家の価格の見方

家の価格は、

大きさ、形、間取り、使う材料など、

様々な要因によって異なるので、

単純に比較することが出来ません。

 

例えば、面積100㎡(約30坪)

のお家を建てる場合でも、

縦横それぞれ10mのお家と

縦が5m、横が20mのお家とでは、

家の価格が大きく異なります。

 

縦横それぞれ10mのお家は、

周囲の長さが40mになるの対し、

縦が5m、横が20mのお家は、

周囲の長さが50mとなり、

10m分工事面積が大きくなるからです。

 

つまり、壁の工事面積が

25%割り増しになるため、

それに伴って、外壁、耐震パネル、

クロス、石膏ボード、断熱などの

工事費用が増えてしまう

ということですね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

また、使っている水回り商品

(キッチン、お風呂、洗面、トイレ)

の標準仕様が異なれば、

それだけでも家の価格は違ってくるし、

(かたや総額で150万円なのと、

かたや総額で75万円なのとでは、

それだけで75万円も違う

という感じです)

それ以外でも、

外壁材や断熱材などは、

家の価格に大きな差を生む

原因となります。

 

さらに、出してくれた見積もりの中に、

一体どこまでの工事費用が

含まれているのかによっても、

家の価格は大きく異なります。

 

例えば、浄化槽工事費用が

入っているのといないのとでは、

それだけで家の価格は

40〜50万円違うし、

図面作成費用や建築確認費用といった

いわゆる設計費用が

入っているのといないのとでは、

30〜40万円ほど

家の価格が違ってきます。

 

この他、見積りの中に

含まれていそうでいないのが、

照明器具や地盤調査や

屋外の水道工事費用なのですが、

これらが入っているのと

いないのとでも、

ざっと80万円〜100万円ぐらい

家の価格が違ってきます。

 

あとは、外構工事ですね。

これは、どんな庭を希望するかで

ものすごく価格が違ってくるので、

うちの会社でも基本的に

家の価格に入れてないのですが、

この工事費用も、ほぼ確実に

家の価格には含まれてないので、

別途でこの費用もかかることを

あらかじめ理解して

おかないといけません。

 

それから、これは

家に限ったことではないのですが、

価格を伝えられる時、

案外含まれてないことが多いのが、

「消費税」です。

 

1000円や2000円の商品の場合なら、

100円や200円ぐらいの話なんで

まだ全然いいんですが、

さすがに家となると、

200万円前後もの驚異的な

価格差が生まれてしまうので、

ちょっとシャレになんないですよね・・・

 

このように、家の価格は、

基本的に家の大きさによって

異なるのはもちろん、

同じ大きさでも、

家の形によっても異なるし、

どんな間取りなのか

によっても異なります。

 

また、これに加えて、

どれくらいのグレードを

標準としているのかや、

いったいどこまでの工事が

その金額の中に含まれているのか、

さらに消費税が入っているのか

どうかによっても、

家の価格は大きく異なります。

 

ということで、

素人であるお施主さんが、

これらを完全に理解することは

難しいでしょうから、

単純に価格だけで比較しないこと、

そして、価格のことを聞く時は、

こういった費用も含めた

全ての建築費用がいくらなのかを、

聞くようにしてもらえたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。