大きさの固定概念

一般的には35〜40坪ぐらいが

家の適切な大きさとして

認知されています。

 

そして、実際

それぐらいの大きさのお家が

たくさん建っているので、

自分自身もそれぐらいの大きさの家を

建てようとお考えになると思います。

 

現在、住んでいる賃貸は、

収納は少ないわ、

部屋数も少ないわで、

荷物が納まらなくて

うんざりしているでしょうしね。

 

せっかく家を建てるんだったら、

部屋や収納に困らない

家にしたいと思うのが

普通ですもんね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

とはいえ、実際のところは、

そこまで面積はいらなかったりします。

では、その理由を、

家の大きさを分解しながら

お伝えしてしていきたいと思います。

 

✔︎36坪の家の間取りとは?

 

現在、建てられているお家の多くは、

1階と2階の大きさがほぼ等しい、

2階建てのお家です。

 

となると、このお家の1階と2階は、

それぞれ18坪ずつということになり、

これを帖数に換算すると

36帖ずつということになります。

 

(36帖の1階を分解)

・玄関&ホール:2帖

・玄関土間収納:3帖

・LDK:16帖

・和室:6帖

・収納:1帖

・洗面脱衣:3帖

・トイレ:1帖

・風呂:2帖

・階段:2帖(うち1帖階段下収納)

*リビング階段を前提

 

(36帖の2階を分解)

・階段:2帖

・廊下:3帖

・トイレ:1帖

・寝室:10帖

・ウォークインクローゼット:3帖

・子供部屋:6帖×2室

・クローゼット:1帖×2室

・書斎or納戸:3帖

 

ごく一般的には、

こういった感じだと思います。

ということで、

ここから、ちょっと突っ込んで

考えていってみたいと思います。

 

✔︎平屋が高くない理由

 

仮に、あなたが家を建てる土地が

そこそこ広いとしたら、

具体的には55坪以上あるとしたら、

そこには充分、

平屋を建てることが出来ます。

 

となると、先ほどの中から、

いらなくなるものが出てきますよね?

階段・2階の廊下・2階のトイレ、です。

となると、8帖分家が小さくなります。

 

また、すべての部屋と収納が

1階にある平屋の場合、

和室も必要じゃなくなります。

自分たちの部屋をフル活用出来るため、

わざわざ余分な部屋を

つくる必要がなくなるからです。

 

子供たちのモノは

子供部屋に片付ければいいし、

自分たちのモノも、

寝室に片付ければいいし、

そうなれば、LDKを

いつもキレイ状態で保ちやすく、

来客をLDKに招くことが

出来るからです。

 

ということで、

和室の6畳も省くとすると、

合計で14帖(7坪)省くことが出来ます。

 

つまり、2階建てという選択肢ではなく、

平屋という選択肢にしてみただけで、

家の大きさは36坪から29坪まで

縮んだということですね。

 

もちろん、なにかに

不自由することもなければ、

むしろ使い勝手が

格段に良くなった上で、です。

すべての部屋と収納が

同じフロアにあることによって、です。

 

となると、実は

建築コストも安く納まりやすくなります。

仮に、36坪の2階建てが、

坪60万円で建てられるとしたら、

建築費は2160万円になりますが、

これが平屋となることによって、

坪単価が10万円上がったとしても、

建築費は2030万円になる

わけですからね。

 

✔︎そんなこんなで結論

 

一般的には、

35〜40坪ぐらいの家を建てることが

ごく当たり前となっていますが、

建てる家を「平屋」にすれば、

ざっと計算しただけでも、

7坪ぐらい小さくなるわけだし、

もっと突き詰めて考えていけば、

さらに3〜5坪ぐらい小さくしても、

全然問題なかったりします。

 

そして、そうなると、

さらに建築コストを

抑えることが出来ます。

 

なので、居住性という観点でも、

そして経済性という観点でも、

これからの暮らしの質を高めたい

とお考えであれば、

家の大きさの固定概念に

縛られることなく家づくりを

していただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。