偏った見方に要注意!

日経ニュースを見ていると、

どうやら世界的に

電気自動車の流れが急ピッチで

進んでいってるようですよね。

 

中国は2035年を目処に、

すべての新車を電気自動車や

ハイブリッド車などにするようだし、

(現在、新車販売全体の約5%である

電気自動車や燃料電池車などの

「新エネルギー車」の割合を

2035年を目処に50%以上に引き上げ、

逆にガソリン車をゼロにするらしいです)

ちょっと前、

アメリカのカリフォルニア州知事も、

同じようなことを言ってましたし、

2050年までに二酸化炭素排出を

実質ゼロにすると発表した日本も、

確実にその流れに

便乗していかざるを得ない

でしょうからね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

では、これが自分たちの生活に

一体どのように影響してきそうなのか?

について今回は、

お伝えしていきたいと思います。

 

と言っても、

あくまで僕の想像の範囲の話なので、

参考程度で読んでいただければと思います。

 

✔︎電気料金が高くなる

 

ちょっと前の記事でもお伝えしたんですが、

すでに電気料金は、

着実に値上がりしていっています。

年間で3%というハイペースで、です。

太陽光サーチャージという賦課金だって、

(これが売電の支払原資です)

しれっと電気料金の中に

含まれているわけですしね。

(↑電気料金の約10%が

この費用ってこと知ってました???)

 

そして、この流れは、

おそらく今後、

加速するんじゃないかなと思います。

 

理由は、電気の約70%をつくっている

火力発電を縮小せざるを得ないからです。

火力発電は、電気をつくる時、

メチャクチャ二酸化炭素が

出るらしいですからね。

 

となれば、

現在止まっている原発の中で

安全性が高いものを稼働させると共に、

洋上風力発電や太陽光発電といった

再生可能エネルギーを

普及させないといけないんですが、

この結果、電気をつくるコストは

確実に上がり続けるんじゃないかな

と思います。

 

電力会社だって、

たくさんの人が勤めていて、

みんなの生活がかかっているわけなんで、

多くの方や会社が自給自足で

電気を賄うようになり、

供給する電気量が減れば、

料金単価を上げるしかないですしね。

 

✔︎電気を買わないという選択肢

 

そんなこんなで、

これから家を建てる上で、

大前提となるのが、

「電気を自給自足する」という考え方です。

 

そして、そのために必要なのが、

「太陽光発電」と「蓄電池」です。

 

今のペースのまま

電気料金が上がっていくと仮定すると、

24年後にはざっと電気料金が2倍になります。

 

となると、単純に、

生涯払い続けなければいけない

固定費の負担が増加することになります。

 

また、後々

蓄電池を設置した方が良さそうな理由は、

夜の電気も買わなくて

よくなるのはもちろん、

災害が起こった時にも困らないのと、

外国の流れ同様に、

今後は主流となる自動車が、

電気自動車になりそうだからです。

 

つまり、太陽光発電によって

発電した電気で昼間は生活しつつ、

余った電気を蓄電池に保存し、

夜は、その電気で生活する。

かつ、自動車の充電もする

といったイメージですね。

 

電気代とガソリン代の

両方を節約出来れば、

家計的にも結構デカいですしね。

 

なので、

「買取金額が安くなったからダメだ」

という偏った論点にだけは、

絶対に踊らされないように

気を付けていただければと思います。

 

太陽光発電をつける理由は、

あくまで高騰していく電気を

買わなくていいようにするため、

ですから。

リスクヘッジの観点ですね。

 

とはいえ、

太陽光発電の設置や、

蓄電池の設置にもお金がかかるわけなんで、

あらかじめ投資と回収の試算を行うこと、

そして、その買い方を間違えないこと、

さらに、メーカーや製品の

選定も大切なので、

その点も重ねて注意しながら、

家づくりを行っていただければ

と思います。

 

それでは、、、

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。