家づくりの前提を見直す

家づくりをしていると、

知らない間に常識や当たり前が

たくさんアンカリングされていきます。

 

その代表的なこととして、

「部屋は南につくり、

部屋じゃないところは北につくる」

という常識がありますが、

では、このルールに則って

間取りを考えると、

一体どんな家になるのでしょうか?

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

ということで、

土地の向きごとに

どんな家になるのか?

それぞれ考えていってみますね。

 

✔︎北向きの土地の場合

 

北向きの土地の場合、

家の正面が北になりますが、

部屋以外を北につくると、

家の正面が不細工になってしまいます。

 

理由は、水回りが北にあることによって、

窓と換気扇が北面に

たくさん出来てしまうこと、

かつ、階段が北にあることによって、

中途半端な位置に窓が出来てしまうこと、

です。

 

しかも、外壁の汚れは、

窓や換気扇を原因として発生する上、

直射日光が当たらない北面は、

なおのこと汚くなりやすいので、

経年とともに、より不細工に

なっていってしまいます。

 

外壁の塗り替えの周期も

早まりかねないですしね。

 

✔︎南向きの土地の場合

 

南向きの土地の場合、

家の正面には

大きな窓がたくさん出来ます。

すべての部屋が南に配置されるからです。

 

結果、間取りが全部分かってしまいます。

また、家の中も

外から丸見えになってしまいます。

さらに、台風の時に、

一番強烈に風が当たることになります。

 

なので、これらの問題を解決するために、

外構工事(庭)に、

より多くのお金をかけることになり、

大きな窓にカーテンが必要となり、

大きな窓にシャッターが必要になります。

 

要するに、悪い防犯性と、

悪いプライバシー性と、

いまいちな安全性を担保するために、

余分なコストをかけざるを

得なくなってしまうというわけです。

 

✔︎東・西向の土地の場合

 

東向きと西向の土地の場合、

南に部屋を配置しても、

正面である道路から

部屋の中が丸見えになりにくいし、

水回りや階段が北にくれば、

見た目も悪くなりにくかったりします。

 

しかし、これらの土地の場合、

土地の間口が広くないと、

せっかく南に大きな窓をつくっても、

そこにほとんど光が入ってこない、

という最悪の現象が起こります。

(これは北向きの土地も同じですね)

 

また、それに加えて、

リビングから見える景色が

前の家の裏側(北側)なので、

外構工事によって、

この問題を解決しておかないと、

最悪の景観の中で暮らし続けないと

いけなくなってしまいます。

(これも北向きの土地も同じです)

 

✔︎これらの問題の解決策

 

このように、この常識を前提に

間取りを考えてしまうと、

どんな土地でも、

暮らしていく上で、

なんらかの問題を抱えることになるし、

この前提ありきでは

これらの問題に対する

いい解決策はありません。

 

では、どのようにすれば、

これらの問題は解決出来るのか?

 

その答えは、ごく簡単で、

「この前提を頭から消し去ること」です。

要するに「部屋は南で部屋以外は北」

っていう概念を取っ払うというわけです。

 

そうすれば、自ずと解決策は出てきます。

北向きの土地であれば、

北に水回りや階段を配置しなけりゃ

いいだけの話だし、

南向きであれば、

南に全部の部屋をつくらなけりゃ

いいだけの話ですからね。

 

例えば、階段というスペースは、

吹き抜けになっていることから、

とっても光が採りやすいのですが、

仮に、南にくっついて家が建っていて、

充分な光がリビングに

採れそうにないのであれば、

あえて階段を南につくり、

吹き抜けとなっている高い位置から

光を入れてやるようにすれば、

それだけで自ずとリビングは明るくなります。

 

なのに、階段は南につくるものじゃない

という考えに固執してしまえば、

その解決策を自ら

潰してしまうことになります。

 

また、あなたが

洗濯物を室内干しするのであれば、

脱衣室を北ではなく、

南につくったほうがいいと思いませんか?

 

北では、確実に日光が当たらないし、

風通しも悪いのに対し、

南であれば、日光もガンガン当たれば、

風通しもいいでしょうからね。

 

なのに、そのスペースを

南につくるなんてもったいない

という固定概念にこだわってしまうと、

これまた自らベストな解決策を

潰してしまうことになります。

 

ということで、土地に合わせた

ベストな間取りを完成させ、

そこで超快適な暮らしをしていくために、

まずは、この代表的な固定概念を

頭から取っ払って

いただければと思います。

 

これだけでも、より理想的な

間取りが出来上がるはずですからね。

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。