設計図の盲点

ここ2年ほどは、

3Dで立体画像を見ていただきながら

プランの説明をしているので、

紙ベースで説明を行っていた以前に比べ、

説明が楽になったし、

説明を受けるお客さんも、

ずいぶんと家のイメージを

掴みやすくなったと思います。

 

外観にしても、

360度回転しながら見ることが出来るし、

内観にしても、

まるでそこに居るかのような状態で

見ることが出来るし、

これに加えて、光の入り具合も、

月ごと、そして時間ごとに

見てもらえますしね。

 

おはようございます。

SIMPLE Inc.高根です。

 

そんなこんなで、

現在家を建てている方は、

家が仕上がった時、

「あれっ?なんか思ってたのと違う・・」

という状況に遭遇することが

限りなくゼロに近くなったのですが、

とはいえ、

この立体画像にも盲点があるので、

今回は、その点について

お伝えしていきたいと思います。

 

✔︎表示されない部材がある

 

実は、立体画像には、

実際はあるものなのに、

表示されない部材がいくつかあります。

(設計図の立面図にも表示されません)

 

・エアコンの室外機

・エアコンの配管

・水回りの換気扇

・給湯器

・雨樋

などです。

 

なので、立体画像を見る時には、

これらが一体どこに露われるのか

想像しながら、注意深く

外観を見なければいけません。

 

例えば、北向きの土地の場合、

一般的に水回りを北に並べて

配置することが多いのですが、

そうなれば、玄関と同じ面に

たくさんの窓とともに、

たくさん換気扇が露われます。

 

そして、そうなると、

窓からの垂れジミとともに、

換気扇からのドス黒い汚れが

正面の壁に付着することになります。

 

北面は太陽の日が当たらないため、

汚れやすいだけじゃなく、

汚れも分解されにくいですからね。

 

また、水回りを北に配置すれば、

その近くに給湯器を置くことになるので、

家の正面に給湯器が出てきてしまう

なんてことも決して珍しくありません。

 

これらの結果、余分な部材によって

不細工な仕上がりになってしまうと共に、

家が汚れやすくなることで、

よりいっそう不細工になりやすく、

かつ、メンテナンスに余分なコストが

かかりやすくなります。

 

次に、南向きの土地の場合、

日当たりの恩恵を

最大限享受するために、

玄関と共に、リビングやダイニング、

そしてキッチンまで全て南向きで

間取りをつくっているお家が

たくさんありますが、

この場合、まず玄関のすぐ横に、

リビングのエアコンの室外機が

露われてくることになります。

 

また、この場合、

キッチン脇に勝手口をつくった方が

ゴミ出しが便利なので、

必然的にキッチン脇に

勝手口ドアがつき、そうなれば、

外には勝手口の下り段が

出来ることになります。

 

そして、そこには壁付けの照明と、

雨をしのぐための庇がつくことになり、

かつ、ゴミやゴミ箱が

並べられることになるので、

正面の景観が不細工になると同時に、

それらが正面の壁を汚す原因となります。

 

✔︎設計図を見るときの注意点

 

間取りはものすごく大切なのですが、

かといって、

間取りばかりに夢中になって、

外観を厳かにしてしまうと、

このような残念な結果に

なってしまいます。

 

そして、これらに

後から気付くんですが、

気づいた時には時すでに遅しです。

 

なので、提案してもらっている

設計図を見る時は、

エアコンや換気扇がどこにつくのかや、

雨樋がどのようにつくのかまで

意識しながら見るようにしてください。

 

また、それと同時に、

部屋の窓から外がどのように見えるかと、

外から部屋の中がどのように見えるかを

想像しながら見るようにしてください。

 

単純に障害物がないからと

大きな窓をつくっても、

そこが外から丸見えに

なってしまうのでは、

結局、カーテンが開けられなくなり、

せっかくの光を殺してしまう

ことになるからです。

 

想像力が必要となるので、

難しいと感じるかもしれませんが、

これらのことは動線や使い勝手に

匹敵するぐらいとても大事なことです。

 

なので、今回の内容を

頭に入れていただきつつ、

間取りに夢中になり過ぎず、

もっと全体を見ながら

家づくりをしていただけたらと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

simple

Simple Inc.代表 高根慶雄
住居をプロデュースするだけでなく、住宅ローンアドバイザーとして金銭面でも施主に寄り添う。