図面の正しい見方

「家族が増えて手狭になった・・」

「今の状態では部屋が足りない・・」

「収納からモノがはみ出してる・・」

 

多くの方にとって、

これらは家を建てるきっかけとなる

大きな理由だと思います。

 

また、これに加えて、

さらに家族の人数が

増える可能性があることから、

家を建てる時、

現在の暮らしみたいにならないように、

出来るだけ家を

大きくつくろうとします。

 

しかし、家の価格は

面積に大きく左右されるため、

そうすれば家の価格が高くなってしまい、

ローンにその負担が

のしかかってくることになります。

 

そして、生活していくだけで

いっぱいいっぱいになり、

貯蓄する余裕が

なくなってしまいます。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

それゆえ、家の予算を

合理的に落とす方法、

つまり、家を出来るだけ

コンパクトにする方法を、

建てる前に知っておかないといけません。

 

いるモノはしっかりつくり、

逆にいらないであろうモノを、

省くことによってです。

 

例えば、廊下をなくしたり、

使用頻度が少なそうな部屋を

つくらないようにしたり、

部屋の広さを必要最小限にしたり、

といった工夫ですね。

 

✔︎収納も例外ではない!?

 

そして、この見直しは、

収納すら決して例外ではありません。

 

収納だってたくさんつくれば、

それだけで収納不足が

解決されるわけじゃないし、

床面積が増えれば、

ただただコストアップに

つながるだけですからね。

 

 

この3つの図は全て

2帖という広さでつくった納戸ですが、

ご覧いただければ分かるように、

棚のつくり方や、

ドアの位置によって、

収納出来る分量が大きく異なります。

 

では、1つ1つ説明していきますね。

 

まずAの収納ですが、

1方向だけしか棚をつくっていないため、

幅1.69mの棚板を

何枚つけるのかによって、

収納量が違ってきます。

 

仮に棚板が2枚であれば、

使える段数は3段になるので、

1.69m×3枚=5.07m分、

棚があるということになるのに対し、

棚を5枚にしたら、

使える段数が6段になるので、

1.69m×6枚=10.14mになる

といった感じです。

 

では、続いてBの収納です。

つまり、もう1方向

棚板を増やした場合ですね。

この場合、棚板の奥行きを

30cmと仮定すると、

1.69m-30cm=1.39mの棚を

クロスして設置することが出来ます。

 

その結果、クロス方向にも、

6枚棚板がつくわけですが、

こうなると1.39m×6枚=8.34m分、

先程の場合より、

さらに棚が増えることになります。

 

Cの場合はどうでしょうか?

Cは収納への入り口を

少し真ん中にずらした場合です。

 

となると、反対方向にも

棚板を設置することが出来るので、

さらに1.39m×6枚=8.34m分、

棚が増えることになり、

Aの場合とは比べ物にならないぐらい

モノが置けるようになります。

 

このように、

一口に2帖の納戸と言っても、

そのつくり方によって、

収納量に雲泥の差が生まれるのが、

収納の知られざる真実だったりします。

 

まー、言われてみたら、

「あっ、そっか!」

って感じだと思うんですけど、

みんながみんな、どうしても

図面を上から眺め続けてしまうから、

なかなかこれに気付けないんですよね。

 

✔︎そこに立ってる目線で図面を見る!

 

では、ここからが結論なんですが、

図面を見る時は、

絶対に上から眺めるんじゃなく、

そこに立ってる目線で、

図面が見られるようになってください。

 

そうしないと、

家の面積がどんどん大きく

なってしまうからです。

 

上から眺めているだけだと、

どうしても収納が足りないんじゃないか

と感じてしまいます。

 

そして、後から困ったにならないように、

万全を期そうとして、

どんどん付け足していってしまい、

知らず知らずの間に、

家がドデカくなってしまいます。

 

つまり、家が高くなってしまう

ということですね。

 

建築屋サイドから見たら、

家が大きくなれば、

単純に売り上げが上がるので、

決して反対はしないでしょうしね。

(予算が厳しい場合は

この限りではないと思いますが・・)

 

ということで、

不用意に面積を増やさなくても、

収納を増やすことは出来るので、

この事実をあらかじめ知った上で、

家づくりをしていただければと思います。

 

ぜひ参考にしてください!

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。