家事動線を気にしなくていい家とは?

間取りを考える上で、

重要なことの1つに、

「家事動線の良さ」があります。

 

仕事に家事に、そして育児に忙しい

奥さんの負担を和らげるためには、

絶対に欠かせない要素ですからね。

 

しかし、この問題は、

ある固定概念に縛られていたままだと、

実はどれだけ考えても、

スッキリ解決出来ないんですよね・・・

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

例えば、洗濯機が1階にあるのに、

干し場が2階だと、

決してスムーズな家事動線だとは

言えませんよね。

たとえ、キッチンと脱衣室を

近くにつくったとしても、です。

 

わざわざ、洗濯物を干すために、

水気を含んだ重い洗濯物を持って、

階段を上らないといけないし、

しかも、何回にも分けて

持ち運びしなければいけないとしたら、

メチャクチャ面倒くさいですもんね。

 

そこで、この動きをショートカットし、

少しでも楽にするために、

1階のキッチンか脱衣室に勝手口をつくり、

そこから出たところに干し場をつくる

というアイデアにシフトしてみるんですが、

これはこれで、今度は

洗濯物の取り込みが大変だ

という壁にぶち当たります。

 

なんせ、勝手口を何度も出入りし、

リビングと外を行き来しないと

いけないですからね。

 

また、この場合、

1階に衣類を収納する場所がないと、

たたんだ洗濯物を

2階に持っていかないといけないのですが、

どんどんこれが面倒になり、

やがて1階に乾いた洗濯物を

放置したままになってしまう

可能性が高くなります。

 

さらに、2階のベランダに干す場合は、

部屋から手を伸ばせば、

洗濯物が干せるので、

それほど人目につくことはないんですが、

勝手口から外に出て干すとなると、

お隣さんやご近所さんと

鉢合わせすることが多くなるため、

さすがにパジャマやノーメイクといった

油断した状態では出にくくなります。

 

そんなこんなで、

これも完璧な解決策とはなりません。

 

では、2階に洗濯機を置くという

アイデアはどうでしょうか?

つまり面倒な階段の行き来をなくせる上、

干し場はすぐ近く、

そして片付けるのもすぐ近く、

かつ、人目も気になりにくい

というアイデアです。

 

この場合、洗濯機とともに、

お風呂場も2階になると思いますが、

リビングダイニングキッチンと

水回りが離れることに関して、

あなたはどうお感じになるでしょうか?

 

あと、衣類をどこに収納するのかも

よく考えないといけませんよね。

いつも使うものやいつも着るものは、

いつも過ごす場所の近くにないと、

けっこう不便だし、

この不便さの積み重ねが、

結果的にリビングの散らかり

につながりますからね。

 

じゃあ、それを解決するために、

水回りとともに

リビングダイニングキッチンも

2階に上げてみましょう。

かつ、2階に衣類収納も

つくってみましょう。

 

となると、ずいぶんと

生活しやすくなりそうですが、

もし、歳をとってから

足腰が悪くなってしまったとしたら、

それはそれで大変そうな気がしませんか?

(ずっとそこで暮らしていくわけなんで、

これも想定しておくべきことですからね。)

 

もちろん、土地がメチャクチャ狭くて、

そうせざるを得ない場合は、

そうも言ってられないですが、

もし敷地にゆとりがあるとしたら、

これも、あまり現実的な

解決策じゃなさそうですよね。

 

✔︎ある前提をなくしてみるだけ

 

と、ここまで、

家事動線が良くなりそうな解決策を

いくつか考えてみたんですが、

これらには、ある前提条件があることに

お気づきいただけたでしょうか?

 

そうなんです!

どれも家が2階建てであることが

前提条件ですよね。

 

つまり、上下に分断されてしまう

2階建てのお家だと、

必ずどこかしら家事動線に

問題が発生するというわけですね。

 

では、平屋だと

家事動線の問題は、

完璧に解決するのでしょうか?

 

まず、平屋の場合、

洗濯機も干し場も

取り込み場所も衣類の収納場所も、

全て同じフロアになるので、

その移動はかなり楽になります。

 

しかし、干し場が、

勝手口から出た場所だとしたら、

先程と同様に、

取り込む作業には手間がかかるし、

お隣さんやご近所さんと

鉢合わせしてしまいます。

 

それゆえ、周りのお家との

兼ね合いも考えつつ、

どこに干し場をつくるのかを

よく考える必要があります。

 

つまり、お隣さんやご近所さんから

見えない場所に干し場をつくるためには

どうしたらいいかを考える

というわけですね。

 

これさえ出来れば、

家事動線なんて気にしながら、

家を建てる必要がなくなります。

 

平屋だと、

そもそも移動が水平だけだし、

その距離もほんのわずかだからです。

また、すべての部屋と収納が

同じフロアにあるので、

それぞれの部屋と収納を

フル活用しやすいからです。

 

ということで、

「家事動線がいい家にしたい」

とお考えであれば、

そもそも2階建てありきで

家を考えないようにしてください。

 

とはいえ、平屋の場合は、

プライバシーが担保されてないと、

メチャクチャ居心地が悪くなっちゃう

かもしれないので、

あくまでその点に要注意ですけどね・・・

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。