家づくりと3つの投資

人生で一番高い買い物が「家」で、

二番目に高い買い物が

「生命保険」だと言われています。

 

そして、多くの方が

家庭を持つと同時に

この2つが必要だと考え

購入するわけですが、

その上で大切なことは、

その購入の仕方とそこに投じる金額です。

 

なぜなら、この2つの大きな買い物は、

いずれも長きに渡って

払い続けなければいけないものであり、

その予算を間違えると、

老後に備えた余力資金が

なくなってしまうからです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

さて、今回は

人生100年時代に備えた

豊かな老後を過ごすために必要な

「3つの投資」について

お伝えしていきたいと思います。

 

要は、これら3つの投資が出来るよう

余力を残しながら

家づくりをすべきなので、

今回の記事を参考にしつつ、

そうしていただけたらと思います。

 

例外なく、

これから家を建てる人全てに、

メチャクチャ大事な話です。

 

✔︎自分への投資

 

例えば100歳まで生きるとして、

65歳でリタイアしてしまうと、

残り35年もの長い間、

年金と貯金だけでやっていくのは、

不可能だと思います。

 

また、そんな長い間、

ずっと働かないまま過ごしていくのも

死ぬほど退屈だと思うんで、

そう考えても、

働けるところまで働くのが、

これからの当たり前に

なるんじゃないでしょうか?

 

とはいえ、80歳まで頑張って働くぞー!

と自分だけが勝手に意気込んでいても、

雇ってくれるところがあるかどうかと、

雇ってくれても賃金がどうなのか、

という問題が発生してきます。

 

それゆえ、今のうちから、

自己投資をすることによって、

常に勉強、挑戦し、

スキルを身につけていく必要があります。

 

また、自己投資というと、

教材や本を買ったり、

セミナーに行ったり、

資格を取ったりと、

勉強する方向に偏りがちですが、

長く働くためには、

「健康」に配慮することも大切です。

 

そもそも健康じゃないと、

元も子もありませんからね。

 

それゆえ、

スキルを身につけると同時に、

健康を維持するために、

定期的に運動したり、

食事に気をつけたりと、

継続的に自己投資していかないと

いけないんですよね。

 

✔︎子供への投資

 

続いての投資は、子供への投資です。

子供たちが自立して

生活していってくれるように

なるかどうかも、

あなたの老後に

大きく関わってくるわけですからね。

 

そのためには、

子供たちに十分な教育投資を行い、

将来の可能性を高めてやることが

親としての大切な役割となります。

 

それゆえ、その資金が

出してやれなくなるぐらい

家や保険や車などにお金を投じるのは、

子供にとっても悲劇だし、

それが結果的に

あなたに跳ね返ってくることになるので、

子供に投資が出来る余力を残しつつ

家の予算設定を

していただければと思います。

 

✔︎金融資産を増やす投資

 

そして3つ目の投資が、

資産形成のための投資です。

 

というのも、

自己投資をすることによって、

長く健康で居続け、

かつ独自のスキルを身につけることで、

より収入にレバレッジを

かけることが大切ではあるものの、

そう絵に描いたように

いかないのが人生だからです。

 

もしかしたら、

体調を崩し早くから

働けなくなってしまうかもしれないし、

働けたとしても、

大して収入が期待出来ない

かもしれません。

 

となると、それをカバーするだけの

資金をつくっておかないといけません。

 

つまり、勤労収入だけに頼るのではなく、

勤労によって得たお金の一部を

常に資産形成のために

積み立てていかないといけない

というわけです。

 

と言っても、

じゃあそのためにはどうしたらいいのか?

よく分からないですよね。

 

ということで、

次回は、そのためにどうするべきなのか?

について、もう少し突っ込んで

お伝えしていきたいと思います。

 

まとめとしては、

とにかく今回お伝えした3つの投資に

お金が回せなくなるような予算で、

家づくりをしないこと、

これを心がけてくださいということでした。

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。