今から取り組むべき2つのコト

ニッセイ基礎研究所の調査によると、

現在65歳である

平均年収500万円(40年勤務)の夫と

妻がパートの世帯の年金額は、

月額21.6万円のようなのですが、

これが現在40歳の方となると、

約20%ダウンの17.2万円となり、

現在30歳の方となると、

さらに約20%ダウンの

約13.1万円になるとのことです。

 

これに対し、リタイアした後の

夫婦の最低生活費は、

約22.5万円だと言われているので、

僕や僕より下の世代は、

とてもじゃないけど年金だけでは、

暮らしていくことさえも出来ない

社会になるようです。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

とまあ、どうやら僕たちには

相当厳しい未来が

待ち受けているようなのですが、

今のうちからコツコツ準備していけば、

なんとかなりそうなので、

今回はこのことについて

お伝えしていきたいと思います。

 

✔︎年金の支給を遅らせる

 

まず、この年金支給額は、

そもそも65歳から受け取ることが

前提となっているのですが、

実は、年金支給時期は

早めることも出来れば、

逆に遅らせることも出来ます。

 

早めようと思えば、

60歳から受け取ることが出来るし、

遅らせようと思えば、

75歳まで遅らせることが出来る

という感じですね。

 

そして、早めればその分

支給額が割安になるし、

遅くすればその分

支給額が割高になるのですが、

もちろん僕たちは、

減額される年金を

少しでも増やすためには、

遅らせるしか方法はなく、

かつ、出来れば

年金額が1.84倍になる75歳から

受け取ったほうがいいと思います。

 

計算すると、

17.2万円×1.84=31.64万円(40歳の方)

13.1万円×1.84=24.104万円(30歳の方)

となり、75歳以降は年金だけで

なんとか暮らしていけそうですからね。

 

とはいえ、これを前提とすると、

僕たちは75歳までずっと

問答無用で働き続けないと

いけないわけなので、

そのためには、自分への投資を

今のうちからしていかないといけません。

 

✔︎ずっと収入を得るための備え

 

では、具体的にどのように考え、

どのように行動していくべきなのか、

考えていってみましょう。

 

まず考えるべきは、

そもそも現在勤めている会社が

ずっと存在するのか、

ということです。

 

その可能性が高く、

かつ、歳をとってもずっと

そこで在籍していられそうだとしたら、

働きつつ新たにスキルを

身につける必要はなさそうですよね。

 

しかし、

その可能性が低そうだとしたら?

あるいは、その仕事をずっと

やり続けられなさそうだとしたら?

あるいは、その会社でずっと

雇ってくれなさそうだとしたら?

 

今のうちから自分なりのスキルを

身につけていかないといけません。

資格を取得したり、

教材や本を購入し

独自なことを学んだり、

人脈を広げるなど、

様々な手段によって、です。

 

そして、そのためには、

それなりのコスト(投資額)が

必要となります。

 

また、それなりの収入を

維持するためには、

高いパフォーマンスで

働き続けることが

前提になると思いますが、

そのためには、

健康で居続けなければいけません。

 

そして、そのためには、

今のうちから食事に気を付けたり、

運動をしたりする必要があり、

もちろん、これにもそれなりの

コスト(投資額)が必要となります。

 

✔︎ゆとり資金への備え

 

さらに、今のうちから

もう1つ取り組んでおくべきことが、

老後に向けた貯蓄(投資)です。

 

というのも、

趣味を楽しんだり、

旅行に行ったりと、

余生を楽しもうと思えば、

最低生活費に上乗せして

さらに10万円ぐらいは

必要になるからです。

 

なので、

仮にあなたが現在40歳で、

95歳まで生きるとしたら、

老後20年のゆとり資金を、

働くことが出来る間に

貯めていかないといけないのですが、

子供たちが卒業するまでは、

とてもじゃないけど貯蓄する

ゆとりを持てないはずなので、

実質は、子供たちが巣立ってから

このお金を貯めていかないといけません。

 

現在の子供の年齢を7歳とし、

22歳で大学を卒業するとしたら、

働ける35年のうち

15年は子供への投資のために貯蓄をし、

残りの20年は老後のために

貯蓄をしていくというイメージですね。

 

10万円×20年×12ヶ月=2400万円

20年×12ヶ月=240回

2400万円÷240回=約10万円は、

子供が巣立った後の20年間、

最低でも毎月貯めていくべきだ

というわけですね。

 

✔︎そんなこんなで結論

 

を、まとめようと思います。

あくまで個人的な意見ですが、

これからは共働きが

必須であることは間違いなく、

かつお互い働き続けていくべき

だと思います。

 

そして、子供たちへの投資と

老後のゆとり資金のために、

奥さんの給料には、

一切手をつけないようにすべき

だと思います。

 

なので、これからあなたが

家を建てるとしたら、

ご主人の所得の範囲で、

家づくりをすべきだと思います。

もちろん、建てた後の

維持管理コストも含めて、です。

 

もしかしたら、

これはかなりシビアに将来を

見積もり過ぎている

のかもしれないですが、

楽観的に考えていて、

後から取り返しがつかなくなるよりは、

悲観的に考えておいて、

後からより一層ゆとりが出来た方が、

絶対に良いと思うので、

ぜひこの記事を

頭の片隅に置いていただき、

無理のない予算で家づくりを

行っていただければと思います。

 

ずいぶんと余計なお世話の記事でした。。

それでは、、、

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。