですからね。

 

しかし、その窓からは

たくさんの光が入ってくると共に、

たくさんの視線も

入ってくることになります。

結果、そこには

カーテンが必需品となります。

 

また、防犯や安全のために、

重ねてシャッターも設置する方が

数多くいらっしゃいますが、

このシャッターにもカーテン同様に、

余分なコストがかかります。

 

そして、これらのコストを合わせると、

ざっと100万円前後の余分なコストが

必要となるわけですが、

そもそも光を採り込むために、

50万円〜75万円ほどお金をかけて、

大きな窓をつくったのに、

その光を防ぐために、

さらに100万円前後のコストをかける

という非論理的な行動をしている

と思いませんか?

 

最後に、外構工事についてです。

庭をつくるための工事ですね。

 

家を建てる時、

家とセットで欲しいのが

ウッドデッキですよね?

以前に比べて、

お家で過ごす時間が長くなった現在は、

なおのことじゃないでしょうか。

 

しかし、家の中同様、

周囲から丸見えの場所に

つくったウッドデッキは、

決して使いやすいものではありません。

 

それゆえ、使いやすくするために、

目隠しもセットで

工事しなければいけません。

あるいは、塀を高くつくるか、

あるいは、植栽を目隠し代わりに

植えるといった工夫を

しなければいけません。

 

結果、外溝工事コストも、

どんどん膨らんでいくことになります。

 

このように、

南向きの土地を買い、

南向きで部屋と窓をつくれば、

土地代が高くなるだけじゃなく、

家代も庭代も高くなってしまいます。

 

そして、その結果、

家づくりの予算が膨らみ、

その負担が毎月の返済に

のしかかってきてきます。

 

なので、南向きの土地は、

家づくりの予算が上がりやすい

ということも頭に入れつつ

土地選びをしていただければと思います。

 

また同時に、

そういったお家が、

本当に暮らしやすく

快適な家なのかどうか

ということもよく考えながら

家づくりをしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。